新車

ヤマハ YZF-R3 ABSの2023年モデルが5月発売!性能キープで排出ガス規制適合、ウインカーもLEDに

新色パープル登場だけでなく、シャープなデザインのLEDウインカーも採用

320ccの並列2気筒エンジンを搭載するスーパースポーツ、ヤマハ YZF-R3の2023年モデルが5月10日に発売されます。
従来型から変更された点は、以下の4点です。

  • 平成32年排出ガス規制に適合
  • ウインカーをLED化。これで灯火類はフルLEDに
  • 純正オプションにクイックシフターを新設定(シフトアップのみ対応)
  • 新車体色パープルが登場、ブルーとブラックはグラフィックを変更(2022年モデルにあったシアンはラインアップ落ち)
新登場したパープル(ダークブルーイッシュパープルメタリック3)。新鮮なトレンドカラーを用い、スポーティなイメージとしたカラーリング。
ブルー(ディープパープリッシュブルーメタリックC)。サイドカウル、アンダーカウルがマットブルーとなり、大排気量スーパースポーツのYZF-R1やYZF-R7と共通のイメージに。
ブラック(ブラックメタリック12)。フロントカウルとフェンダーがブラックに、サイドカウルはマットグレーのままとなりますが、「R3」のロゴがより目立つ配色となりました。

「排ガス規制」と聞くと性能ダウンを心配する人もいるかもしれませんが、最高出力31kW(42ps)/1万750rpmは発生回転数ふくめ、従来型と同値です。
一方、最大トルクは1Nmアップしており、30Nm(3.1kgmf・m)/9000rpmとなっています。こちらも発生回転数は従来型と同値となっています。

価格は72万6000円となっています。

ヤマハ YZF-R3 ABS(2023年モデル)主要諸元

【エンジン・性能】
種類:水冷4サイクル並列2気筒DOHC4バルブ ボア・ストローク:68.0mm×44.1mm 総排気量:320cc 最高出力:31kW(42ps)/1万750rpm 最大トルク:30Nm(3.1kgf・m)/9000rpm 変速機:6段リターン

【寸法・重量】
全長:2090 全幅:730 全高:1140 ホイールベース:1380 シート高:780(各mm) タイヤサイズ:F110/70R17 R140/70R17 車両重量:169kg 燃料タンク容量:14L

【価格】
72万6000円

まとめ●モーサイ編集部・上野 写真●ヤマハ

CONTACT

ヤマハ発動機カスタマーコミュニケーションセンター
TEL:0120-090-819

 

https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/

  1. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  2. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  3. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  4. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  5. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  6. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  7. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  8. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  9. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  10. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  11. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

【ドゥカティ】「ムルティストラーダV4ラリー」はアドベンチャーバイクの王座に君臨するか!? ……アダム・チャイルドのニューモデル試乗 スズキがインターネット上の販売サイト、「S-MALL」を公開 TMAX ヤマハ 2022 ヤマハ新型=7代目TMAX560 詳細解説「デザイン一新!足まわりはよりスポーティに」

カテゴリー記事一覧