雑ネタ

意外と知らない!? タコメーターの「タコ」って何のことかわかりますか?

クルマやバイク好きが日常的に使用している用語でも、「その意味はなんですか」聞かれると頭に?マークが3つくらい浮かんじゃうものも少なくありません。

今回はエンジン回転数を表すメーターをなぜ「タコメーター」と呼ぶのか? に迫ってみましょう。

エンジンの回転数を表すのはわかる。でも……

ホンダCB1100のメーター。丸いメーターが2つならんだこのデザインを、オーソドックなバイクのメーターだと感じる人も多いのではないでしょうか? もちろんkm/hと左書かれている左が速度計、右がタコメータですが……。

バイク好き、クルマ好きの人なら間違いなく「タコメーター=エンジンの回転数を示す計器」ということは知っているはず。

ではエンジン専門の計器かというとそんなことはなくて、あくまで回転するものの回転数を示す計器がタコメーターになります。なので、モーターの回転数を示す場合も、タコメーターになるんです。(EV時代が到来してもタコメーターは不滅です!?)

つまり漢字で短く表現してしまえば「回転計」になるわけですが、これをそのまま英語にするとrevolution-counterと言えます。実際、英語圏ではrevolution-counter、その略称としてrev-counter(レブカウンター)とも呼称されます。ただ、タコメーターと英語で言っても通用します。

スペルはTachometer。
タコ=8本足の海の生き物だと思った人はさすがにいないと思いますが、タコ=Tachoが何かというと、速度を意味する古いギリシャ語「τάχος」に由来します。

最新スポーツモデルで採用例の多い液晶カラーモニターを使ったメーターパネル。写真はヤマハMT-10で、モニター上部に1~13まで目盛がふられている部分がタコメーター。回転数に応じてバーが伸び縮みし回転数を表します。そのためバーグラフ式と呼ばれます。

それじゃあ速度計では? スピードメーターもあるのに?

確かにそうなんですが、いわゆるスピードメーターは時速○○km(時速○○マイルでもいいのですが)という距離をベースとした単位で速度を表すというだけで、大昔には回転数を速度の目安として使っていたこともあり、間違いではないのです。
レーシングマシンのメーターはタコメーターしかついていないものもありますしね。

タコメーターに表示される「rpm」あるいは「r/min」という単位はrevolution per minuteの略で、1分あたり何回回っているかを示します。バイクやクルマのエンジン回転数は4ケタ~5ケタ回転が範囲なので、表示される目盛りの数字の倍数が「×1000」「×100」などメーターのどこかに記されていることがほとんどのようです。

ドゥカティ・スクランブラーアイコンのメーター。タコメーターは丸い液晶モニターの外周に沿って伸び縮みする、変形バーグラフ式ともいえる独特な表示デザイン。外周に0、2、4、6、8、12と目盛の数字がふられているのがわかるでしょうか。

(まとめ●モーサイ編集部)

◎あわせて読みたい記事はこちら!

おすすめ記事

意外と知らない!? タコメーターの「タコ」って何のことかわかりますか? 【NEW MODEL】HASQUVARNA VITPILEN701 BS11の人気バイク番組「大人のバイク時間 MOTORISE」の10月の放送予定が決定
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP