新車

「待望の4気筒400cc」カワサキ ニンジャZX-4Rシリーズが7月に発売、日本仕様も80馬力! 価格は112万2000円〜

ニンジャ ZX-4RR KRT カワサキ

ニンジャZX-4R SEとニンジャZX-4RR KRTエディションの2グレードを展開

かつては各メーカーがラインアップし、日本車のお家芸とも言えた「400cc 4気筒」。しかし2022年にホンダ CB400スーパーフォア/スーパーボルドールが生産終了で絶滅……と思った矢先、2023年2月にカワサキが新開発の400cc 4気筒エンジンを搭載するスポーツモデル「ニンジャZX-4R」を海外で発表しました。
すると、すぐさまカワサキモータースジャパンは「日本導入は2023年秋予定」と発表。2023年3月に開催された大阪/東京のモーターサイクルショーに実車を展示し、多くのライダーから注目を集めました。

そして、ついに日本仕様の詳細が明らかに。発売は当初の発表よりなんと前倒しの2023年7月15日(土)!
ニンジャZX-4R SE(112万2000円)とニンジャZX-4RR KRTエディション(115万5000円)の2グレード展開となります。気になる日本仕様のスペックも公開されました。
そうしたグレード展開やスペック含め、当記事では改めてZX-4Rシリーズの特徴を解説していきます。

カワサキ ニンジャZX-4RR KRTエディション。

399cc並列4気筒エンジンは日本仕様も77馬力、ラムエア加圧時は80馬力!

注目のエンジンは新開発の排気量399ccの水冷並列4気筒DOHC4バルブで、2023年2月の海外仕様発表時には最高出力77ps、ラムエア加圧時は80psという数値が公開されましたが、日本仕様もこの数値。
最高出力77ps/1万4500rpm、ラムエア加圧時最高出力80ps/1万4500rpm、最大トルク4.0kgm/1万3000rpmとなっています。

高回転・高出力型エンジンなのは明らかですが、低中回転域のトルクもあり、街乗りなどでの扱いやすさも配慮されているとのこと。もちろん本領発揮は高回転域のパワーで、特に1万〜1万5000rpmでエキサイティングなフィーリングが得られるといいます。

ボア・ストロークは57.0✕39.1mmのショートストローク型で、圧縮比12.3という高圧縮。エキゾーストパイプから集合部にかけての構造はニンジャZX-6Rの技術をフィードバックし、最新の環境規制に対応と高出力化を両立している。

ニンジャZX-4R/RRの電子制御機構「ライディングモードでパワーやトラクションコントロールを一括選択」

400ccといえど、最新のスポーツバイクだけに電子制御機構も搭載されています。
エンジンの出力特性を切り替えるパワーモード、トラクションコントロールを搭載。それぞれがスポーツ/ロード/レインのライディングモードに応じて切り替わります。また、クイックシフターも装備されています。
パワーモードはフルパワーとローパワーの2段階、トラクションコントロールは3段階のレベルで、ライディングモード「ライダー」では各項目をマニュアル設定することもできます(ライダーモードではトラクションコントロールのカットも可能)。

選択中のライディングモードやクイックシフターの作動状況はメーター上部に表示される。

2つのグレードでどこが違う?

先にも紹介したように、日本国内ではニンジャZX-4R SEとニンジャZX-4RR KRTエディションの2グレード展開となりますが、エンジン性能に変わりはありません。
大きな違いは装備とリヤショックです。

ニンジャZX-4R SE

ニンジャZX-4R SEはスモークタイプのスクリーン、USB給電ソケット、フレームスライダーを標準装備し、リヤショックはカワサキの大排気量スポーツモデルでおなじみの「ホリゾンタルバックリンクリヤサスペンション」を採用。
同機構はショックユニットとリンクをスイングアーム上部に配置し、エンジンや排気の熱による影響を低減し、安定した減衰性能を確保できるのがメリットとなっています。

ニンジャZX-4R SE。スモークタイプのスクリーン、スライダーを装備。シート下にはUSB給電ソケットが設けられる。
ニンジャZX-4R SEの「ホリゾンタルバックリンクリヤサスペンション」。

ニンジャZX-4RR KRTエディション

一方、ニンジャZX-4RR KRTエディションはリヤショックにニンジャZX-10Rと同タイプのSHOWA製「BFRC-lite」(バランス・フリー・リヤ・クッション・ライト)を採用。サーキット走行などでは高い接地感を発揮するだけでなく、街乗りやツーリングにおける快適な乗り心地も両立。また、伸び側・圧側の減衰、プリロードの調整ができるフルアジャスタブルとなっています。

ニンジャZX-4RR KRTエディション。こちらはクリアタイプのスクリーン。
ニンジャZX-4RR KRTエディションの「BFRC-lite」(バランス・フリー・リヤ・クッション・ライト)。

車体はスーパーバイク世界選手権参戦マシン「ニンジャZX-10RR」の設計思想を継承

フレームは高張力鋼製のトレリスフレームで、その設計にはスーパーバイク世界選手権で活躍するレーシングマシン・ニンジャZX-10RRのノウハウが生かされています。
リヤサスペンションはグレードによって異なりますが、フロントサスペンションは両車ともにインナーチューブ径37mmのSHOWA製「SFF-BP」(セパレート・ファンクション・フロントフォーク・ビッグ・ピストン)でプリロードの調整が可能。
「SFF-BP」とは片側のフォークをスプリングとダンパー、もう一方はスプリングのみとするフロントフォークで、特にストローク初期のスムーズな動きが特徴。ブレーキング時の姿勢変化が穏やかになるのと同時に、高い接地感を与えてくれるというメリットがあります。

フレームは250cc並列4気筒のニンジャZX-25Rに似た構造。スイングアームも高張力鋼製で、長さを確保しつつ、湾曲構造とすることで前後の重量配分を最適化。軽快なハンドリングと安定感を両立している。
フロントフォークのプリロードは右側トップキャップで調整可能。
フロントブレーキは290mmダブルディスク+異径ピストンの対向4ピストンラジアルマウントモノブロックキャリパーの組み合わせ。
リヤブレーキは220mmディスクにデュアルピストンキャリパーの組み合わせ。前後ブレーキともABSを装備する。

多機能なメーターはスマホ連携機能も

メーターは4.3インチのフルカラー液晶で、自動調光機能を備えたもの。背景色は白と黒から選択できます。
ツイントリップ、時計、水温、電圧、ストップウォッチ、メンテナンス時期のアナウンスなど機能も多彩。
カワサキの専用アプリ「RIDEOLOGY THE APP」でスマートフォンと連携させると、電話やメールの着信をメーターに表示させることができるほか、スマートフォンで車両情報やGPS情報に基づいた走行ルートなどを確認することも可能です。

メーター表示パターンを写真の「サーキットモード」にすると、ラップタイムと回転計の1万回転以上が大きく表示されるようになる。

カワサキ ニンジャZX-4Rシリーズ主要諸元

【エンジン・性能】
種類:水冷4サイクル並列4気筒DOHC4バルブ ボア・ストローク:57.0mm×39.1mm 総排気量:399cc 最高出力:57kW<77ps>/1万4500rpm ラムエア加圧時は59kW<80ps>/1万4500rpm 最大トルク:39Nm<4.0kgm>/1万3000rpm 変速機:6段リターン

【寸法・重量】
全長:1990 全幅:765 全高:1110 ホイールベース:1380 シート高:800(各mm) タイヤサイズ:F120/70ZR17 R160/60ZR17 車両重量:190kg(ZX-4R SE) 189kg(ZX-4RR KRTエディション) 燃料タンク容量:15L

【価格】
ニンジャZX-4R SE:112万2000円
ニンジャZX-4RR KRTエディション:115万5000円

車体色ラインアップ

ニンジャZX-4R SEはメタリックフラットスパークブラック×メタリックマットグラフェンスチールグレー、キャンディプラズマブルー×メタリックフラットスパークブラックの2色。

ニンジャZX-4R SE「メタリックフラットスパークブラック×メタリックマットグラフェンスチールグレー」。
ニンジャZX-4R SE「キャンディプラズマブルー×メタリックフラットスパークブラック」。

ニンジャZX-4RR KRTエディションはその名の通り、カワサキレーシングチームをイメージしたグラフィクのライムグリーン×エボニーの1色となります。

ニンジャZX-4RR KRTエディション「ライムグリーン×エボニー」

まとめ●モーサイ編集部・上野 写真●カワサキ

CONTACT

カワサキモータースジャパンお客様相談室
TEL:0120-400819

 

https://www.kawasaki-motors.com/mc/

  1. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  2. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  3. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  4. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  5. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  6. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  7. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  8. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  9. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  10. アメリカ人ライダーが語るバイクの楽しさとCBR1000RR-Rの素晴らしさ「バイクに乗ってライフスタイルが変わった」

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

欧州車にハイオク仕様が多いのはなぜ?「輸入車ユーザー悲鳴!! ハイオクガソリン価格が200円に迫る地域も」 もうすぐ発売の「MT-07」用として、クイックシフトとETCブラケットが用意された!【ワイズギア】から GB350 ホンダ GB350ほか21年モデルを一挙公開!? ホンダがオンラインで「ホンダモーターサイクルフェス2021」開催

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション