新車

新型【ベスパ】「GTSシリーズ」が発売! 4タイプ、300ccか155cc、カワイイ7色から選べる。最新技術・機能も充実!

ピアッジオグループジャパン株式会社はベスパのフラッグシップモデル「GTSシリーズ」にキーレスシステムなど最新技術を新たに搭載した300ccモデルと150ccモデルの計4バージョンを展開。ラインアップを従来よりも拡大して全国のベスパ正規販売店にて発売を開始すると発表した。
いずれも受注開始は2023年5月9日、出荷開始は2023年6月ごろより順次となっている。

GTS 300 SuperTech

排気量:278cc
カラー:クォーツグレー、ディープブルー
メーカー希望小売価格:913,000円

ベスパ「GTS 300 SuperTech」クォーツグレー
ベスパ「GTS 300 SuperTech」ディープブルー

GTS 300 SuperSport

排気量:278cc
カラー:オリーブグリーン、イノチェンツァホワイト
メーカー希望小売価格:880,000円

ベスパ「GTS 300 SuperSport」オリーブグリーン
ベスパ「GTS 300 SuperSport」イノチェンツァホワイト

GTS 150 Super

排気量:155cc
カラー:イノチェンツァホワイト、パッショーネレッド
メーカー希望小売価格:649,000円

ベスパ「GTS 150 Super」イノチェンツァホワイト
ベスパ「GTS 150 Super」パッショーネレッド

GTS 150 Classic

排気量:155cc
カラー:サッビアベージュ、リラックスグリーン
メーカー希望小売価格:649,000円

ベスパ「GTS 150 Classic」サッビアベージュ
ベスパ「GTS 150 Classic」リラックスグリーン

新型ベスパGTSシリーズは、格調高くエレガントでシンプルなベスパGTS Classic、コンテンポラリーなスタイルのGTS Super、スポーティなGTS SuperSport、技術の枠を極めたベスパGTS SuperTechという個性豊かな4つのバージョンを展開。
エンジンは、最先端技術が搭載された155cc の「i-get」単気筒と、300ccの「 HPE(ハイパフォーマンスエンジン)」の2種類の最新型から選ぶことができる。どちらもピアッジオグループの技術の結晶であり、エンジン性能の向上に加えてCO2排出量削減、低燃費化を目的として開発されている。
ボディはベスパの伝統を継承した全面スチール製。そこに新設計のフロントサスペンションを組み合わせている。片持ちアームを継承しつつもシステムを見直すことにより、特に高速走行時の安定性が高まり、快適性やハンドリング性能が改善されている。

今回も理想に近いエルゴノミクスデザインを実現、どのような体格の乗り手でも無理のない乗車姿勢を取ることができ、快適な走行を楽しむことができる。従来のモデルと同様、長距離ツーリングを強く意識して設計されている。最高レベルの快適性を誇る新型シートは、優れた足つき性で停車時も安心だ。
またキーレスシステムを導入。エンジン始動、シートを開く、ステアリングコラムをロックするという操作が、非常に簡単にできるようになった。
SuperTechバージョンには最先端のTFTカラーディスプレイを搭載、それ以外のバージョンには新型インストルメントが初めて搭載される。便利なスマートフォン連携システム「ベスパMIA接続システム」は、SuperTechに標準装備、それ以外にはオプション。

■GTS 300SuperTech/GTS 300 SuperSport主要諸元

エンジン形式:HPE 4ストローク水冷単気筒 OHC 4バルブ
総排気量:278cc
ボア×ストローク:75mm×63mm
最高出力:17.5kW(23.8HP)/8,250rpm
最大トルク:26Nm/5,250rpm
トランスミッション:無段階オートマチック(CVT)
クラッチ:自動遠心乾式クラッチ
フレーム:スチールモノコック
フロントサスペンション:片持ちリンクアーム油圧式サスペンション
リアサスペンション:4段階スプリングプリロード調整機能付きツインショックアブソーバー
フロントブレーキ:油圧式220mmステンレススチール製ディスク ABS
リアブレーキ:油圧式220mmステンレススチール製ディスク ABS
フロントタイヤ:120/70-12
リアタイヤ:130/70-12
全長/全幅:1,980mm/765mm
ホイールベース:1,385mm
シート高:790mm
車両重量:163kg
燃料タンク容量:8.5L
製造国:ベトナム

■GTS 150 Super/GTS 150 Classic主要諸元

エンジン形式:i-get 4ストローク水冷単気筒 OHC 4バルブ
総排気量:155cc
ボア×ストローク:58mm×58.7mm
最高出力:11.6kW(15.6HP)/8,250rpm
最大トルク:15Nm/6,500rpm
トランスミッション:無段階オートマチック(CVT)
クラッチ:自動遠心乾式クラッチ
フレーム:スチールモノコック
フロントサスペンション:片持ちリンクアーム油圧式サスペンション
リアサスペンション:4段階スプリングプリロード調整機能付きツインショックアブソーバー
フロントブレーキ:油圧式220mmステンレススチール製ディスク ABS
リアブレーキ:油圧式220mmステンレススチール製ディスク ABS
フロントタイヤ:120/70-12
リアタイヤ:130/70-12
全長/全幅:1,980mm/765mm
ホイールベース:1,385mm
シート高:790mm
車両重量:150kg
燃料タンク容量:7.0L
製造国:ベトナム

レポート●NANA-KO 写真●ピアッジオグループジャパン

CONTACT

Vespa Japan公式サイト
https://www.vespa.com/jp_JA/

  1. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  2. Honda E-Clutchが誕生するまで。便利さと楽しさを追求し続けるホンダ2輪用オートマチックの歴史

  3. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  4. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  5. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  6. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  7. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  8. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  9. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  10. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  11. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  12. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

【バイク擬人化漫画】ニーゴーマン! 第22話:聖夜にお届け! モンスター400君【隔週連載】 【釣りツーリングに行こう!】5釣目:勝浦でタンタンメンを食し、興津東港でアジを狙う 関東エリアをはじめ、中部エリアからの旅にも絶好の道の駅を紹介!〜伊豆編〜

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション

ピックアップ記事