新車

カワサキ Z900RSシリーズの2024年モデルが7月15日に発売、Z900RSは車体色ラインアップを刷新

スタンダードのZ900RSは鮮やかなブルーと、ストライプ入りのブラックの2色ラインアップ

カワサキ Z900RSシリーズの2024年モデルが2023年7月15日に発売される。
スタンダードのZ900RSは車体色を変更、メタリックディアブロブラック(ブルー×ブラック)とメタリックディアブロブラック(ブラック ピンストライプ)の2色展開となる。いずれの車体色も新規のものだ。
1ヵ月目点検、3年間の定期点検、オイル交換(オイルフィルター含む)を無償で受けられる「カワサキケア」対象モデル。

カワサキ Z900RS:メタリックディアブロブラック(ブルー×ブラック)
カワサキ Z900RS:メタリックディアブロブラック(ブラック ピンストライプ)

カワサキ Z900RS(2024年モデル)主要諸元

【エンジン・性能】
種類:水冷4ストローク並列4気筒DOHC4バルブ 総排気量:948cc ボア・ストローク:73.4mm×56.0mm 最高出力:82kW(111ps)/8500rpm 最大トルク:98Nm(10.0kgm)/6500rpm 燃料タンク容量:17L 変速機:6段リターン
【寸法・重量】
全長:2100 全幅:865 全高:1150 ホイールベース:1470 シート高:800(各mm) 車両重量:215kg タイヤサイズ:F120/70ZR17 R180/55ZR17
【価格】
148万8500円(2023年7月15日発売)

Z900RS SEとZ900RS CAFEは継続販売

Z900RSをベースにオーリンズ製リヤショック、ブレンボ製フロントブレーキ(ディスク、キャリパー、パッド)を装備したZ900RS SEは、車体色に変更はなく、メタリックディアブロブラック1色のラインアップで、2023年モデルと同様の内容で継続販売。

また、ヘッドライトカウル、ローポジションハンドル、専用シートを装備し、カフェレーサースタイルとしたZ900RS CAFEも車体色に変更はなく、メタリックディアブロブラック1色のラインアップで、2023年モデルと同様の内容で継続販売。

2車ともに「カワサキプラザ」で、1ヵ月目点検、3年間の定期点検、オイル交換(オイルフィルター含む)を無償で受けられる「カワサキケア」対象モデル。

カワサキ Z900RS SE:メタリックディアブロブラック
カワサキ Z900RS CAFE:メタリックディアブロブラック

カワサキ Z900RS SE(2024年モデル)主要諸元

【エンジン・性能】
種類:水冷4ストローク並列4気筒DOHC4バルブ 総排気量:948cc ボア・ストローク:73.4mm×56.0mm 最高出力:82kW(111ps)/8500rpm 最大トルク:98Nm(10.0kgm)/6500rpm 燃料タンク容量:17L 変速機:6段リターン
【寸法・重量】
全長:2100 全幅:865 全高:1150 ホイールベース:1470 シート高:810(各mm) 車両重量:215kg タイヤサイズ:F120/70ZR17 R180/55ZR17
【価格】
170万5000円(2023年7月15日発売)

カワサキ Z900RS CAFE(2024年モデル)主要諸元

【エンジン・性能】
種類:水冷4ストローク並列4気筒DOHC4バルブ 総排気量:948cc ボア・ストローク:73.4mm×56.0mm 最高出力:82kW(111ps)/8500rpm 最大トルク:98Nm(10.0kgm)/6500rpm 燃料タンク容量:17L 変速機:6段リターン
【寸法・重量】
全長:2100 全幅:845 全高:1190 ホイールベース:1470 シート高:820(各mm) 車両重量:217kg タイヤサイズ:F120/70ZR17 R180/55ZR17
【価格】
151万8000円(2023年7月15日発売)

*Z900RS、Z900RS SE、Z900RS CAFE、いずれも「カワサキプラザ」での販売。

まとめ●モーサイ編集部 写真●カワサキ

CONTACT

カワサキモータースジャパンお客様相談室
TEL:0120-400819

https://www.kawasaki-motors.com/mc/lineup/z900rs/

  1. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  2. Honda E-Clutchが誕生するまで。便利さと楽しさを追求し続けるホンダ2輪用オートマチックの歴史

  3. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  4. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  5. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  6. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  7. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  8. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  9. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  10. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  11. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  12. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

台湾のバイクメーカー・SYMが日本に再上陸 サイン・ハウスが2019年12月より車両取り扱い開始 警察が押収した違法改造バイク「警察側で処分するのか、持ち主に返却するのか」 白黒黄色の「SCENARIO」が追加!最新のツーリング用ヘルメット「GT-Air 3」の新グラフィックだ!【SHOEI】から

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション