新車

カワサキ新型エリミネーターは「高速巡航がとても快適!」100km/hでは5500回転、まだまだ上に余裕あります

大ヒットの某250cc単気筒クルーザーと比較されることが多い?

カワサキの新型エリミネーターが2023年の3月に発表されてから「250cc単気筒で高速は辛いからコレはいいね!普通二輪免許で乗れるし」という反応をweb上で結構見かけます。
250cc単気筒と比較となると、同じくクルーザーモデルのホンダ レブル250を念頭に置いている人が多いのではないかと推測しますが……。

エリミネーターは400cc並列2気筒で、最高出力48ps。
レブル250は250cc単気筒で、最高出力26ps。
単純に高速性能を考えれば、レブル250より排気量もパワーも1.5倍以上あるエリミネーターがそりゃ有利ですよね。
ちなみに価格はレブル250の約1.2倍(スタンダード)、約1.4倍(上級仕様のSE)──。

車重はエリミネーターの方が重いですが、意外にその差は僅差。エリミネーターは上級仕様のSEで178kg(軽い!)、レブル250は171kgなのです。
パワーウエイトレシオで見ても、エリミネーターが3.7、レブル250が6.5で、エリミネーター圧倒的有利。
「高速走行、どっちが楽か」という観点だけで勝負をするなら、これは結果が見えて……ということで、当記事ではエリミネーターの高速性能をじっくり試してみることにしました。

80〜100km/hは余裕の走り、力強い加速で追い越し加速もラク!

では、実際にエリミネーターで高速道路へ。
ギヤをかき上げながら本線への合流。力強い加速でスムーズです。「頑張って助走をつけて……」みたいなことは一切不要!
そして、流すような感じでまずは80km/h。この時の回転数は、5速で5000rpm、6速で4500rpmとなりました。

*回転計が500rpm刻みなので、メーター上では500rpm単位でしかわからない点をご了承ください。

追い越し車線へ出るために加速をかけるときも、6速でスロットルを大きく開ければそのままスッと十分に加速していきます。
ただ、追い越し車線の流れが早くて一気に加速して入りたいようなときもあるかと思います。そういう場合は5速へシフトダウンした方が加速力が増してスムーズですね。

メーターは丸型のモノクロ液晶で、外周上部に回転計、中央に速度計とギヤポジション、下部に燃料計というレイアウト。ニュートラルランプやABS、ETCのインジケーターなどはメーターケース外周部に配されています。
エリミネーター カワサキ エンジン
エリミネーターの398cc水冷並列2気筒エンジンは、フルカウルスポーツのニンジャ400から譲り受けたもの。最高出力48ps/1万rpm、最大トルク3.8kgm/8000rpmの性能で、これはニンジャ400と同値となっています。

120km/h走行も試してみた

そして100km/h走行時の回転数は、5速で6500rpm、6速で5500rpm。
エリミネーターの最大トルク発生回転数は8000rpm、最高出力発生回転数は1万回転なので、まだまだ余力はあるはず!?
実際、低いギヤで走ったときも1万回転以上まで力が途切れることなく俊敏かつスムーズに回っていましたし、今日では高速道路に制限速度120km/h区間もあります。というわけで、そこでの走りも試してみることに。
(余談ですが、高回転域では一昔前の400cc4気筒車みたいに「フォーン」という音になっていき、なかなか気持ちいいです)

先に書いたように、6速スロットルワイドオープンで120km/hに乗せることは余裕で、そのときの回転数は7000rpm。
エンジンも全然苦しくないですし、車体もしっかり安定しています。
100km/h走行時も安定感が高いなぁと思いましたが、いわゆる「矢のようにビシッと突き進む」みたいな感じとはちょっと違って、着座位置含めバイク全体が低いからか「地を這う」ようなイメージでしょうか。

継ぎ目を乗り越えるような強い入力があっても、ゴンッとも、ドスーンともならず、フワッといなす。……というとちょっと誤解を招きそうですが、サスペンションが柔らかいとか、そういうわけではないのです。
おそらくシートが肉厚で、スポンジが柔らかいのが効いているのかも。お尻だけ誰かに支えてもらっているみたいな感じなのです。

SEのシートはパンチングタイプの表皮にステッチが入る専用品となりますが、シート形状、シート高はスタンダードと同じです。シート後部のモチモチとしたスポンジの感触が快適な乗り心地に効いている気がします。

ヘッドライトカウルはちゃんと防風性が考えられていた!?

今回テストをしたのはヘッドライトカウルやドライブレコーダーなどを装備する上級仕様の「SE」。このヘッドライトカウル、ドレスアップ的要素が強いのかと思っていたのですが、ちゃんと風を防いでくれている様子。80〜100km/h走行時では、胸まわりに風圧をあまり感じません。

風の流れがどの辺で変わるのか。左手をいろんな位置に動かしつつ手の平で風の当たり具合を確かめてみると、胸から顎くらいの高さまでは風が穏やかになっている=整流されているのがわかりました(ライダーの身長は170cm)。上体を軽く伏せると、ヘルメット頭頂部を風が流れていくような感じになります。

また、高速走行で多用する5000〜7000rpmでも、それ以上の高回転でも、ハンドルやステップに痺れるような振動は出てきません。これなら高速走行が長時間にわたっても、身体的な負担は少ないのではないでしょうか。
400ccという排気量からイメージする以上に、エリミネーターの高速巡航性能、快適性能、かなり高いと思います!

エリミネーター ヘッドライトカウル カワサキ

エリミネーターの足着き&ライディングポジション

足着きは身長170cmで両足の足の裏全面が接地。車重も軽いので、多少車体が傾いても不安はありません。
ステップは足を前へ投げ出すタイプではなく、足を自然に降ろしたところにあり、ハンドルも遠くありません。タンクは横幅がそこそこあるので、ニーグリップがしっかり決まります。クルーザーというよりはシートが低くなったネイキッドのようなライディングポジションに感じました。
写真の車両はスタンダードですが、シート形状・シート高数値はSEと同じです。

エリミネーター 足つき カワサキ
エリミネーター 足つき カワサキ

カワサキ エリミネーター主要諸元

*[ ]内はエリミネーターSEの数値

【エンジン・性能】
種類:水冷4サイクル並列2気筒DOHC4バルブ ボア・ストローク:70.0mm×51.8mm 総排気量:398cc 最高出力:35kW<48ps>/1万rpm 最大トルク:37Nm<3.8kgm・f>/8000rpm 変速機:6段リターン

【寸法・重量】
全長:2250 全幅:785 全高:1100[1140] ホイールベース:1520 シート高735(各mm) タイヤサイズ:F130/70-18 R150/80-16 車両重量:176kg[178kg] 燃料タンク容量:12L

【車体色】
スタンダード:メタリックフラットスパークブラック、パールロボティックホワイト
SE:メタリックマットカーボングレー×フラットエボニー

【価格】
スタンダード:75万9000円
SE:85万8000円

エリミネーター SE カワサキ
上級仕様のエリミネーターSE。ヘッドライトカウル、GPS対応型ドライブレコーダー、USB電源ソケット、フォークブーツを装備。なおETC2.0車載器はSE、スタンダードともに標準装備となっています。

まとめ●上野茂岐 写真●岡 拓/カワサキ

CONTACT

カワサキモータースジャパンお客様相談室
TEL:0120-400819

 

https://www.kawasaki-motors.com/mc/

  1. 最も乗りやすい大型スポーツバイク?『CB1000R』は生粋のSS乗りも納得のストリートファイター

  2. アパレルデザイナーが語る『CT125・ハンターカブ』。ワークブーツのようにタフでオシャレなバイク

  3. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  4. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  5. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  6. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  7. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  8. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  9. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  10. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

スーパーカブC125をクラシカルに仕上げるヘッドライトキット 貴重画像満載!【工場ルポ】ダックスのふる里を訪ねて ジクサーSF250 スズキ ジクサーSF250 試乗「48万円の万能フルカウルマシン! エンジンは新世代の油冷」

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション