新車

最新の排出ガス規制に適合させ、クイックシフターもオプション設定した「MT-03 ABS」のマイチェンモデルが登場

「グレー」は次世代のMTシリーズを象徴するカラーとしての新設定

ヤマハは、平成32年排出ガス規制に適合したMT-03のマイナーチェンジモデルを2月24日に発売する。

MT-03 ABSは、320cc並列2気筒エンジンを搭載したロードスポーツモデル。今回の改良では、エンジンスペックを落とすことなく排出ガス規制に対応させたほか、アンダーカウルの形状も変更。また、シフトアップに対応するクイックシフターをアクセサリーとして初めて設定した。

カラーバリエーションは、ホイールにシアンを採用する新しいグレーのカラーバリエーション、パステルダークグレー(上写真)を新設定。継続採用のディープパープリッシュブルーメタリックC、マットダークグレーメタリック8と合わせて3色展開とした。

ディープパープリッシュブルーメタリックC
マットダークグレーメタリック8

MT-03 ABS主要諸元

<エンジン・性能>
種類:水冷4ストローク並列2気筒DOHC4バルブ ボア×ストローク:68.0mm×44.1mm 総排気量:320cc 最高出力:31kW<42ps>/10750rpm 最大トルク:30Nm<3.1kgf・m>/9000rpm 変速機:6段リターン WMTCモード燃費:25.4km/L
<寸法・重量>
全長:2090 全幅:755 全高:1070 ホイールベース:1380 シート高:780(各mm) 車両重量:167kg タイヤサイズ:F110/70R17/R140/70R17 燃料タンク容量:14L
<メーカー希望小売価格>
68万7500円

まとめ●モーサイ編集部 写真●ヤマハ

問い合わせ先

ヤマハ発動機カスタマーコミュニケーションセンター
TEL:0120-090-819
https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/

  1. 最も乗りやすい大型スポーツバイク?『CB1000R』は生粋のSS乗りも納得のストリートファイター

  2. アパレルデザイナーが語る『CT125・ハンターカブ』。ワークブーツのようにタフでオシャレなバイク

  3. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  4. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  5. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  6. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  7. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  8. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  9. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  10. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

「衝突軽減ブレーキ」や「直噴エンジン」── クルマでは当たり前なのにバイクにはないメカニズム4選 インペリアーレ400 ベネリ ベネリ インペリアーレ400試乗「SR400やGB350だけじゃない!クラシック空冷単気筒の新たな選択肢」 正装は“革ジャン”だ! 着こなしが難しくないモデル4選! 革デビューのライダーに推します!

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション