新車

新車入手はこれで最後? 180馬力のカフェレーサー「トライアンフ スピードトリプル1200RR」購入で5万円分のクーポンキャンペーンを実施!

懐古主義じゃない!180馬力の最新スポーツネイキッド・スピードトリプル1200RSがベース

ロケットカウル風のフェアリングをまとい、どことなくレトロなカフェレーサーをイメージさせるトライアンフ スピードトリプル1200RRが惜しまれつつも生産終了に──。新車で手に入れられるのはラストチャンスとなってしまいました。しかし、トライアンフジャパンは日本市場向けにある程度の台数を確保! 2023年6月30日までにスピードトリプル1200RRの新車を購入すると5万円分のクロージングクーポンが手に入るキャンペーンも実施中です。

カフェレーサー文化が生まれたイギリス車らしい流麗なデザインのスピードトリプル1200RRですが、決して懐古調モデルではありません。
クルマではBMWミニ、VWビートル、フィアット500など、デザインはレトロで中身は現代車というモデルが一定の人気を集めています。バイクでも往年の名車のデザインを取り込んだレトロテイストのモデルが少なからず存在しますが、このスピードトリプル1200RRはそれらとはひと味違います。

決定的なポイントは中身が「ガチのスポーツマシン」というところ。
同車のベースとなっているのはスポーツネイキッドのスピードトリプルRSで、1158ccの水冷並列3気筒エンジンを搭載、最高出力180psの性能を誇ります。
そして、このスピードトリプル1200RRですが、エンジン性能はそのままなのです!

トライアンフ スピードトリプル1200RR。2022年モデルとしてデビュー。
価格は写真の車体色「レッドホッパー×ストームグレー」が233万円。「クリスタルホワイト×ストームグレー」の車体色は228万5000円。
一見するとレトロなロケットカウルのようですが、細かく見てみるとエアロパーツ的なウイングも。最新スポーツバイクの血筋を受け継いでいるポイントでしょうか。ヘッドライトはデイタイムランニングライト機能付きのLEDです。
テールライトはカウルと一体化したような形状で、ライン状のLEDを用いたスポーティなデザイン。リヤシートはシートカウルと交換式となります。
スピードトリプル1200RS トライアンフ
エンジンや車体のベースとなっているスポーツネイキッド・スピードトリプル1200RS。2021年モデルとしてデビュー。

安全面にも快適な走行にも効く電子制御機能が充実

デザインで一目惚れしたものの、過激なバイクなの?と思った人、ご安心ください。トライアンフ公式webではサーキット走行をする画像や動画が多用されているように、ハードな走りも可能とする実力は秘めているのですが、「普通に乗りたい人」にとっては高級車的な魅力があるのです。

最高出力180ps/1万750rpm、最大トルク12.7kgf・m/9000rpm。それでいて装備重量は200kgというスペックは確かに凄いのですが、エンジンの出力特性が切り替えられるほか、バンク角も制御にフィードバックするトラクションコントロールやABSといった安全面に効く電子制御デバイスも搭載されています。

それら各項目を細かく調整もできるのですが、おおまかにはライディングモードの切り替えで走行シチュエーションに合った特性となってくれます。
一般的な公道走行に向く「ロード」、ウェット路面を想定した「レイン」、ワインディングなどを楽しむのに向く「スポーツ」、サーキットでのスポーツ走行に向く「トラック」の基本4モードに、各種電子制御システムの作動レベルを任意に設定できる「ライダー」で、計5モードがあります。

1158ccの水冷並列3気筒エンジン。
メーターは5インチのフルカラーディスプレイ。Bluetooth接続でスマートフォン、インカムと連携すれば、ナビ、音楽再生、電話が使用可能。あとGoProを操作できるユニークな機能もあります。

電子制御サスペンションは「スピードトリプル1200RR」ならではの装備

また、オーリンズ製の電子制御サスペンション「スマートEC 2.0」が採用されており、これは路面状況を瞬時に判断し減衰特性を最適にしてくれるというもの。
ベースとなっているスピードトリプル1200RSには無い装備で、ライディングモードに応じて特性が変わったり、ブレーキング、コーナリング、加速などの走行姿勢も制御に反映。
ツーリングをしたり、流すような走りではしっとりとした走りも楽しめるのです。

さらに、クラッチ操作なしで瞬時にシフトチェンジするためのオートシフターも装備されています。本来、サーキットなどでタイムを詰めるための機能でもありますが、ツーリングで使用すればクラッチ操作から開放され、手の疲労を軽減できる……というメリットも。

オーリンズ製の電子制御式セミアクティブサスペンション「スマートEC 2.0」を装備。ライディングモードに応じてモードが変わるが、そこから任意の調整も可能。
強烈なパワーを受け止めるブレーキは、320mmディスクにブレンボ製の最上級モノブロックキャリパー「スタイルマ」という組み合わせ。

万能ツーリングバイクとも言える内容

そのほかにも、クルーズコントロールやグリップヒーターといった快適装備もついています。
セパレートハンドルでライディングポジションこそやや前傾となりますが(レーサーレプリカブーム経験世代なら余裕!?)、スピードトリプル1200RRは「大人の万能ツーリングバイク」として選ぶ価値のあるバイクとも言えるのです。
2023年6月30日までの新車購入で5万円分クロージングクーポンがプレゼントされるキャンペーンを活用して、ぜひこのスーパーカフェレーサーを手に入れてみましょう。

適度に絞られたセパレートハンドル。フロントフォークのトップキャップに接続されている配線は電子制御サスペンションのものです。
クルーズコントロールを標準装備。左スイッチボックスで操作します。

トライアンフ スピードトリプル1200RR主要諸元

[エンジン・性能]
種類:水冷4サイクル並列3気筒DOHC4バルブ ボア・ストローク:90.0×60.8mm 総排気量:1158cc 最高出力:132.4kW<180ps>/1万750rpm 最大トルク:125Nm<12.7kgf・m>/9000rpm 変速機:6段リターン
[寸法・重量]
全長:2085mm 全幅:758mm 全高:1120mm(ミラー含まず) ホイールベース:1439mm シート高:830mm タイヤサイズ:F120/70ZR17 R190/55ZR17 車両重量:200kg 燃料タンク容量:15L
[車体色]
レッドホッパー×ストームグレー、クリスタルホワイト×ストームグレー
[価格 ]
233万円(レッドホッパー×ストームグレー)、228万5000円(クリスタルホワイト×ストームグレー)

スピードトリプル1200RR トライアンフ カフェレーサー
レッドホッパー×ストームグレー
スピードトリプル1200RR トライアンフ カフェレーサー
クリスタルホワイト×ストームグレー

まとめ●モーサイ編集部・上野 写真●岡 拓/トライアンフ

CONTACT

トライアンフモーターサイクルズジャパン

TEL:03-6809-5233

http://www.triumphmotorcycles.jp/

  1. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  2. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  3. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  4. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  5. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  6. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  7. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  8. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  9. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  10. アメリカ人ライダーが語るバイクの楽しさとCBR1000RR-Rの素晴らしさ「バイクに乗ってライフスタイルが変わった」

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

TRIUMPHという価値「さらに進化した道を選ばぬ相棒(TIGER)」 サイン・ハウス 新ショールーム訪問記 「スーパーカブ浮世絵風サコッシュ」はいかが?JA48が和風テイストで描かれ、独特の味わいが!【CAMSHOP.JP】から

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション