雑ネタ

ニンジャ、カタナだけじゃない! 日本語由来の車名を与えられたバイクたち

第二次大戦前まで主に欧米各国で発展した経緯もあって、世の中の多くのモーターサイクルは欧州語や英語の名前が与えられています。一方、戦後急速に発展した日本のモーターサイクルのなかには、日本語由来のモデル名がちらほらあったりします。当記事では、その代表的な日本名のモデルをいくつか紹介いたします!

【和名の車名】一番最初の例は?

戦前の黎明期から戦後の1950年代、日本のメーカーの多くはメーカー名をそのままモデル名に使うことが少なくありませんでした。それゆえに日本名の車両も多かったわけですが、生き残り競争が厳しい時代でもあっただけに1モデルだけ作って消滅……というメーカーも多かったです。

1960年陸王RX750。「和製ハーレー」を作っていた陸王モーターサイクル(旧陸王内燃機)もモデル名にメーカー名が付けられていました。写真のRX750は、栃木県の浅間記念館の収蔵車。

社名と関係ないモデル名としては、1950年代のホンダ「ベンリイ」やスズキの「コレダ」など、いわゆるダジャレっぽい造語系がありました。便利からの連想であるベンリイは、最新の電動実用車の「ベンリィe:」にも継承されています。

1955年ホンダ・ベンリィJC型。1953年登場のベンリィJ型(90cc)に端を発するベンリィシリーズの4代目にあたるJC型(125cc)。前身のJB型と比べ若干のパワーアップ(4.5ps→7ps)を果たしている。

バイクはこれだ!! という言葉がルーツのコレダは、スズキが輸出市場に打って出た時期に、疫病の「コレラ」を連想させる……という理由で輸出市場向けには引っ込められることになりました(余談ですが1996年には、コレダスポーツ/コレダスクランブラーが国内で販売されましたね)。

1996年スズキ・コレダスポーツ50。ビジネスバイクのK50でにスポーティーな外装を装着したコレダスポーツ。写真の黄色のほかにも青や銀色の車両も併売していました。

現在の4大メーカー体制が固まりつつあった1960年代以降、車名(ペットネーム)として昔からあった日本語の名詞を使った最初の例は、カワサキの250A1サムライ(1966年)でしょう。当時のロードレース界で流行した2ストローク・ロータリー ディスクバルブ式の2気筒エンジンを搭載する250A1サムライは、高性能な250ccスポーツバイクとして輸出市場でも高く評価されました。

1966年カワサキ250-A1サムライ。1960年代の250スポーツ車として4メーカー中最後発となった2ストローク2気筒車のA1。ただし、最高出力はクラス中最高峰となりました。

なぜカワサキがサムライという名を採用したのかは不明ですが、新渡戸稲造の「武士道」や黒澤明の時代劇映画などを通して、海外でもサムライという言葉は当時すでにある程度は浸透していたと思われます(当然、海外市場のリサーチをカワサキはしていたわけでしょうし)。

スズキは日本名が多いですね

その後の時代、数多の日本製2輪車は外来語の名前が与えられることになりました(基本的には、アルファベットと数字の組み合わせがほとんどです)。ただ少数の例にはなりますが、日本語の名前を与えられたモデルも登場しました。
日本語の名前を一番積極的に採用したメーカー……といえばスズキでしょう。1981年輸出市場で発売したGSX1100Sの「カタナ」の名は、現行の最新モデルにも継承されています。

1981年スズキGSX1100S KATANA。抜き身の日本刀をイメージしたとされるGSX1100S。登場以降2000年まで生産され続けたロングセラーモデルで、今も多くのファンを持つモデルです。

また日本の第二次スクーターブーム期にあたる1983年には、花の名前である「蘭」と「薔薇」を登場させています。これは当時のスクーターブームを支えた女性ユーザーを意識した名前であり、前者は元キャンディーズの伊藤蘭をCMキャラクターに起用したことが話題となりました。

1983年スズキ薔薇(右)、スズキ蘭
両車とも同年代のスクーターと比べても車重は軽く(42kg前後)、パワーは抑えめ(4.0~4.2psほど)。ちなみに後年には車名ロゴがそれぞれ「BARA」、「RAN」に改められました。

チョイノリ
和名のスクーターと言えば、2003年に販売された「チョイノリ」もそうですね。独特のスタイルと5万9800円(税別)という驚異的な安さが話題になりました。

ネイキッドが世界的に流行した1990年代には「イナズマ」、そして2019年で惜しまれつつも生産中止となったメガスポーツの「ハヤブサ」なども登場しました。どちらも記憶に残る日本名のモデルです。なおスズキは4輪の分野でも、「サムライ」の名前をジムニーの海外仕様に採用していましたね……。

1999年スズキGSX1300Rハヤブサ。市販車初の300km/hオーバー車として知られるGSX1300Rハヤブサ。車名は途中からHAYABUSA1300に変更されています。そのほか、独特のカウリングも話題を呼びました。

一方カワサキは、1984年のGPZ900Rの北米仕様に「ニンジャ」の名を与えており、この名は長年にわたりカワサキ製スポーツバイクのラインアップに、広く使われることになりました。また1990年には、米国でKLR650「天涯」=TENGAIというデュアルパーパスモデルを販売しています。フェアリングがついたその姿は、当時のパリ-ダカールマシンの流行を取り入れたものでした。残念ながらテンガイの名は、ニンジャのように継承されることが、今のところはないようですが………。

1990年カワサキ天涯。カワサキ製アドベンチャーバイクの走りと言えそうな天涯は650ccの4スト水冷単気筒エンジンを搭載していました。ちなみに天涯とは「空の果て、また極めて遠い場所」を指す名詞です。
1984年カワサキNijna GPZ900R(A1)。言わずと知れた(?)最初のニンジャ。発売当初は輸出仕様のみで、「Ninja」は北米仕様のみに付けられたペットネームでした。

かつては、意味が分かりやすい英語名のモーターサイクルが数多くありましたが、今は商標の枯渇現象によって英語名を使うのが難しくなっています。そのため、英語でも欧州語でもないヘンな造語(失礼!)の車名が増えているのも、1990年代以降の2・4輪界の傾向です。

その点、日本語の車名はまだまだ採用の余地があるのではないでしょうか? 4輪の例になりますけど、三菱の「ショーグン(パジェロなど一部モデルの輸出名)」や「サッポロ(ギャランラムダの輸出名)」、日産の「バサラ」、「ツバメ(ADバンのメキシコ名)」、「ツル(サニーのメキシコ名)」、「サクラ」、スバルの「スモウ(ドミンゴの英名)」、あとミツオカのアレコレ……と2輪よりも結構多く存在していたりします。

1976年三菱サッポロ。1972年の札幌オリンピックにちなんで名付けられたSAPPORO。東京オリンピックのマラソン会場として、あるいは箱根駅伝のメインスポンサーとして、取り沙汰されることの多い(?)地名ですね。

ぜひ日本の2輪メーカー各社には4輪業界に負けることなく(?)、冒険心を持ってクールな日本語の車名をドシドシ採用して欲しいですね!?

文●宮﨑健太郎 編集●モーサイ編集部・上野

  1. Honda E-Clutchが誕生するまで。便利さと楽しさを追求し続けるホンダ2輪用オートマチックの歴史

  2. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  3. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  4. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  5. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  6. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  7. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  8. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  9. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  10. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  11. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  12. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

【リコール情報】トライアンフ・スラクストンにイグニッションスイッチの配線が断線する恐れ 圧倒的な収納力&通気性で街乗りからキャンプまで活躍。ROUGH&ROAD マウンテンメッシュパーカー 【三ない運動の何が問題なのか?(2)】「やめる・やめない」より、高校生の交通安全教育に何が必要かを議論すべき

カテゴリー記事一覧