新車

スズキ ハヤブサ「25周年記念モデル」が限定300台で発売! 先着ではなく「抽選」で、8月21日まで応募可能

初代発表から25年を記念した限定モデル

スズキが世界に誇るフラッグシップスポーツ「ハヤブサ」。
1999年に初代「GSX1300R隼」がドイツの二輪ショー・インターモトで発表され、2008年モデルで2代目に、2022年モデルで3代目となり、時代とともに進化を続けてきた。

初代ハヤブサ(1999〜2007年:写真は1999年モデル)。海外専用車で、日本では逆輸入車として流通した。
2代目スズキ ハヤブサ(2008年〜2020年)。当初は海外専用車だったが、2014年からは国内仕様が設定された。

2024年に誕生25周年を迎えるのを記念して、25周年記念限定カラーモデルが300台限定で販売される。価格は221万1000円。

オレンジ×ブラックの限定カラーリングだけでなく、燃料タンクには25周年記念エンブレムと厚みある「SUZUKI」ロゴをあしらい、サイレンサーにも「隼 25th ANNIVERSARY」の刻印も施される。
細部にもニクイ演出が。チェーンアジャスターやフロントブレーキインナーローターはゴールドアルマイト加工となり、ドライブチェーンにも「隼」のロゴが刻印されているのだ。
(性能面は通常モデルと同様)

ハヤブサ25周年記念限定カラーモデル。現行型は3世代目。

申し込みは先着順ではなく「抽選」、3回に分けて募集が行われる

気になる申し込み方法だが、webの「スズキ二輪用品ショップ S-MALL」内にある「Hayabusa 25周年限定カラー抽選申込フォーム」から行い、抽選で「購入の権利」が当たる仕組み。
募集は以下の3期間に分けて行われ、納車は8月以降となる。

【第1回目】2023年7月3日10時〜7月10日17時 100台
【第2回目】2023年7月18日10時〜7月25日17時 100台
【第3回目】2023年8月1日10時〜8月21日17時 100台+キャンセル分

*当選=車両の注文ではなくあくまで「購入の権利」で、その後、希望の販売店と具体的な商談を行う流れとなる。

スズキ ハヤブサ主要諸元

【エンジン・性能】
種類:水冷4サイクル並列4気筒DOHC4バルブ ボア・ストローク:81.0mm×65.0mm 総排気量:1339cc 最高出力:138kW<188ps>/9700rpm 最大トルク:149Nm<15.2kgm>/7000rpm 変速機:6段リターン
【寸法・重量】
全長:2180 全幅:735 全高:1165 ホイールベース:1480 シート高800(各mm) タイヤサイズ:F120/70ZR17 R190/50ZR17 車両重量:264kg 燃料タンク容量:20L
【価格】
221万1000円(25周年記念限定カラーモデル)/215万6000円(スタンダード)

まとめ●モーサイ編集部 写真●スズキ/八重洲出版

CONTACT

■スズキ ハヤブサ25周年スペシャルサイト
https://www1.suzuki.co.jp/motor/hayabusa-25th/

 

■「Hayabusa 25周年限定カラー抽選申込フォーム」

https://s-mall-s2rin.myshopify.com/products/hayabusa25th/

 

スズキお客様相談室 TEL:0120-402-253

  1. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  2. Honda E-Clutchが誕生するまで。便利さと楽しさを追求し続けるホンダ2輪用オートマチックの歴史

  3. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  4. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  5. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  6. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  7. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  8. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  9. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  10. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  11. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  12. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

【NEWS】2017年のトライアンフ車の国内登録台数が 過去最高となる1876台を記録 都道「さいきょう」の155号線が険しすぎる「都内なのにすれ違い不可能!!」 【DEWALT】「18V XR ヒートガン」はピンポイントで高温加熱!配線作業、シールはがし、乾燥、曲げ加工などに!

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション

ピックアップ記事