雑ネタ

ホンダ CRF250Lが大変身!! デウス エクス マキナ発「スケートボードが積めるカスタムバイク」ザ・プリーチャー

「クリエイティビティな文化を讃える」ことをブランド哲学とするデウス エクス マキナ

ラテン語で 「機械仕掛けの神」を意味するデウス エクス マキナは、2006年にオーストラリアで誕生した、バイカーやサーファーに愛されるライフスタイルブランド。

「クリエイティビティな文化を讃える」ことをブランド哲学とし、バイク、サーフィン、スケートボードなどのスポーツが持つ自由な世界観を大切にしています。現在ではアート、音楽、自転車などにも活動の幅を広げ、オーストラリア・シドニーの1号店を始めとする世界12カ国の店舗から、独自のカルチャーを発信しています。日本国内には東京都墨田区に直営店「Deus Ex Machina Asakusa」があります。

デウス エクス マキナの浅草ショップ。所在地は東京都墨田区向島1-2-8 東京ミズマチ ウエストゾーン5。
デウス エクス マキナブランドロゴ。

新カスタムバイク「ザ・プリーチャー」はホンダ CRF250Lベース

そんなデウス エクス マキナが2023年4月に発表した新しいカスタムバイクは「バイクのある生活をもう一度ライフスタイルに取り入れたい」という思いから作られたというザ・プリーチャー。カスタムオーダーを受けて作られた1台で、すでにオーナーが決まっています。

ベース車両はホンダのオフロードバイクCRF250Lで、大きな特徴はなんといってもサイズの違う2眼ライトを採用し、「異形」感のあるフェイス周りと、スケートボードをそのまま積載することもできる大きなサイドキャリヤ。また、純正のものよりも少し大きい燃料タンクを備え、シートからリアフレームまでを一新。ビンテージオフテイストにフェンダーをセットする事により「ネオ・アーバン」なスタイルを実現したといいます。

デウス エクス マキナ「ザ・プリーチャー」。
デウス エクス マキナ「ザ・プリーチャー」。ビンテージオフテイストにフェンダーをセットする事により「ネオ・アーバン」なスタイルを実現。
デウス エクス マキナ「ザ・プリーチャー」。サイズの違う2眼ライトを採用し「異形」感のあるフェイス周り。
デウス エクス マキナ「ザ・プリーチャー」。スケートボードをそのまま積載できる大きなサイドキャリヤが特徴。
デウス エクス マキナ「ザ・プリーチャー」。「ネオ・アーバン」スタイルであることを標榜するだけあって、ベース車両はオフロードモデルながら、コンクリートに囲まれた現代的な街中の風景にもよく合う。
デウス エクス マキナ「ザ・プリーチャー」。白バイをバックに。

まとめ●モーサイ編集部・中牟田歩実 写真●デウス エクス マキナ ジャパン(銭田豊裕)

  1. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  2. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  3. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  4. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  5. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  6. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  7. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  8. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  9. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  10. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  11. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

STRIKERの2022年新商品「Z900RS用定番マフラーが復活リニューアル、ハヤブサ用パーツもより充実」 アライヘルメットがRX-7X用スポイラーを発売 レースなどの超高速域で効果を発揮! 【モーサイチャンネル】東京モーターサイクルショー2018 スズキNEWモデルインタビュー&紹介!

カテゴリー記事一覧