新車

聞いた?「4月25日、エリミネーター発売!」だって

4月25日発売って……もう1か月もないじゃん!

「大阪モーターサイクルショー2023」初日のタイミング、3月17日に発表された「エリミネーター」「エリミネーターSE」。会場での熱狂的なファンのコールがカワサキに届いたようで、なんと、な〜んと、当初未定であった発売時期だが……発表10日後の3月27日に「2023年4月25日に発売!」と急遽決定報道。

カワサキの公式ページには、「カタログはしばらくお待ちください」のひとことがあって、その急ぎっぷりというか慌……一刻も早くエリミネーター現品をユーザーの手元に届けたいという気持ちがよく伝わってくる。

さあこれで、購入希望者は、がぜん忙しくなった! SEにするかどうか、色はどうするか、いっぱいあるオプション装備は何を付けるか……をとっとと決めて、カワサキプラザまで走らなくては!

では以下、新型エリミネーターについてのおさらいで、各カラーバリエーション、諸元くらいは貼り付けておく。詳細は<関連記事>を読んでほしい。

エリミネーターは低くて長い車体構成を特徴とする400ccの並列2気筒。カスタムチューンのベース車両としても魅力的。SEはヘッドライトカウルほか、装備が充実したモデル。

エリミネーター SE メタリックマットカーボングレー×フラットエボニー(GY1)
エリミネーター(標準仕様) パールロボティックホワイト(WT1)
エリミネーター(標準仕様) メタリックフラットスパークブラック(BK1)

●販売データ

メーカー希望小売価格

ELIMINATOR  759,000円

ELIMINATOR SE     858,000円

発表  2023年3月17日

発売  2023年4月25日

●ELIMINATOR主要諸元 ※[ ]内はSE

型式  8BL-EL400A

全長×全幅×全高  2,250mm×785mm×1,100mm[2,250mm×785mm×1,140mm]

軸間距離    1,520mm

最低地上高  150mm

シート高    735mm

キャスター/トレール    30°/121mm

エンジン種類      水冷4ストローク並列2気筒DOHC4バルブ

総排気量    398cm³

内径×行程  70.0mm×51.8mm

圧縮比            11.5:1

最高出力    35kW(48PS)/10,000rpm

最大トルク  37Nm(3.8kgf・m)/8,000rpm

始動方式    エレクトリックスターター

点火方式    バッテリ&コイル(フルトランジスタ点火)

潤滑方式    ウェットサンプ

エンジンオイル容量      2.3L

燃料供給方式      フューエルインジェクション

トランスミッション形式  常時噛合式6段リターン

クラッチ形式      湿式多板

ギヤ・レシオ    

1速   2.928 (41/14)

2速   2.055 (37/18)

3速   1.619 (34/21)

4速   1.333 (32/24)

5速   1.153 (30/26)

6速   1.037 (28/27)

一次減速比 / 二次減速比 2.218(71/32)/3.071(43/14)

フレーム形式      トレリス

懸架方式  

前    テレスコピック(インナーチューブ径 41mm)

後    スイングアーム

ホイールトラベル

前    120mm

後    90mm

タイヤサイズ    

前    130/70-18M/C 63H

後    150/80-16M/C 71H

ホイールサイズ  

前    18M/C×MT3.00

後    16M/C×MT4.00

ブレーキ形式    

前    シングルディスク 310mm (外径)

後    シングルディスク 240mm (外径)

ステアリングアングル (左/右)     35°/35°

車両重量    176kg[178kg]

燃料タンク容量    12L

乗車定員    2名

燃料消費率(km/L)

31.6km/L(国土交通省届出値:60km/h・定地燃費値、2名乗車時)

25.7㎞/L(WMTCモード値 クラス3-2、1名乗車時)

最小回転半径      3.0m

●カラーバリエーション

○ELIMINATOR

メタリックフラットスパークブラック(BK1)

パールロボティックホワイト(WT1)

○ELIMINATOR SE

メタリックマットカーボングレー×フラットエボニー(GY1)

レポート●モーサイ編集部 写真●カワサキ


<<<関連記事>>>

【低く、長い】のがカワサキ「エリミネーター」としてのお約束……シート高なんて735mm! ライポジ◎で、カスタムもイケる! 3月17日新型デビュー


「エリミネーター跨がり体験最後尾」の写真を見る! ロー&ロングとはいえ、自然な騎乗感! 「大阪モーターサイクルショー2023」初日会場から

CONTACT

カワサキ

http://www.kawasaki-motors.com/

  1. アパレルデザイナーが語る『CT125・ハンターカブ』。ワークブーツのようにタフでオシャレなバイク

  2. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  3. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  4. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  5. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  6. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  7. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  8. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  9. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  10. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

【NEW MODEL】YAMAHA BOLT ABS 長い歴史の終着点「Thruxton Final Edition」を手に入れられるキミは幸福だ。1964年から続いてきた【トライアンフ】の特別 鈴鹿8耐の応援は「ヨシムラ スズキ サポーターズ応援テラス」にて!41,800円でTシャツほか特典付き

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション