雑ネタ

さんまがビジュアル系コスプレ? CMで大物男性芸能人の恥ずかしい映像もあったバブル期のスクーター6選

大ブームだった50ccスクーターのCMを振り返る

今から30年以上前、1980年代中盤から1990年代前半のいわゆるバブル経済期には、バイクの売り上げも絶好調でした。
特に、50ccスクーターは、レジャー目的だけでなく、通勤や通学、買い物など様々な用途に使われるようになり、若い層はもちろん、ビジネスマンから主婦など幅広いユーザー層に使われることで一大ブームに。特に、ホンダとヤマハによる熾烈な販売合戦は「HY戦争」と呼ばれる事態にまで発展、スズキも次々と新型スクーターを発売するなど、50ccスクーターは大活況の時代でした。

そんなバブル期、50ccスクーターのテレビCMやカタログなどには、多くの有名芸能人やスポーツ選手などが起用されていました。現在は「大物」と呼ばれている有名人たちも多く、中には今見るとちょっと恥ずかしい(?)とポーズをとったり、奇抜な衣装などで登場している人たちもいます。

ここでは、それらの中でも、特に男性の大物芸能人などが登場したものをピックアップ。どんなスクーターのCMにでていたのかを紹介しましょう。

スズキ・ハイ(1985年)×明石家さんま

1985年登場のスズキ ハイ。

「ハイパースクーター」というキャッチフレーズで、1985年に発売されたのがスズキ・ハイ(Hi)です。排気量49ccの空冷2ストローク単気筒エンジンは、最高出力6.5psを発揮。軽量なボディと俊敏な走りが魅力で、当時人気があったスクーターレースのベース車としても大人気に。
パーソンズやウォルター・ウルフといった当時の人気ブランドとのコラボカラー車や、エアロフェンダーなどを装備したレーシーなスタイルの「ハイ-R」なども登場しました。

そんなハイの宣伝キャラクターには、お笑い芸人の明石家さんまさん(1955年~)が起用されました。当時30歳代前半のさんまさん、CMではツンツンに髪を立たせ、パープル系のカラフルで肩幅が広いスーツと、縦縞のパンツといった出で立ちで登場。まるでビジュアル系ミュージシャンのようなコスプレです。
このヘアスタイルや衣装は、当時の大人気お笑いテレビ番組「オレたちひょうきん族」で、さんまささんと島田紳助さんがコラボした曲「い・け・な・いお化粧マジック」を歌う時のスタイルを彷彿とさせます。

当時を知らない人に説明しましょう。
「い・け・な・いお化粧マジック」は、ロックシンガーの忌野清志郎さんと今では世界的な音楽家として知られる坂本龍一さんの2人が歌い大ヒットした「い・け・な・いルージュマジック」のパロディです。忌野さんと坂本さんは、その曲で当時の男性ミュージシャンとしては珍しい、顔にお化粧をした姿でテレビなどに出演し、大きな話題になりました。
さんまさんと島田さんは、その「ルージュマジック」スタイルを真似て、濃いめのメイクや派手な衣装に、「お化粧マジック」というオリジナル曲まで作ってギャグをやり、こちらも当時(便乗とはいえ)大人気となりました。

ハイのテレビCMに出ていたさんまさんは、さすがに顔に派手なメイクまではしていませんでしたが、ヘアスタイルや衣装は島田さんとの「い・け・な・いお化粧マジック」を連想させます(あくまで筆者の個人的イメージですが)。
2パターンあるCMのうちの1バージョンでは、実際にギターも持って登場しますから、ある程度その辺りを意識して作られたのではないでしょうか。
ともあれ、大物芸能人となった今では決してやらないのでは?と思えるコスプレ姿は、とても貴重だといえるでしょう。

ホンダ・スカッシュ(1981年)×タモリ

1981年登場のホンダ・スカッシュ(スタンダード)。

1981年にホンダが発売したスカッシュのテレビCMには、やはりお笑い界の大物タモリさん(1945年~)が登場しています。

スカッシュは、全長1280mm、シート高653mmというスモールサイズの50ccスクーター。コンパクトなボディながら、ゆったりとしたフロアスペースや乗り心地を重視した大型シートを採用。同時期に発売されたモトコンポと同様に、折りたたみ式ハンドルを採用したタイプもあり、軽い車体(車両重量49kg)などと相まってクルマにも積載可能であることもセールスポイントでした。

上級グレードのスカッシュ デラックス(「上級」といってもセルが付くくらいですが……)。
折りたたみ式ハンドル仕様のスカッシュ。ハンドル付け根にロック機構のダイヤルがあるのが違いです。

また、街乗りはもちろん、クルマに積んでアウトドアでも気軽に乗れることから、『僕らのスニーカー。おもしろスクーター・スカッシュ。』というキャッチコピーを使っていました。

今思い出すとちょっと笑えるのが、テレビCM内で話すタモリさんの「これからの時代は、こういった風のスクーターを乗るヤングがナウくなるんですね」というセリフ。

「ヤング」(若者という意味)や「ナウい」(新しいや流行するといった意味)などの言葉は、当時は当たり前に使っていましたが、今となっては死語。時代を感じさせます。

また、CMのラストには、タモリさんが、おねえ言葉風のイントネーションで「こういった風ぅ~」としゃべりながら、腰をくねらせバイクに乗るシーンもあります。今では大物司会者として知られているタモリさんですが、当時はまだ30歳代半ばでお笑い芸人としてギャグを連発していた時代。
タモリさんのお笑い芸人としてのこうした一面も、今ではあまり見られなくなり、ちょっと寂しい気がします。

スズキ・アドレス50(1987年)×本木雅弘

1987年に登場したスズキ アドレス50。

1987年に登場して以来、現在も後継モデルが販売され続けているロングセラー車がスズキのアドレス50。その初代モデルのCMキャラクターは、本木雅弘さん(1965年~)でした。

アドレス50の初代モデルは、現在の4ストロークエンジン搭載車(アドレスV50)と違い、排気量49ccの2ストローク単気筒を搭載。最高出力7psという当時としては高い走行性能と、スズキでは初のシート下にヘルメット収納スペース(いわゆるメットインスペース)を確保し、高い実用性も実現。
当時のスズキ製50ccスクーターのラインアップ中でも、上級モデルとして位置付けられていた車種でした。

そのテレビCMに起用されたのが、当時20歳代前半の「もっくん」こと本木雅弘さん。ジャニーズ事務所所属の3人組アイドルグループ「シブがき隊」(1988年に解散)の元メンバーで、現在は主にドラマや映画などで活躍する有名俳優です。

テレビCMで、本木さんはジージャン風のジャケットを着てアドレスで街中を走った後、目的地に到着。その後、ヘルメットをシート下収納スペースに入れるシーンがアップで流された後、本木さんはスタイリッシュなスーツ姿に変身。被っていたダンディなソフトハットを右手で脱いで持ち、そのままスマートにクルリと回りながらおしゃれな街角に消えていくという、まさに当時のアイドルならではの演技を披露。最後は本木さんが「僕らのアドレス」というキャッチコピーを語りエンディングです。

アイドル全盛時代の本木さんと、当時の若者に大きな支持を得ていた初代アドレス50のコラボレーション。こういった豪華マッチングも、また見てみたいものですね。

次ページ:日本を熱狂させた「Jリーグ」ブームの影響も

◎次のページへ

1

2

おすすめ記事

大型連休にいってみたいツーリングルート!蔵王エコーライン編 2020年モデル 新型KTM 1290スーパーデュークR試乗 「過激かつ扱いやすい180馬力」という二面性! 初心者やリターンを目指す人に最適なスクールが若者向けレッスンを実施
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

  1. BMW R18
  1. BMW R18
PAGE TOP