新車

【ホンダ】からスクランブラースタイル「CL500」がデビュー! 1週間前に発表されたCL250に続けて、シリーズ拡充。「気楽に楽しむ」バイクの選択肢が増えた

■CL500(グリントウェーブブルーメタリック)

「気楽に楽しめる」に“余裕”がプラスされた

ホンダは、力強さと軽快な走りをイメージさせるスクランブラースタイルの車体に、扱いやすい出力特性の水冷4ストロークDOHC4バルブ直列2気筒471cm3エンジンを搭載した新型スポーツモデル「CL500」をHonda Dreamより5月25日に発売する。

CL500は、「Express Yourself」をキーワードに、「ライダー自身を引き立たせ、多様なライフスタイルにあわせて気軽に楽しめるモーターサイクル」を目指して開発された。

シンプルな佇まいの外観は、特徴的なアップタイプのマフラー、タンクパッド、ワディング加工を施したフラットタイプのシートを採用するなど、さまざまなシチュエーションに映えるスクランブラースタイルを表現。

車体は、剛性と重量バランスを最適化したダイヤモンドフレームに、余裕のあるストローク量を確保したサスペンションやセミブロックパターンのタイヤを採用。アップライトなライディングポジションとあわせ、舗装路からフラットダートまで幅広い走行状況に対応できるものとしている。

エンジンは、低回転域から高回転域まで扱いやすく力強い出力特性とした、水冷4ストロークDOHC4バルブ直列2気筒471cm3エンジンを搭載。クラッチレバーの操作荷重軽減とシフトダウン時の後輪ホッピング軽減に寄与するアシスト&スリッパークラッチを採用している。

カラーバリエーションは、カジュアルな印象の「グリントウェーブブルーメタリック」、タフな印象の「マットアーマードグリーンメタリック」の全2色設定。

■CL500 グリントウェーブブルーメタリック

■CL500 マットアーマードグリーンメタリック

■CL500 マットアーマードグリーンメタリック

○販売データ

メーカー希望小売価格 863,500円

発表   2023年3月23日

発売   2023年5月25日

○主要諸元

型式   8BL-PC68

全長(mm)      2,175

全幅(mm)      830

全高(mm)      1,135

軸距(mm)      1,485

最低地上高(mm)       155

シート高(mm)  790

車両重量(kg)  192

乗車定員(人)  2

燃料消費率(km/L)

国土交通省届出値定地燃費値(km/h) 43.0(60)<2名乗車時>

WMTCモード値(クラス)      27.9(クラス3-2)<1名乗車時>

最小回転半径(m)      2.6

エンジン型式  PC68E

エンジン種類  水冷4ストロークDOHC4バルブ直列2気筒

総排気量(cm3) 471

内径×行程(mm)       67.0×66.8

圧縮比 10.7

最高出力(kW[PS]/rpm) 34[46]/8,500

最大トルク(N・m[kgf・m]/rpm)       43[4.4]/6,250

燃料供給装置形式     電子式<電子制御燃料噴射装置(PGM-FI)>

始動方式      セルフ式

点火装置形式  フルトランジスタ式バッテリー点火

潤滑方式      圧送飛沫併用式

燃料タンク容量(L)    12

クラッチ形式  湿式多板コイルスプリング式

変速機形式    常時噛合式6段リターン

変速比

1速 3.285

2速 2.105

3速 1.600

4速 1.300

5速 1.150

6速 1.043

減速比(1次/2次)  2.029/2.733

キャスター角(度)   27°00´

トレール量(mm)     108

タイヤ 前110/80R19M/C 59H/後150/70R17M/C 69H

ブレーキ形式  前油圧式ディスク(ABS)/後油圧式ディスク(ABS)

懸架方式      前テレスコピック式/後スイングアーム式

フレーム形式  ダイヤモンド

○カラーバリエーション

グリントウェーブブルーメタリック

マットアーマードグリーンメタリック

レポート●モーサイ編集部 写真●ホンダ

○関連記事

ホンダ【CL250】デビュー! う〜ん、伝統のCLシリーズの末裔なんだけど、バイクそのものよりバイクライフを楽しむ感じ? とっても身近だ!
https://mc-web.jp/motorcycle/105385/

CONTACT

ホンダお客さま相談センター

TEL:0120-086819

https://www.honda.co.jp/motor/

  1. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  2. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  3. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  4. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  5. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  6. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  7. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  8. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  9. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  10. アメリカ人ライダーが語るバイクの楽しさとCBR1000RR-Rの素晴らしさ「バイクに乗ってライフスタイルが変わった」

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

冬のライディングの強い味方になるウインターグローブ3種をリリース スズキ グラストラッカー用のシフトポジションインジケーターが登場 【シーズン到来!ツーリング快適アイテム最新版】MIDLAND BT X2 PRO S

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション