雑ネタ

「バイクすげえ!!!!!」 女の子が初めてスーパーカブに乗った反応が、あまりにも“バイク乗りあるある”でわかりみが深い件www

“バイクって楽しい!”という思いを、これほどまでド直球に表現した感想を見たことがあるでしょうか……。
ある日編集部員がTwitterを眺めていると、「初めて乗ったバイクの楽しさ」を端的に表現したツイートを発見。バイク乗りならば思わず「わかる……ヒジョーにわかる」と頷きたくなるような内容ですのでご紹介しましょう。

今回ご紹介するのはTwitterユーザーのSIVA(@sivaprod)さんが「初めてオートバイというものに乗った下の姪氏」というツイートとともにアップした、一番下の姪っ子さんが初めてホンダ・スーパーカブに乗った時のテンションアゲアゲな報告LINEのスクリーンショットです。

SIVA(@sivaprod)さんがツイートした画像。初めて乗ったバイクの衝撃が、マシンガンのようなコメントに表れてます。

SIVAさんに下の姪っ子さんが送ったLINEコメントは、
「カブ楽しい!!!!!」「たのしい!!!!」「明日楽しみ!、!!!」「カブすごい!!!!!」「遠出したい!!!!!!」「めっちゃすげえ!!!」
と、初めてバイクに乗ったテンアゲの感想が矢継ぎ早に送られてきているのがわかります。
姪っ子さーん、ちょっと落ち着いて〜っ!

ツイートされたLINE画面のスクリーンショットだけでも、わずか2分の間に13回もハイテンションコメントが書かれています。姪っ子さんがスーパーカブでどれだけの感動を覚えたのかがバリッバリに伝わってきますね。

世界で最も販売されたバイクであるスーパーカブシリーズ。派生車種を含め、現在も多くのモデルが世界中で活躍している。写真は現行型スーパーカブ50。

Twitterユーザーからも「ワクワクが止まらない感、すごくわかる!」や「とりあえずカブがすごくて楽しいのが伝わってくる」などの共感コメントが寄せられています。
バイクの原体験って、やっぱりスゴいものなんですよねぇ。

きょうだい3人でカブを乗り継ぐ

SIVAさん行きつけのバイク屋さんへショートツーリングした際の1枚。左が姪っ子さんのスーパーカブ、右がSIVAさんの愛車であるリトルカブ。

姪っ子さんがバイクに興味を持ったのは、SIVAさんがバイクに乗る姿に憧れたのが最初なのだとか。
その後、SIVAさんと姪っ子さんがドライブしていた際、道の駅でヤマハ・セローに乗る女性ライダーと偶然出会い、その女性ライダーの颯爽とした姿に感動したことがバイクに乗るきっかけとなったそうです。

2020年に35年の歴史に幕を下ろしたヤマハ・セロー。姪っ子さんは女性ライダーさんのセローに跨がらせてもらったことが「バイクに乗る」モチベーションになったそうです。写真はセロー ファイナルエディション。

ちなみに姪っ子さんの乗るスーパーカブは、SIVAさんが甥っ子さん(つまり姪っ子さんのお兄さん)に大学入学祝いにプレゼントしたものだそう。
その後姪っ子さんのお姉さんが乗り、今回姪っ子さんへと受け継がれたバイクなのだとか。もしかしたらご兄弟がカブに乗る姿も、バイクに乗りたいというきっかけだったのかもしれません。

姪っ子さんはSIVAさんと一緒に走行しながらカブの基本操作を教えてもらい、つい先日、隣県のおばあさんの自宅まで遠出をしたそうです。きっと楽しいツーリングになったことでしょう。

ゆくゆくはセローに乗りたいという姪っ子さん。これからも事故に気を付けながら、心ゆくまでバイクライフを楽しんでほしいですね。

text:モーサイWEB編集部・日暮/画像提供:SIVAさん

おすすめ記事

ハーレーダビッドソン スポーツスターの乗り換え保証プログラム「購入時の本体価格と同価格で下取り」を実施 今年の2りんかん祭りEastはコロナウイルス感染拡大防止のため開催を中止 【2020 RIDING GEAR AWORD】システムヘルメット部門:YJ-21ゼニス グラフィックはオールラウンド性がNO.1
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP