新車

「Ninja ZX-10R KRT EDITION」が新色「ライムグリーン×エボニー(GN1)」の新デザインに変更された! ボディサイドが広く緑色に!!

カラーリング変更で「ライムグリーン×エボニー(GN1)」を纏った

Ninja ZX-10R KRT EDITIONのカラーリングが変更された。色名は従来モデルと同じだが配色が異なり、ボディサイドが黒基調からライムグリーンが広く目立つように変更になった。

Ninja ZX-10Rはレースでのポテンシャルとストリートライディングでの楽しみを提供する。採用された一体型ウイングレット装備のカウルが優れた空力性能とダウンフォースを生み出し、小型ヘッドライトと合わせ次世代のNinjaスタイルを体現している。
ファクトリーマシンからフィードバックされた空冷式オイルクーラーを採用し、優れたエンジンパフォーマンスを実現。加えて、エレクトロニッククルーズコントロールやスマートフォン接続機能を備えるTFTインストゥルメントパネルなど、先進機能を採用。

「Ninja ZX-10R KRT EDITION」
「Ninja ZX-10R KRT EDITION」

■販売データ
メーカー希望小売価格 2,332,000円
発表 2023年3月8日
発売 2023年4月8日

■Ninja ZX-10R KRT EDITION主要諸元

型式   8BL-ZXT02L

全長×全幅×全高     2,085mm×750mm×1,185mm

軸間距離      1,450mm

最低地上高    135mm

シート高      835mm

キャスター/トレール 25.0°/ 105mm

エンジン種類/弁方式 水冷4ストローク並列4気筒/DOHC4バルブ

総排気量      998cm³

内径×行程/圧縮比   76.0mm×55.0mm/ 13.0:1

最高出力      149kW(203PS)/13,200rpm

ラムエア加圧時              156.8kW(213.1PS)/13,200rpm

最大トルク    115N・m(11.7kgf・m)/11,400rpm

始動方式      セルフスターター

点火方式      バッテリ&コイル(トランジスタ点火)

潤滑方式      ウェットサンプ

エンジンオイル容量   4.0L

燃料供給方式  フューエルインジェクション

トランスミッション形式      常噛6段リターン

クラッチ形式  湿式多板

ギヤ・レシオ 

1速    2.600(39/15)

2速    2.157(41/19)

3速    1.882(32/17)

4速    1.650(33/20)

5速    1.476(31/21)

6速    1.304(30/23)

一次減速比 / 二次減速比     1.680 (79/47)/2.411(41/17)

フレーム形式  ダイヤモンド

懸架方式     

前     テレスコピック(倒立・インナーチューブ径43mm)

後     スイングアーム(ホリゾンタルバックリンク)

ホイールトラベル

前     120mm

後     115mm

タイヤサイズ 

前     120/70ZR17M/C (58W)

後     190/55ZR17M/C (75W)

ホイールサイズ      

前     17M/C×MT3.50

後     17M/C×MT6.00

ブレーキ形式 

前     デュアルディスク 330mm (外径)

後     シングルディスク 220mm (外径)

ステアリングアングル (左/右)    27°/ 27°

車両重量      207kg

燃料タンク容量       17L

乗車定員      2名

燃料消費率    16.5㎞/L(WMTCモード値 クラス3-2、1名乗車時)

最小回転半径  3.4m

■カラー     

ライムグリーン×エボニー(GN1)

レポート●モーサイ編集部 写真●カワサキ

  1. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  2. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  3. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  4. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  5. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  6. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  7. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  8. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  9. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  10. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  11. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

ナイトロンからカワサキ・Ninja ZX-25R用リヤショックアブソーバーが登場 【ハンドルまわり快適化計画】高強度アルミ素材で脱落の心配皆無! サイン・ハウス マウントシステム スマートフォン用ホルダー バイクブームで“原チャリ”が大増殖! 俺たちが愛した「原付マニュアルトランスミッション車」1970〜80年代ヒストリー【中編】

カテゴリー記事一覧