新車

【プジョーモトシクル】が「ツイート」「PM-01 」「XP400 GT」の3車を発売!創業125周年を迎え、近年の「小型スクーターブランド」から「総合モーターサイクルブランド」へと転換を狙う!

■PM-01 300 ジェットブルー

プジョーモトシクルは創業125周年を迎える記念べき年に、小型スクーターブランドからカテゴリーの拡充により、総合モーターサイクルブランドとしてさらなる成長を目指す。

■PEUGEOT TWEET 125/200 GT
軽量・コンパクトな、ハイホイールスクーター

2018年に限定発売されていたプジョー ツイートが、モデルチェンジして新発売。前後16インチホイールでヨーロッパの石畳のような凸凹路面でも安定した走行が可能。軽量・コンパクトな車両で、日常の足や通勤に最適なモデル。

カラー:グラファイトグレー
メーカー希望小売価格:
プジョー ツイート 125 GT ¥390,500
プジョー ツイート 200 GT ¥423,500
発売日2023年2月15日
販売チャネル全国のプジョーモトシクル正規販売店・PEUGEOT MOTOCYCLES公式サイト

プジョー ツイート グラファイトグレー

■プジョーツイート125GT 主要諸元  ※[ ]内は200GT

【エンジン・性能】種類:空冷4ストローク単気筒OHC2バルブ ボア・ストローク:-×-mm 総排気量:125㎤[170㎤] 最高出力:8.4kW〈11.4ps〉/8,500rpm[9.0kW〈12.2ps〉/7,500rpm]  最大トルク:10.3Nm〈1.1kgf・m〉/6,500rpm[12.5Nm〈1.3kgf・m〉/6,000rpm] 燃料タンク容量:5.5L 変速機:無段変速 WMTCモード燃料消費率:-km/L 【寸法・重量】全長:2,020 全幅:725 全高:1,165 ホイールベース:1,330 シート高:790(各mm) 車両重量:106kg タイヤサイズ:○F110/70-16 ○R110/70-16 【カラー】グラファイトグレー

■PM-01 125/300
125年続くブランドの名を冠した、アーバンネイキッド

125周年である今年、ブランドの原点を表すモデルとして、新生プジョーモトシクル初のMT式モーターサイクルを発売。ネーミングの中のPMは、プジョー最初のモーターサイクルに由来している。

カラー:シャープホワイト/ジェットブルー
メーカー希望小売価格:
PM-01 125 ¥594,000
PM-01 300 ¥737,000
発売日2023年2月15日
販売チャンネル:全国のプジョーモトシクル正規販売店・PEUGEOT MOTOCYCLES公式サイト

PM-01 125 シャープホワイト
PM-01 300 ジェットブルー

■PM-01 125 主要諸元  ※[ ]内は300

【エンジン・性能】種類:水冷4ストローク単気筒OHC4バルブ ボア・ストローク:-×-mm 総排気量:124.8㎤[292.4㎤] 最高出力:10.2kW〈13.9ps〉/9,500rpm[21.5kW〈29.2ps〉/9,000rpm]  最大トルク:11.0Nm〈1.1kgf・m〉/7,500rpm[24.5Nm〈2.5kgf・m〉/7,000rpm] 燃料タンク容量:12.5L 変速機:6段リターン WMTCモード燃料消費率:-km/L 【寸法・重量】全長:2,040 全幅:830 全高:1,095 ホイールベース:1,370 シート高:810(各mm) 車両重量:152kg[162kg] タイヤサイズ:○F110/70-R17 ○R150/60-R17 【カラー】シャープホワイト、ジェットブルー

■XP400 GT
あらゆる道を制覇する、オフロードGTスクーター

四輪車の分野で近年大きくシェアを伸ばしているSUVにインスパイアされた、全く新しいスタイルのオフロードGTスクーター。高性能ロードバイクとオフロードバイクのコンポーネンツを組み合わせた足周りが、このモデルのコンセプトを表している。

カラー:シャークグレー/スノーホワイト
メーカー希望小売価格:¥1,155,000
発売日2023年2月15日
販売チャンネル:PEUGEOT MOTOCYCLES公式サイト

XP400 GT シャークグレー
XP400 GT スノーホワイト

■XP400GT 主要諸元

【エンジン・性能】種類:水冷4ストローク単気筒OHC4バルブ ボア・ストローク:-×-mm 総排気量:399㎤ 最高出力:26.5kW〈36.0ps〉/8,150rpm 最大トルク:38.1Nm〈3.9kgf・m〉/5,400rpm 燃料タンク容量:13.5L 変速機:無段変速 WMTCモード燃料消費率:-km/L 【寸法・重量】全長:2,190 全幅:870 全高:1,190 ホイールベース:1,545 シート高:815(各mm) 車両重量:231kg タイヤサイズ:○F110/70-R17 ○R160/60-R15 【カラー】シャークグレー、スノーホワイト

ロングセラーのネオレトロスクーター「ジャンゴ」が生産終了! フルモデルチェンジした「ジャンゴEVO」が夏ごろに発売予定

2014年にデビューし、ヨーロッパのみならずアジア各国でも販売され多くのユーザーに愛されてきたネオレトロスクーター「ジャンゴ」が生産終了となる。購入可能な車両は、国内在庫限り。
2023年夏ごろ(予定)に、フルモデルチェンジして「ジャンゴEVO」となる。

発売予定日:2023年夏ごろ
価格:未定
排気量:125cc(150ccの設定はなし)

ジャンゴEVO(海外仕様)

「ジャンゴEVO」には150ccモデルの設定がなく、150ccモデルの国内導入予定は当面考えられていない。150ccモデルを購入希望の方は、現行「ジャンゴ」の発注をお早めに。

レポート●NANA−KO 写真●プジョーモトシクル

CONTACT

aidea 株式会社(PEUGEOT MOTOCYCLES製品の日本総代理店)
https://peugeot-motocycles.jp/company/

  1. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  2. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  3. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  4. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  5. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  6. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  7. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  8. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  9. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  10. アメリカ人ライダーが語るバイクの楽しさとCBR1000RR-Rの素晴らしさ「バイクに乗ってライフスタイルが変わった」

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

派手なカラーリングを特徴とするアライ・Vクロス4のレプリカモデル 【ワインディングニッポン】房総&伊豆チャレンジ編 カメラマン柴田のGB350日記#12 「サイドスタンドとGB初箱根ツーリングと、峠道の乗り方と」

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション