雑ネタ

悪条件でも実測リッター43.1km!! 話題のホンダADV150は燃費もスゴいやつだった

良く走るPCXベースだからこそ気になる、ADV150の燃費

アドベンチャーモデルのデザインを注入した150ccスクーター、ホンダADV150。2月14日の発売日時点で、年間販売計画台数3000台を上回る販売店受注4000台を獲得した注目のニューモデルだが、同車は燃費の良さや、使い勝手の良さで定評あるPCX 150をベースに開発されている。
(ただし、まったく異なるテイストでまとめあげられたデザイン同様、走りもPCXと異なるキャラクターとするため、ADV150の約90%は新規開発となったという)

エンジンについてはPCX同様に、燃費・耐久性・加速力に優れる149cc水冷単気筒OHC2バルブの「eSP」(enhanced Smart Power)ユニットを用いている。
PCXに比べ、ADV150は低中速域重視のセッティングとされているが、燃費の良さは変わらないのだろうか? というわけで、早速モーサイ編集部では実測テストを行った。

吸排気系を変更し、PCX 150より低~中速トルクを向上させたADV150の「eSP」エンジン

駆動系も低~中回転域でダイレクトな反応する加速特性とするためPCX 150から変更されている

 

アイドリングストップONで、街中50%、高速50%を走った

日常のアシとして活用できるADV150だけに、テストは編集スタッフの通勤路を用いた。神奈川の自宅から東京のオフィスまでの片道約20kmで、行きを国道246号など混雑した幹線道路、帰りを首都高速とし、走行配分は一般道50:高速50とした。なお、アイドリングストップは常時ONとした。
(首都圏在住ならご存じの人も多いと思うが、国道246号は通勤時間帯は凄まじい混雑となり、燃費には非常に厳しい道である……)
小排気量車だけに積載容量の影響も少なくないので、そのあたりの情報も付記しておきたい。ライダーの体重は58kgと軽めだが、ノートパソコンなど仕事道具を詰めたリュック約3kgを常に背負って走った。

給油口はセンタートンネルの中央部に。カバーの開閉はハンドル下のスイッチで行えるので、バイクを降りることなく、またがったままの給油も可能だ

給油口の上端部には目印となる金属の棒がある。車体を直立させた状態で、この棒がちょうど浸るのを「満タン」とした

ADV150の推定航続距離は約340kmに達する

警告灯がついてから入れた実際の給油量。なおADV150の燃料はレギュラーだ

燃料警告灯の最後の1目盛りが警告のため点滅したのはトリップメーターが292kmを超えたあたりだった。というわけで最寄りのガソリンスタンドを見つけて給油をしてみると、294.6kmで6.83L。実測燃費はリッター43.1kmとなった。燃料タンク容量は8.0Lなので、警告灯が点滅しても約50km近くは走れる計算だ。

ちなみにカタログ燃費は、2名乗車での60km/h定地燃費がリッター54.5km、1名乗車でのWMTCモード値(クラス2-1)リッター44.1km。ストップ&ゴーが超頻発する一般道を走り、高速ではほぼ全開状態が続くという今回燃費にはかなり悪条件だったはずだが、カタログのWMTCモード値とほぼ同等。かなりの好燃費と言えるのではないだろうか。
また燃料タンクが8Lあることから、推定航続距離は約344km。信号のない郊外の田舎道を走り続けるなどしたら、満タンで350km超えも不可能ではなさそうだ。これだけの航続距離があれば、街乗りだけでなく、ツーリングユースにもバッチリ使えるだろう。

WMTCモード値の解説は本題からちょっと離れてしまうので、コチラをご参照ください。
http://www.jama.or.jp/motorcycle/WMTC/WMTC.pdf

満タンにしてから292kmを超えたあたりで、最後の1目盛りが点滅しだした(もちろんバイクを停めて撮影しています)

メーターには平均燃費計もついており、それが示した値はリッター43.5km。ほぼ実測値と同じだった(写真は給油後なので目盛りは満タンになっている。夜間にスマホで撮影したのであまりキレイでなくて申し訳ありません)

メーターには瞬間燃費計もついている。矢印の一見バーグラフ式回転計に見えるのがそれ

ホンダADV150諸元

[エンジン・性能]
種類:水冷4ストロークOHC単気筒 ボア・ストローク:57.3mm×57.9mm 最高出力:11kW<15PS>/8500rpm 最大トルク:14Nm<1.4kgm>/6500rpm 変速機:無段変速式
[寸法・重量]
全長:1960 全幅:760 全高:1150 ホイールベース:1325 シート高:795(各mm) タイヤサイズ:F110/80-14 R130/70-13 車両重量:134kg 燃料タンク容量:8L
[価格]
45万1000円(税込)

問い合わせ●ホンダお客様相談センター
TEL 0120-086819
https://www.honda.co.jp/motor/

まとめ●モーサイ編集部・上野 写真●モーサイ編集部/ホンダ

おすすめ記事

【今からでも遅くない雨の日対策1】まずは基礎知識を学べ! 防水グッズQ&A ゴールドウイング ゴールドウイングツアー フラッグシップツアラー、ゴールドウイングが商品力をアップ 【EVENT REPORT】商店街がカブ色に染まる!? 富士カブミーティング2019 PCXユーザーはADV150に乗り換えたくなるのか? ターゲットドンピシャのライダーが試乗して考えてみた 最新電動スクーターってどんな乗り味? XEAM  REET S/niu M+を試乗インプレ! 【ラビットvsシルバーピジョン 国産スクーター戦後開発史7】歴史の荒波に消えたスクーターたち(1964〜1968年)
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

  1. Z650 ザッパー
Z650 ザッパー
PAGE TOP