雑ネタ

100年前から使われていた? 知られざる「郵便バイク」の歴史

新聞配達や蕎麦屋の出前、白バイ、赤バイ(※消防用二輪車)、自衛隊車など……働くバイクはたくさんあるが、中でも一番身近なのが郵政バイク。真っ赤なボディに大きなリヤボックス&集配カバンを装備したその姿は、街中でもよく見かけると思う。
また郵政バイクと言えば、2020年1月からは(一部地域で)電動バイクの導入が始まるなど、新たな歴史が刻まれたが、実は100年近いヒストリーがあることをご存知だろうか?

戦前からバイクが使われていた?

「この年から」というちゃんとしたデータはないが、遅くとも1930年代ごろには郵便配達にバイクが使われていた(1910〜20年代からとする説もある)。正確には「バイクがベースの三輪車」と「補助エンジンを搭載した自転車」なのだが。
三輪車は大型バイクの後ろ半分に台車をくっつけたもので、それまで馬に引かせていた荷車を流用したためだと思われる。
おそらく配達よりも集荷業務のほうで活躍したのではないだろうか?

郵政博物館に展示されていた3輪車の模型。タンクにはハーレー・ダビッドソンの文字が踊る。資料協力:郵政博物館

また補助エンジンを搭載した自転車(自転車バイク)は写真電報の配達のために使用されていた様子(残念ながらどこのメーカーのどんなエンジンを積んでいたかの資料はなかった)。

写真電報配達用自動二輪車。一見すると自転車の様だが、よく見ると車体中央にエキパイのようなものが見える。写真提供:郵政博物館

国産初の郵政バイクはラビットスクーター!(多分)

第二次大戦終結後は、平和産業へと方針変換した中島飛行機、改め富士産業(後の富士重工業で、現在のスバル)のラビットスクーターが郵政バイクとして採用されている。

鶴見郵便局へ配備されたラビットスクーター。
写真は不鮮明だが、ヘッドライトの形状より、ラビットS-23(135cc)と思われる。写真提供:郵政博物館

「ラビットスクーターの初代モデル、S-1(1946年、135cc)のころから郵便配達に使用されていた」という話もあるが、真偽のほどは定かではない。
ただし、S-23(135cc)の郵政仕様車の存在は確認しているので、遅くとも同車の発売された1950年には郵政バイクとして採用されていたのだろう。

【2020年3月4日追記】
また、郵政博物館から寄せられた情報により、1948年ごろに三菱重工のシルバーピジョン・C-10(あるいはC-12)の郵政仕様車の存在も確認された。C-10の生産年度(1946〜)を加味するとラビットスクーターとほぼ同時期に同車の車両も使用されていたのかも知れない。

横須賀局管内(当時)で撮影された集配風景。車両はおそらくラビットS601(200cc)。写真提供:郵政博物館

また、最後のラビットスクーターであるS211(1966年、90cc)の姿も確認されており、少なくとも15年間はラビットが郵政バイクとして活躍していたことがわかる。

1960年代に撮影された郵政仕様の(推定)S211(90cc)。
ヘッドライトの位置が下がり、カバンを置く用のキャリヤが搭載されている。写真提供:郵政博物館

1955年ごろから多くの会社が参入!

日本郵便に聞いたところ、バイクによる郵便配達業務が一般化したのは昭和30年代、1955年以降。
そしてそのころになると前述のラビットだけでなく、スズキ・コレダやブリヂストン・BS90など、ほかのメーカーの郵政仕様バイクが次々と登場した。

原付きクラスだけでなく、250ccクラスの郵政バイクもあった。バイク便のように送り主の元から届け先へ郵便物を運ぶ“新特急郵便”用車両で、写真のヤマハ・SRV250のほかにスズキのボルディ(250cc)やホンダのVTR250もあった。写真提供:郵政博物館

ちなみに今も現役として走り続けている郵政カブことMD(Mail Deliveryの略)が登場したのは1971年。
同車の好敵手(?)として話題に上がる郵政仕様のヤマハ・メイト(50/80/90cc)&スズキ・バーディ(50/90cc)も、1970年代から採用され、市販モデルのカタログ落ちとともに現役を退いている。

郵政仕様のメイト90。タンクからテールに掛けてのラインが特徴的? 写真提供:郵政博物館

取材協力●日本郵便、郵政博物館

おすすめ記事

モーターサイクリスト9月号発売中 特別付録は丸ごと1冊CT125・ハンターカブ、人気YouTuber夜道 雪さんも出演!! 東京モーターサイクルショーでとっきーと2ショット撮影! 3月24日編 ビューエルがベースのサイバーパンク? LAM氏初個展『目と雷』展示車両、“雷電”詳細解説
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

  1. VT250
PAGE TOP