雑ネタ

ニンジャ、カタナだけじゃない! 日本語由来の車名を与えられたバイクたち

スズキは日本名が多いですね……

その後の時代、数多の日本製2輪車は外来語の名前が与えられることになりました(基本的には、アルファベットと数字の組み合わせがほとんどです)。ただ少数の例にはなりますが、日本語の名前を与えられたモデルも登場しました。
日本語の名前を一番積極的に採用したメーカー……といえばスズキでしょう。1981年輸出市場で発売したGSX1100Sの「カタナ」の名は、現行の最新モデルにも継承されています。

1981年スズキGSX1100S KATANA。抜き身の日本刀をイメージしたとされるGSX1100S。登場以降2000年まで生産され続けたロングセラーモデルで、今も多くのファンを持つモデルです。

また日本の第二次スクーターブーム期にあたる1983年には、花の名前である「蘭」と「薔薇」を登場させています。これは当時のスクーターブームを支えた女性ユーザーを意識した名前であり、前者は元キャンディーズの伊藤蘭をCMキャラクターに起用したことが話題となりました。

1983年スズキ薔薇(右)、スズキ蘭
両車とも同年代のスクーターと比べても車重は軽く(42kg前後)、パワーは抑えめ(4.0~4.2psほど)。ちなみに後年には車名ロゴがそれぞれ「BARA」、「RAN」に改められました。

チョイノリ

和名のスクーターと言えば、2003年に販売された「チョイノリ」もそうですね。独特のスタイルと5万9800円(税別)という驚異的な安さが話題になりました。

ネイキッドが世界的に流行した1990年代には「イナズマ」、そして2019年で惜しまれつつも生産中止となったメガスポーツの「ハヤブサ」なども登場しました。どちらも記憶に残る日本名のモデルです。なおスズキは4輪の分野でも、「サムライ」の名前をジムニーの海外仕様に採用していましたね……。

1999年スズキGSX1300Rハヤブサ。市販車初の300km/hオーバー車として知られるGSX1300Rハヤブサ。車名は途中からHAYABUSA1300に変更されています。そのほか、独特のカウリングも話題を呼びました。

一方カワサキは、1984年のGPz900Rの北米仕様に「ニンジャ」の名を与えており、この名は長年にわたりカワサキ製スポーツバイクのラインアップに、広く使われることになりました。また1990年には、米国でKLR650「天涯」=TENGAIというデュアルパーパスモデルを販売しています。フェアリングがついたその姿は、当時のパリ-ダカールマシンの流行を取り入れたものでした。残念ながらテンガイの名は、ニンジャのように継承されることが、今のところはないようですが………。

1990年カワサキ天涯。カワサキ製アドベンチャーバイクの走りと言えそうな天涯は650ccの4スト水冷単気筒エンジンを搭載していました。ちなみに天涯とは「空の果て、また極めて遠い場所」を指す名詞です。

1984年カワサキNijna GPZ900RA1)。言わずと知れた(?)最初のニンジャ。発売当初は輸出仕様のみで、「Ninja」は北米仕様のみに付けられたペットネームでした。

かつては、意味が分かりやすい英語名のモーターサイクルが数多くありましたが、今は商標の枯渇現象によって英語名を使うのが難しくなっています。そのため、英語でも欧州語でもないヘンな造語(失礼!)の車名が増えているのも、1990年代以降の2・4輪界の傾向です。

その点、日本語の車名はまだまだ採用の余地があるのではないでしょうか? 4輪の例になりますけど、三菱の「ショーグン(パジェロなど一部モデルの輸出名)」や「サッポロ(ギャランラムダの輸出名)」、日産の「バサラ」、「ツバメ(ADバンのメキシコ名)」、「ツル(サニーのメキシコ名)」、「サクラ」、スバルの「スモウ(ドミンゴの英名)」、あとミツオカのアレコレ……と2輪よりも結構多く存在していたりします。

1976年三菱サッポロ。1972年の札幌オリンピックにちなんで名付けられたSAPPORO。東京オリンピックのマラソン会場として、あるいは箱根駅伝のメインスポンサーとして、取り沙汰されることの多い(?)地名ですね。

ぜひ日本の2輪メーカー各社には4輪業界に負けることなく(?)、冒険心を持ってクールな日本語の車名をドシドシ採用して欲しいですね!?

文●宮﨑健太郎 編集●モーサイ編集部・上野/モーサイ編集部・高垣

◎次のページへ
1

2

おすすめ記事

ハスクバーナ ヴィットピレン/スヴァルトピレンの2020年モデルが4月から発売 映画『トップガン』新作にも出演!! 今さら聞けないニンジャ「GPZ900R」とはどんなバイクだったのか? 【始まりのA1編】 イラスト入りのハンコは銀行印や実印として登録できるの? かわいいバイク柄のハンコで実際に挑戦してみた
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP