雑ネタ

ルーメン、カンデラ、ルクスにケルビン「光の単位って何が違うの?」

W(ワット)だけでは分からないLEDライトの明るさ

クルマやバイクのヘッドライト、はたまたアウトドアで使う懐中電灯などの明るさの基準は、かつてはW(ワット)数を見れば十分でした。ハロゲンや白熱灯ではWが大きいほど明るいという単純な理解でよかったのです。

LEDが主流の昨今は違います。そもそも消費電力が小さくて済むのがLEDの特徴で、W数で明るさをイメージすることはできません。重要なのは、カタログに書かれた光の単位ですが、複数の単位が存在しており、なにがなんだかわからないという方も少なくないのでは?

ここでは、LEDヘッドライトやLEDランタンなどのカタログなどで使われる4つの光の単位「ルーメン」、「カンデラ」、「ルクス」、「ケルビン」について整理してみましょう。

ルーメンは「光束」光の総量

「ルーメン」を日本語で表記すると「光束」となります。これは光源から出ている光の総量を示す単位です。ルーメンが大きい方が明るいのは間違いありませんが、注意すべきはあくまで総量ということです。ルーメンが大きくても光が拡散しているようなケースではピンポイントで照らしたいところが明るいとは限りません。逆に、ランタンのような照明として使うのであればルーメンの大きさは重要となるでしょう。

カンデラは「光度」ピンポイントの明るさ

ピンポイントでの明るさを判断する基準となる単位が「カンデラ」で、日本語では「光度」と書きます。照らしている範囲において、一番明るい部分の明るさを示す単位と理解すればいいでしょう。メカニズム的には光を集める能力に左右される単位ですから、光源の能力というよりレンズの性能を示す単位ともいえます。ですから、カンデラが大きくてもルーメンでは小さいということもあり得ます。

ルクスは「照度」1平方メートルの光の量

人の感じる明るさにもっとも近い単位が「ルクス」でしょう。これは日本語では「照度」と書きますが、1平方メートルあたりの明るさを示す単位です。国際規格では、1ルーメンの光束を1平方メートルの面に照らした明るさが1ルクスになると定められています。当然ながら、この数値は光源から離れるほど暗くなります。そのためカタログなどでは、「1メートル離れているときに何ルクス」といった表記をすることが基本となっています。

ただし、ルクスは面で計測したときの明るさですから、ルクスが小さくても、カンデラは大きいということもあり得ます。いずれにしても、ひとつの単位が大きければ、他の単位も大きいとは限らないのが光の単位の難しいところです。

ケルビンは「色温度」大きいほど白くなる

また、明るいという感覚には光の色味も影響します。それを示す単位が「ケルビン」で、日本語では「色温度」と記します。カタログなどでは「K」という表記されていることが多い単位です。LEDでは概ね2000~8000Kの範囲の商品があり、数字が小さいほど赤味が強く、数字が大きくなると白っぽい光になります。

車両のヘッドライトに使うときには色温度が高いほうが明るく見える傾向があり、2005年12月31日以降に登録した車両の場合は白色灯しか使用が認められません。
一方で普通に照明器具として使う場合、ランタンなどでは色温度を低くしたほうがムーディでしょう。また最近では色温度を調整できる照明器具も少なくありません。

人が感じる明るさの感覚は微妙なものです。数値ばかりにこだわるのではなく、実際に試して好みの明るさを手に入れてほしいと思います。なお、ヘッドライトを交換する際には保安基準に適合しているかどうかの確認もお忘れなく!!

レポート●山本晋也 写真●モーサイ編集部 編集●モーサイ編集部・中牟田歩実

おすすめ記事

【NEWS】ワールドインポートツールズが本日再始動! フランスのバイクウエアブランド「IXON」が中上選手のトークショー&サイン会を開催! 普段使いもしやすいAlpinestars「FASTER-3 SHOE(ファスタースリーシューズ)」がデザインを一新、新色も登場
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP