新車

「YZF-R7 ABS」に白が追加!ホイールほか一部のみ「朱色」なのがセンスよし!同色だけでまとめている継続色モデルとは違うのだ

さわやかな「ブルーイッシュホワイトパール1」を新たに採用

ヤマハ発動機株式会社は、スーパースポーツモデル「YZF-R7 ABS」のカラーリングを変更し、2023年モデルとして2月28日に発売する。

新色のホワイト「ブルーイッシュホワイトパール1」は、モダンで洗練されたイメージを表現するホワイトカラーのボディに、軽快な足周りをアピールするバーミリオン(朱色)のホイールを採用。サイドカウルに大きく配したハイテックシルバーのロゴグラフィックの一部にも、ワンポイントとしてバーミリオンを取り入れている。

軽量で扱いやすい大型モデルとして、大型二輪にステップアップしたライダーをはじめとし、幅広いファンの注目を集めていることから、さわやかな雰囲気のカラーとされた。なお、現行の「ブルー」と「ブラック」は継続して販売される。


「Fun Master of Super Sport」をコンセプトに開発した「YZF-R7 ABS」は、「クロスプレーン・コンセプト」に基づき開発した水冷4ストローク直列2気筒DOHC4バルブの688cm³エンジンを軽量フレームに搭載する。MT-07で定評のあるエンジンであり、これをベースにスロットルプーリーのハイスロットル化、2次レシオの最適化などにより、スーパースポーツらしいパワー感と扱いやすさを両立している。270度位相クランクの、スロットルワークに対しての忠実な反応、躍動感のある加速フィールと路面を蹴るような力強いトラクション感が魅力。

スーパースポーツのスタイルとスポーティなハンドリングを調和させ、幅広い技量のライダーがサーキットにおいて「扱いきれて楽しめるスーパースポーツ」を感じられるよう開発されたモデル。

■新色:ホワイト「ブルーイッシュホワイトパール1」


以下、参考として継続色モデルを写真で表示。

■継続色:ブルー「ディープパープリッシュブルーメタリックC」

■継続色:ブラック「ヤマハブラック」


■販売データ

メーカー希望小売価格:105万4900円

発売:2023年2月28日

■YZF-R7 ABS主要諸元

全長/全幅/全高     2,070mm/705mm/1,160mm

シート高      835mm

軸間距離      1,395mm

最低地上高    135mm

車両重量      188kg

燃料消費率    国土交通省届出値 定地燃費値       41.6km/L(60km/h) 2名乗車時 WMTCモード値      24.6km/L(クラス3、サブクラス3-2) 1名乗車時

原動機種類    水冷4ストロークDOH4バルブ

気筒数配列    直列、2気筒

総排気量      688cm3

内径×行程    80.0mm×68.5mm

圧縮比        11.5:1

最高出力      54kW(73ps)/8,750rpm

最大トルク    67N・m(6.8kgf・m)/6,500rpm

始動方式      セルフ式

潤滑方式      ウェットサンプ

エンジンオイル容量   3.00L

燃料タンク容量              13L(無鉛レギュラーガソリン指定)

吸気・燃料装置/燃料供給方式 フューエルインジェクション

点火方式      TCI(トランジスタ式)

バッテリー容量/型式 12V、6.0Ah(10HR)/YTZ7S

1次減速比/2次減速比       1.925(77/40)/2.625(42/16)

クラッチ形式  湿式多板

変速装置/変速方式   常時噛合式6段/リターン式

変速比 1速:2.846 2速:2.125 3速:1.631 4速:1.300 5速:1.090 6速:0.964

フレーム形式  ダイヤモンド

キャスター/トレール 23°40′/90mm

タイヤサイズ(前/後)      120/70ZR17M/C (58W)(チューブレス)/180/55ZR17M/C (73W)(チューブレス)

制動装置形式(前/後)      油圧式ダブルディスクブレーキ/油圧式シングルディスクブレーキ

懸架方式(前/後)   テレスコピック/スイングアーム(リンク式)

ヘッドライトバルブ種類/ヘッドライト      LED / LED

乗車定員      2名

まとめ●モーサイ編集部 写真●ヤマハ

CONTACT

○ヤマハ発動機

https://www.yamaha-motor.co.jp/mc/

  1. “はじめてのツーリングに役立つノウハウ人気記事TOP5! バイク初心者の人はチェックしてみて!【脱! バイク初心者虎の巻/旅のノウハウ 編】

  2. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  3. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  4. スーパーカブ C125、起伏がある坂道にも強い!レンタルバイクで日本の原風景を旅するなら『スーパーカブ C125』がピッタリだと思う【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Super Cub C125(2022)】

  5. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

  6. ただの味わい系バイクじゃない。 新型『HAWK 11 (ホーク 11)』に感じる大型バイクの新境地【HAWK 11に、乗る /試乗インプレ・ファーストレビュー 前編 】

おすすめ記事

ダックス 125 ST125 ホンダ ホンダがダックス125や新型スーパーカブ110をモーターサイクルショーで初公開! 海外ではダックスのスペックも明らかに 【二輪車販売最前線】2019年上期の中大型車販売はカワサキがトップをキープ キャブ車の燃料コック、「ON」「OFF」「RES」はおなじみだけど、意外と知らない「PRI」って何だ!?
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP