雑ネタ

「オートバイ」では通じない!? 日本と海外で全く違う「バイク」の呼び方や語源

バイクの語源や欧米での呼び方を紹介

日本では、一般的にエンジン付き2輪車のことを「バイク」と呼んでいますが、実は世界的には全く違う呼び方がされています。ここでは、バイクの語源から世界ではどういった呼ばれ方をされているかご紹介します。

車輪が2つなので「バイク」

前後にタイヤ(車輪)があって、その中間にエンジンがある乗り物を我々日本では「バイク=二輪車」と呼んでいます。
バイクは英語でBikeですが、「bi」はラテン語で2を意味する言葉で、車輪が2つあることからそう呼ばれています。
なお、バイクは車輪が前後に縦に並んでいる乗り物を指すため、横並びの物(セグウェイなど)も2輪車ですが、なぜかバイク=Bikeとは呼びません。

英語では「モーターサイクル」が基本

英語圏では、バイクは「自転車(Bicycle)」を意味することが多く、エンジンが付いた2輪車のことは「モーターサイクル(Motorcycle)」と呼ばれます。

欧米でエンジンのことをモーターと言いますから、エンジン付き自転車という意味ですね。余談ですが、かつて欧米では、大昔にバイクのことを「モーターバイク(Motorbike)」、「オートバイク(Autobike)」と呼んでいた時代もありました。

それでも、ライダー同士であれば、アメリカでもイギリスでも「バイク」で通じます。ですが、一般の人に説明したりするときは「モーターサイクル」でないと通じません。
もうお気付きのように「オートバイ=Autoby」は、前述の「オートバイク(Autobike)」から生まれた造語(和製英語)で、外国人には全く通じません。

Moto GPなどでおなじみの「モト(Moto)」は、フランス語でバイクを指す言葉。英語圏の中でもフランス語圏、イタリア語圏、スペイン語圏で通じます。

3輪やスクーターも「バイク」の仲間

前2輪の大型スポーツ車「ヤマハ ナイケン」。845ccの水冷並列3気筒エンジンを搭載する

バイクから生まれたスクーターや、3輪の車両もバイクの仲間です。
スクーターには2輪ではなく3輪仕様もありますが、前2輪+後1輪のヤマハ・トリシティをはじめ、前1輪+後2輪のホンダ・ジャイロなども、いわゆる「バイク」に分類されます。
また、今日ではマニュアルミッションを搭載したヤマハ・ナイケンのような3輪の大型スポーツ車も登場していますが、こちらも「バイク」の仲間とされています。

宅配などでおなじみ、後ろ2輪の原付スクーター「ホンダ ジャイロキャノピー」

「バイク」と見なされる乗り物の駆動輪は、ほとんどのタイプが後輪です(実験車、軍用車などでは前後輪駆動=2輪駆動もありますが)。
特に動力の種類によって「バイク」であるかどうかは問われませんが、現状ガソリンエンジンが主流です(極一部に、軽油を使うディーゼルエンジン車もあります)。

最近は、エンジンの代わりに電動モーターを駆動力にし、充電式電池(バッテリー)を積んだ電動スクーターも出てきましたよね。今後は、もっと大きな電動バイクも登場するでしょう。現在、ハーレーダビッドソンやカワサキなど各メーカーが試作車を発表しています。
また、クルマのようにエンジン+モーターを動力とするハイブリッドバイク(ホンダ PCXハイブリッド)も存在します。

量産二輪車としては世界初となるハイブリッドのバイク「ホンダ PCXハイブリッド」。125ccエンジンにモーターを組み合わせる

バイクの種類は徐々に多様化してきていますが、何らかの動力で動く「2輪車」=「バイク」という基本概念は、今後も変わらないと思われます。

レポート●石橋知也 編集●平塚直樹 写真●ホンダ/ヤマハ/ハーレーダビッドソン

おすすめ記事

ミッドランドのバイク通信用アプリ、BTトークがバージョンアップ 【試乗速報】BMW F900R & F900XR 「プラス40ccの余裕」で高速性能と上質さがアップ めっちゃ暖かい!クシタニアキュートジャケット『モニターレポート』1/2
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP