雑ネタ

80年代当時に原先生が参考にしたかも!?『北斗の拳』に登場するバイクのモチーフを考察してみた

1983年に『週刊少年ジャンプ』(集英社)にて連載を開始した漫画作品『北斗の拳』。
核戦争により文明と秩序が失われた199X年、文明社会は消え去り、暴力が支配する世界で、一子相伝の暗殺拳「北斗神拳」の伝承者であるケンシロウが乱世を救うヒーローとして成長していくストーリーです。

「ひでぶ」「あべし」といった敵キャラの悲鳴、「お前はもう死んでいる」というケンシロウの決めゼリフなど斬新な表現が注目を浴びたほか、1984年からはアニメ化もされ今日まで広く人気を博している……というのは説明不要かもしれませんね。

そんな『北斗の拳』の世界では、移動手段としてバイクが活用されており、ケンシロウを含む主要な登場人物もバイクに乗っています。
モヒカンヘッドの悪党たちがバイクで迫ってくるシーンがあまりにも有名すぎて、ゴテゴテしたトンデモバイクばかりと思いきや、主要な登場人物が乗っているバイクは意外に皆さんが知っているバイクに近いものも! 

そこにはある共通点が。
どれも1983年以前に登場していたバイクに似ている……つまり、作画を担当した原 哲夫先生が参考にしていたのかもしれないのです。
というわけで、当記事ではケンシロウ、ジャギ、バットといった主要登場人物のバイクとそのモチーフ車両について考えてみました。


BMW K100RS(ケンシロウ)

1983年に登場したBMW K100RS(2バルブ)。エンジンは987ccの水冷4ストロークDOHC2バルブ直列4気筒。

第1部「執念の炎の巻」にて、主人公・ケンシロウがユリアを抱え新天地を目指し旅立とうとする場面があるのですが、サイドカー付きのバイクが一緒に描かれています。

車両自体は大きく描かれていないものの、四角いヘッドライトが組み込まれたスラント形状のカウル、ハンドルやシートの形状はBMW K100RS(2バルブ時代)と非常に似ています。 

なお、漫画ではこのシーン以外ケンシロウがバイクに乗る場面はありませんが、最愛の人であるユリアとのみケンシロウはバイクに乗るのかもしれませんね。

ヤマハ XV750 スペシャル(ジャギ)

1981年に登場したXV750スペシャル。エンジンは748ccの空冷4ストロークOHC2バルブV型2気筒。

『北斗の拳』で強烈な印象を残したキャラクターと言えば、第1部「凶悪なるまなざし!の巻」にて登場したジャギを挙げる人も多いのではないでしょうか。
常にヘルメットを被っていて、肩にトゲがあるパンクな服装という威圧感ある見た目、そして「俺の名を言ってみろ」というセリフでおなじみの彼です。

最後はケンシロウに破れ、二人の兄が生存していることを告げた後、秘孔を突かれ爆死(?)してしまいますが、そんなジャギが乗るバイクはいかにもなアメリカンバイク。
丸みを帯びたボリューム感あるタンク、スポークの細いキャストホイール、そして何より存在感あるVツインエンジンが1981年登場のXV750スペシャルを彷彿させます。

ただ、ジャギのバイクにはエンジン前方にラジエターのようなものが付いているのですが、XV750スペシャルは空冷エンジン。
怪しい巨大なインボードディスクブレーキと一緒に、大型オイルクーラーを後付けカスタムしたんじゃないかな、きっと……。

ホンダ CBX1000(ジャドウ)

1978年に海外向け輸出専用車として発売されたホンダCBX1000。エンジンは1047ccの空冷4ストロークDOHC4バルブ並列6気筒。

ケンシロウの宿敵・ラオウが率いる組織「拳王軍」メンバーの1人・ジャドウは、第2部「栄光ある敗者!の巻」に登場したキャラクターです。
ケンシロウの3倍近い身長を誇り、巨大な体に合わせた改造バイクにまたがった姿は多くの読者を驚愕させました。なんせ、バイクのタイヤだけでもケンシロウの背丈ほどあるんですよ……。

さすがに、そんな大きさのバイクは現実世界には存在しません(笑)
しかし、フレームから張り出さんばかりの大きなエンジン、後ろに向かって跳ね上がるようなテールカウルなど、デザイン自体は巨大な6気筒エンジンを搭載したホンダCBX1000によく似ています。
エンジンから出ているエキゾーストパイプも、6本くらいあるように見えますし(エキゾーストパイプ全本数を正確に把握できるコマはないのが残念……)。

ホンダ ゴールドウイング GL1100 インターステート(バット)

1980年に登場したホンダ GL1100ゴールドウイング インターステート。エンジンは1085ccの水冷4ストロークOHC2バルブ水平対向4気筒。

ケンシロウの初登場時(第1話)に立ち寄った村で出会った少女リンと少年バット。
第2部に入ると、リンは美しい女性に、バットはたくましい青年へと成長していきます。そして、ヤンチャ坊主だったバットもバイクを乗りこなすように!

バットが乗るバイクは、角張った大型のカウル、ゆったりとした段付きシート、パニアケースが付いているのがパッと見の特徴ですが、バイク好きなら足下に張り出した水平対向エンジンに注目。
そしてエンジンから車体後方へ真っ直ぐ伸びたマフラーとくれば、これはもうゴールドウイング インターステートにしか見えない!


もし、ケンシロウ、ジャギ、ジャドウ、バットのバイクを再現して乗っみたい場合には上記車種をぜひご参考に!?

「いや、再現って言ったって難しいでしょ」と思った方もいるかもしれませんが、『北斗の拳』のジャギを愛するばかにり、服装からバイクまで再現してしまった人が実際にいるんです。

ヘルメットからウエアからバイクまでジャギを再現!

その人とは、ジャギの服装をしながら茨城県内をツーリングしている「JUNK 茨ジャギ」さん。
繊細に作られたウエアやヘルメット、カスタムされたバイクは漫画の世界から飛び出てきたような再現度です!
バイクにドラムを乗せて、ツーリング先で『北斗の拳』の曲を奏でるという特技も持っていることもあり、TwitterなどSNSで話題にもなりました。

元々コスプレに興味はあったそうですが、まず先に手がけたのはバイクのほう。DIYが好きで、2015年ごろから自己流にカスタムしていったそうです。
そして、偶然着ていたウエアやヘルメットが「ジャギに似ている」と友人に言われたのをきっかけに、2019年ごろからジャギの衣装も作るようになったのだとか。


『北斗の拳』作中では、ヒャッハーと奇声を上げる荒くれ者どもが襲ってきたり、容赦なくガソリンを奪いに来たりしますが、現実世界でまずそんなことは起きません。
JUNK茨ジャギさんのように、好きなキャラクターをイメージしたバイクを作っても安心して走らせることができるはずです!?

なお余談ですが、筆者が好きなキャラクターはシュウとジュウザです。
どちらも生き様がカッコよく、特にジュウザの「雲のような生き方」は尊敬してしまいます!

まとめ●モーサイ編集部・小泉 写真●八重洲出版/JUNK茨ジャギさん

おすすめ記事

まさに「原チャリ大戦争」!! 1980年代に巻き起こった百花繚乱の50ccスクーターヒストリー【1985-1987年編】 キタコから、モンキー125、スーパーカブC125、グロム用ECUエラーチェックツールセットが登場 クシタニ・アドーネシューズ 2020年モデルは新しい配色とつま先の型押しマークが特徴!
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

  1. VT250
PAGE TOP