新車

【カワサキ新型エリミネーター詳細解説】今や貴重な400ccクルーザー登場!エンジンはニンジャがベース

エリミネーター カワサキ

かつてのエリミネーターとは異なる方向性

カワサキの新作となるエリミネーターは、2023年3月に開催された大阪モーターサイクルショーで唯一のワールドプレミア、世界初公開である。ちなみに、カワサキがエリミネーターという車名を使用するのは十数年ぶりで、となれば、WやZ-RSシリーズのように「復活」という言葉を使いたくなるものだが……。

1980年代中盤に登場した初代エリミネーターが、ストリートドラッガーだったのに対して、新型はボバーテイストやネイキッドの要素を取り入れつつ、オーソドックスなクルーザーと言いたくなるスタイルを採用している。また、初代エリミネーターが900cc並列4気筒車をフラッグシップに据え、多種多様な派生機種/兄弟車を設定していたのとは異なり、新型はとりあえず400cc並列2気筒車のみである。

そのあたりを考えると、復活という言葉には語弊があるのだけれど、かつてとの共通点が少なくても、新型エリミネーターは十分に魅力的で気合いが入ったモデルだ。何と言ってもエンジンを除けば、ほとんどのパーツが新規開発なのだから。

カワサキ エリミネーター(メタリックフラットスパークブラック)。4月25日発売で、価格は75万9000円。
カワサキ エリミネーター(メタリックフラットスパークブラック)
カワサキ エリミネーター(パールロボティックホワイト)。4月25日発売で、価格は75万9000円。
カワサキ エリミネーター(パールロボティックホワイト)

実際に車両とスペックを見て興味深いのは、車体寸法がクルーザー的(キャスター角は30度、トレールは121mmで、ホイールベースは1520mm)であるにも関わらず、シートが極端に低くはなく(ただし735mmという数値は、現在のカワサキの250〜400ccクラスでは最も低い)、ライディングポジションがスポーツネイキッド風で、車重があまり重くないこと。こういった要素から推察すると新型エリミネーターは、ロー&ロングなスタイルであっても、親しみやすさやスポーツ性をかなり真摯に追及しているのだろう。

なお400ccクラスでは貴重なETC2.0車載器を標準装備すること、上級仕様のSEが量産車初の装備として、ミツバサンコーワ製GPS対応型ドライブレコーダーを搭載した状態で販売されることも、新型エリミネーターの魅力である。

エリミネーターSE

上級仕様となる「SE」の特徴は、ビキニカウル(かつてのエリミネーターSEに通じるデザイン)とフロントフォークブーツ、ステッチ入りでツートーンのシート表皮、USB Type-C電源ソケット、車体の前後に備わるドライブレコーダー。スタンダード+9万9000円は、どう考えてもお買い得?

カワサキ エリミネーターSE。車体色はメタリックマットカーボングレー×フラットエボニーの1種のみとなる。4月25日発売で、価格は85万8000円。

往年のエリミネーター400SE(1988年登場)

初代エリミネーター400は1986年デビューで、GPZ400Rベースの水冷並列4気筒エンジンを搭載。1988年のモデルチェンジで、クラシックな「LX」とスポーティな「SE」という2車種展開となった。SEはビキニカウル、リザーバータンク付きのリヤサスペンションを装備、車体各部をブラック塗装としたモデルだった。

カワサキ エリミネーター主要諸元

*[ ]内はエリミネーターSEの数値

【エンジン・性能】
種類:水冷4サイクル並列2気筒DOHC4バルブ ボア・ストローク:70.0mm×51.8mm 総排気量:398cc 最高出力:35kW<48ps>/1万rpm 最大トルク:37Nm<3.8kgm・f>/8000rpm 変速機:6段リターン

【寸法・重量】
全長:2250 全幅:785 全高:1100[1140] ホイールベース:1520 シート高735(各mm) タイヤサイズ:F130/70-18 R150/80-16 車両重量:176kg[178kg] 燃料タンク容量:12L

【車体色】
スタンダード:メタリックフラットスパークブラック、パールロボティックホワイト
SE:メタリックマットカーボングレー×フラットエボニー

【価格】
スタンダード:75万9000円
SE:85万8000円

レポート●中村友彦 写真●伊藤吉行/カワサキ/八重洲出版 編集●上野茂岐

カワサキ新型エリミネーターのエンジンや車体、SEならではの装備を詳細解説!

1

2
CONTACT

カワサキモータースジャパンお客様相談室
TEL:0120-400819

 

https://www.kawasaki-motors.com/mc/

  1. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  2. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  3. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  4. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  5. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  6. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  7. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  8. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  9. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  10. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  11. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

【会員限定グッズの入手も!】ヤマハファンをくすぐる「My YAMAHA Motor Web ロイヤルティプログラム」が開始された ラクにのんびり楽しめる「ロングストロークエンジン」搭載バイク4選! これなら“てきとうに”走っても許される!! 【STRICT-G】と【クシタニ】がコラボ! 『機動戦士ガンダム』をイメージしたツーリンググローブなどのライディングギアを展開。3月25日正午販売開始!

カテゴリー記事一覧