雑ネタ

『GTO』元暴走族教師、鬼塚はなぜ市場価格300万の高額絶版車「カワサキ Z2」に乗っているのか

元暴走族の男、鬼塚英吉が名門学校に教師として赴任し、校内の問題を常識外れな方法で解決していく作品『GTO』。『週間少年マガジン』(講談社)で1997年〜2002年まで連載され、後にアニメ化と実写化もされました。

講談社刊『GTO』1巻(筆者私物・写真は講談社の許可を得て掲載しています)。

中でも実写化はその人気の高さから1998年の『GTOドラマスペシャル』、1999年の『劇場版GTO』、2012年〜2013年の『GTO』(リメイク版第1シリーズ)、2014年の『GTO』(リメイク版第2シリーズ)と複数回行われ、1998、99年版では俳優の反町隆史さん、2012年からのリメイク版では人気男性アイドルグループ「EXILE」のAKIRAさんがそれぞれ主人公の鬼塚を演じました。

鬼塚英吉の愛車はカワサキ Z2

そんな大人気漫画『GTO』の主人公・鬼塚は、生徒の危機にバイクで駆けつける姿が印象的。彼の愛車はなんとカワサキ Z2(750RS)だと作中で公言されています!

1973年登場のカワサキ Z2こと750RS。エンジンは746ccの空冷4ストローク並列4気筒DOHC2バルブで、最高出力は69馬力。

Z2といえば、1973年3月、900スーパー4(Z1)の国内版として発売されたカワサキの名車で、2021年現在では中古車価格が300万円を超えることも珍しくない超高額人気絶版車です。

そんな超高級車を事も無げに通勤で使う鬼塚、ただ者ではなさそうです。(正確には、彼は学校に住んでいるので、彼のZ2は普段は学校に駐めてあるのですが……)。

カワサキ Z2は暴走族向きのバイクではないような……

しかし、ここで引っかかる点があります。
「元暴走族」という設定の鬼塚ですが、Z2はあまり暴走族向けのバイクではありません。設定上、彼がヤンキー時代を過ごしたとされる1990年代の初期でも、人気絶版車としてZ2の市場価格(フルレストア車の場合)は既に高騰。高級車扱いされています。なので、無茶な乗り方をしたり、ブンブンとコールを切ったりするようなバイクではありませんでした。

それなのになぜ、彼は愛車としてZ2を選んだのか……。そう、彼にはこのZ2に乗らなければならない理由があったのです。

その理由を紐解くには、作中で明かされる彼の少年時代に遡る必要があります。この記事では、鬼塚と彼のZ2にまつわる壮絶な物語を見ていきましょう。

『GTO』はヤンキー漫画『湘南純愛組!』の続編として作られた物語

講談社刊『湘南純愛組!』1巻(筆者私物・写真は講談社の許可を得て掲載しています)。

実は、『GTO』という物語は『湘南純愛組!』という漫画の続編として作られています。
1994年〜1997年にかけて『週刊少年マガジン』で連載された『湘南純愛組!』は、同時代に連載されていた『特攻の拓』(1991年〜1997年・講談社)や『湘南爆走族』(1982年〜1987年・少年画報社)に並ぶ、バイクを扱ったヤンキー漫画の金字塔です。神奈川県の湘南地域を舞台にした、不良少年の青春と苦悩を描いたストーリーには、笑いあり、涙あり、時にはシリアスな展開もあります。

『湘南純愛組!』の舞台となっている湘南。

『湘南純愛組!』には主人公が2人います。1人は弾間龍二、そしてもうひとりが後に『GTO』の主人公となる鬼塚英吉です。
この2人は「鬼爆コンビ」と呼ばれます。彼らと、彼らと関わりのあった湘南地域最大の暴走族集団「暴走天使」(ミッドナイトエンジェル)のメンバーを中心にストーリーが展開されていきます。

※以下の文中には『湘南純愛組!』のネタバレが含まれます。

鬼塚のZ2は亡き師匠・真樹京介の形見

主人公の「鬼爆コンビ」と深い関わりのある「暴走天使」(ミッドナイトエンジェル)を立ち上げた初代総長は、真樹京介という人物でした。真樹はそのカリスマ性でヤンキーなら誰もが憧れる存在で、鬼塚も当然のように彼に憧れていました。

真樹は鬼塚にバイクのことや、仲間と走る楽しさを教えてくれたいわば「師」のような人物だったのです。真樹は物語開始時から既に亡くなっている故人ではありますが、続編『GTO』の時代でも、ゴーイングマイウェイな鬼塚が唯一頭の上がらない存在、彼の亡き師匠として大きな存在感を放っています。

そして『湘南純愛組!』の物語中盤以降、一度は消滅したはずの「暴走天使」(ミッドナイトエンジェル)が蘇ろうとします。総長が交代して以来、初代総長・真樹の目指した「走り屋集団」からかけ離れ危険な「武闘派暴走族」に変質していたこのチームが復活すれば、湘南は再び暴力が支配する地域になってしまいます。

鬼塚は亡き師匠、真樹の遺志のもと、これを止めるため奔走します。その途中、鬼塚は普段から自身のバイクをメンテナンスしてくれる板金屋の先輩に呼び止められます。実は、この先輩も初代暴走天使のメンバーでした。

先輩は鬼塚に「今のお前ならアレに乗る資格があるぜ」と告げます。

先輩は亡き真樹の愛車だった「紅蓮のZ2」を保管していたのです。しかし、真樹のカリスマ性の高さと伝説性ゆえに、このバイクを巡って様々な抗争が起きるため、長い間ひそかに眠らせていました。

こうして湘南の運命と亡き師匠の意思を乗せ、鬼塚にZ2が託されました。長い眠りから覚めたこのZ2は鬼塚にとって、真樹の形見となる特別な一台だったのです。

「派手な暴走族仕様」ではなく「公道レースを制するマシン」としてセッティングされたZ2

講談社刊『湘南純愛組!』の一場面、鬼塚の手に渡った頃のカワサキ Z2(筆者私物・写真は講談社の許可を得て掲載しています)

Z2と鬼塚の出会いを確認したところで、改めて鬼塚のZ2を見てみましょう。彼のZ2は純正の面影がないほどカスタムされています。セパレートハンドルからマフラー、ロングテール、スイングアーム、オイルクーラー……と挙げていったらキリがなくなってしまうので、劇中でも明確に述べられている特徴的なカスタムを2点ご紹介します。

ヨシムラのカムに、ワイセコのピストンで1105cc

ヨシムラのカムシャフト。

エンジンの上部にはカムシャフトと呼ばれる部品があります。鬼塚のZ2では、このカムシャフトをヨシムラが手がけたカスタム品に交換しています。ヨシムラと言えばマフラーで有名ですが、実はカムシャフトの製作メーカーとしても有名です。創業者ヨシムラの「神の手」(ゴッドハンド)とも呼ばれる加工技術は、本田宗一郎を唸らせたとも言われています。

ワイセコのピストン。

ワイセコとはアメリカのカスタムピストンを作る老舗です。ピストンとはエンジンの爆発を受けるお皿のような部品です。ピストンは主に鍛造、鋳造の2種類の製造方法があり、それぞれに特徴があります。

ワイセコは鍛造でありながら、鋳造のような熱に強いピストンに仕上げています。これによって、鋳造ピストンの特徴である軽量さと鍛造ピストンの頑丈さを併せ持ったピストンになるのです。

鬼塚のZ2では、純正のものよりさらに大型のピストンを組み込んでいます。海外仕様だったZ1を、国内の排気量企画に適合するためにパワーダウンすることで生まれたZ2ですが、このカスタムによってベース車両のZ1を遥かに凌ぐ排気量にパワーアップします。
ただ、排気量が大きくなったので、その分多くの燃料をエンジンに送らなければなりません。そこで使われるのがミクニの4気筒キャブレターです。

ミクニのTM40に、ダイレクトエアー設定

ミクニの4気筒キャブレター(画像はTM40 ではなくTM38 )。

ミクニとは、古くからキャブレターなどの燃料系の部品を作っているメーカーで、TM40とはそのミクニが販売しているレース用のキャブレターのひとつです。
しかも、鬼塚のZ2では純正の口径よりも大口径のものを取り付けています。これによって、より多くの混合気をエンジンに送り込めるようになります。

ダイレクトエアーとは、エアクリーナーを付けない設定です。
一般的に、バイクは空気を取り込んだ際、ゴミが入らないようにエアクリーナーを装備しています。ですが、レースなどの爆発的な量の空気を消費するような状況では、空気の流入をエアクリーナーが遮ってしまいます。なので、直接空気を吸い込むことで、多くの空気を吸えるようになります。しかし、このカスタムには短所があり、それはその分頻繁なメンテナンスが必須になることです。

つまりこれらのカスタムは、それぞれの分野に特化したメーカーのパーツを、惜しげも無く組み込みんだものです。これより、超高回転型──つまり、エンジンを回し続けることで真価を発揮する一台に仕上がりました。それでも、全開走行が可能なのは10分までとされ、作中では、それ以上の全開走行はエンジンが焼き付くと忠告されています。

実は、このカスタムはモデルがありました。80年代のAMAスーパーバイク選手権で活躍していたZ1の定番チューニングです。

カワサキ ZZ-R1100(1990年登場)。エンジンは1052ccの水冷4ストローク並列4気筒DOHC4バルブで、最高出力は147馬力。

改めて仕様を確認してみると鬼塚のZ2 に施されているのは完全な「レース仕様カスタム」です。もともと真樹が目指していたのは「暴走族」ではなく、純粋に走りを追求する「走り屋集団」だったことを考えれば、このカスタムも、Z2という車両選択もうなずけるものだと言えるでしょう。
ちなみにこのZ2は作中で行われたカワサキ ZZ-R1100ターボとの決闘のため、時速300キロ近くを出せるセッティングになっているそうです! あまり現実的ではありませんが……まあフィクションということで(笑)。

続編『GTO』では主人公・鬼塚とともに、Z2も落ち着いた仕様になった

これほどカスタムされていたZ2ですが、舞台を東京に移した続編『GTO』では何点か変更が見られる点があります。
端的に言うと、かなり落ち着いた仕様になっているんです。

講談社刊『GTO』の一場面、カスタム内容に変更のあった後のZ2(筆者私物・写真は講談社の許可を得て掲載しています) 。

パッと見では変化に気が付きにくいかもしれませんが、特徴的なのはマフラーが(前のマフラー)から物語中盤でヨシムラのショート管に変更されている点です。生徒からナナハンと言われるも、900ccと話していることから、ある程度排気量を落としています。外装に関してはハンドル、ウィンカー、テールカウルが純正に戻されています。また、マフラーも突き上げたロングタイプから、通常の社外マフラーに変わっています。
これによってオリジナルのZ2に近い印象となっています。

講談社刊『GTO』の一場面、タンデムシートに生徒を乗せて首都高速を時速200km以上で爆走する鬼塚と彼のZ2(筆者私物・写真は講談社の許可を得て掲載しています)。

上京にあたり、通勤など普段乗りに使いやすい仕様に変更したのだと思われます。『湘南純愛組!』時代と比べれば落ち着いた仕様となった『GTO』のZ2……ではありますが、ときにはタンデムシートに生徒を乗せて首都高速を200km/h以上で爆走するシーンも。もちろん警察の追尾つき。みなさんは絶対に真似しないようにしましょう。

師匠のZ2は鬼塚英吉のプライド

バリバリの公道レース仕様だった真樹のZ2から乗り手が変わり、『GTO』では通勤の足としても使える(?)鬼塚仕様のZ2へと変化をとげました。しかし、鬼塚にとってこのバイクはいつまでも「師匠・真樹さん」の形見であり、彼のプライドを表すものなのです。鬼塚先生は今日も生徒のために、このZ2をどこかでかっ飛ばしているかもしれませんね。

レポート●だるま(塚本) 編集●モーサイ編集部・中牟田 写真●だるま(塚本)/モーサイ編集部

2021年2月25日追記:誤った記述等ありましたので、修正・加筆を行いました。

おすすめ記事

【NEW ITEMS】カジュアルなのにバイク用!? クシタニからライディング用パンツが登場!! あのマイケル・ジャクソンが超絶ダンス! CMに海外のスーパースターが出ていたバイク5選 トライアンフモーターサイクルズジャパンが過去最高の年間登録台数を達成
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP