編集部さとうのVITPILEN 701日記

【編集部さとうのVITPILEN 701日記】13.rpm(番外編):実はレバーを交換していたのダッ! 自分好みを見つけられるU-KANAYAのアルミビレットレバー

最近MT自動車が欲しいなぁと物欲センサーがビンビンな二輪車WEBサイト「モーサイ」の編集部員さとうです。
サイドブレーキはやっぱり手動が良いですよね、カッコいいから。

レバーつながり……ということで!?、今回のVITPILEN 701日記は、VITPILEN/SVARTPILENオーナー必見(?)の内容、レバー交換です!
ちなみにレバーはU-KANAYAの物をチョイス。
専用品でなくともなんとかなる? と言う訳で、参考程度に読んで下さいね。

 

そもそもU-KANAYAってどんなブランド?

知っているライダー・実際に使っているライダーは多くいると思います、U-KANAYAのアルミビレットレバー。
U-KANAYAのレバー商品は全てCNCマシニングで精密加工(簡単に言うと、技術を駆使しコンピューターで制御して行われる機械加工)されたもので、アルミの美しさを全面に押し出し、それでいて寸分の狂いもなく精密に作られた、とてもクオリティが高いのが特徴です。
ハンドルクランプやバーエンドなど、多様な商品がありますがその中でもアルミビレットレバーが一番有名なのではないでしょうか。

U-KANAYAのアルミビレットレバーはなんと言っても種類が豊富!
曲面形状で手に馴染み使いやすい「ツーリングタイプ」や、高速域でも風圧でレバーが押されないように設計された「GPタイプ」があります。
新しいデザインの「ホイールタイプ」もシンプルでカッコいいです(個人の感想です笑)。

全てのレバー商品が、レバーカラーとアジャスターカラーを選ぶことが出来るので自分好みの一品を作れるのも魅力ですね。
さて、話を戻し愛車のVITPILEN 701について。
ドレスアップしたいけれど、VITPILEN 701(とSVARTPILEN 701)は割とマニアックな車種なので社外パーツはほとんどありません。
純正オプションにレバーはありますが、もうちょっと見た目を変えたい……。でも車種専用品は探しても見つからない……。
でもどうしても1アクセント入れたい! とウズウズ。

●ノーマルレバー。握りやすさや長さはドンピシャだが、わがままを言うとシルバーにしたい。外装やミラーがオプション品なのは10rpmをご参照

●ノーマルレバー(写真はSVARTPILEN 701)。指2本が握りやすい

そんな時、2りんかん祭りでU-KANAYAの方から言われた話を思い出しました。

「VITPILEN 701はKTMの690 DUKEがベースだから、それ対応のレバーが付くんじゃないか?」

これは、もしかするともしかするかもしれません。
690 DUKEも日本ではマニアックな車両ではありますが、約10年近く販売されたロングセラーモデル。
ということもあってか、690 DUKE専用のU-KANAYAアルミビレットレバーがあったんです。

2019年10月19日「ライコランド TOKYOBAY東雲店」にてU-KANAYAレバー取付工賃無料イベントが開催されていたのに便乗して、690 DUKE用のレバーが付くかどうか試してきちゃいました!

 

アレ、意外となんとかなっちゃった!?

やってまいりましたライコランド TOKYOBAY東雲店。
店舗入口の横に特設テントがあり、そこで取付作業が行われていました。

●実物が展示されていたので、色合いや組み合わせの参考になりとても有り難い

私が選んだ組み合わせはレバーカラーがチタン、アジャスターがブラックです。
予約していた時間になったので早速取付をお願いします。

●みるみる内に外していく

さぁ後は新しいレバーを取付けるだけ! だったのですが、上手く装着できないっぽい……。
クラッチ側はなんとか取付けることが出来たのですが、問題はブレーキ側。
690 DUKE以外の車種のものを組み合わせたりと、試行錯誤しましたがスイッチに当たってくれません。

しかしここでU-KANAYAレバーのレパートリーの多さが光ります。
当日は持ってきていない製品の中に、もしかしたら装着可能なのがあるかもしれないとのこと。
後日郵送してもらい、自身で取り付けてみた所これがほぼピッタリ! 良い感じです。

●車体のシルバーとのバランスが絶妙に良い。チタンの落ち着いた輝きが上品だ

●スイッチもしっかり接触している

ただ、ブレーキレバーを装着する際にマスターシリンダーへ繋がるピストンを押しながらの装着となったため、フロントブレーキの遊びがかなり少なくなってしまいました。
握り始めた瞬間ガツンと来るような感じです。

まぁ新しいレバーの操作に慣れれば繊細な操作も問題なく行えましたし、さとう的にはフロントブレーキの遊びが少ないほうが好みのため全く問題なし!
レバー交換後もアクシデントは発生せず、ワインディングを走っても不都合はありません。
愛車がカッコよくなり大満足の仕上がりです。

これを機にもしかしたら、VITPILEN/SVARTPILEN専用品がU-KANAYAから今後発売されるかも!?

 

CONTACT

問い合わせ先内商会
URLhttps://www.uchishokai.com
アバター

モーサイ編集部

投稿者の記事一覧

1951年創刊のモーターサイクル専門誌。新車情報はもちろん、全国のツーリングライダーへ向けた旬な情報をお届けしています!

モーターサイクリストは毎月1日発売!

関連記事

  1. 【編集部さとうのVITPILEN 701日記】08.rpm:銀か…
  2. 【編集部さとうのVITPILEN 701日記】12rpm(最終回…
  3. 【編集部さとうのVITPILEN 701日記】10rpm:驚愕の…
  4. 【編集部さとうのVITPILEN 701日記】01.rpm:突然…
  5. 【編集部さとうのVITPILEN 701日記】11rpm:VIT…
  6. 【編集部さとうのVITPILEN 701日記】05.rpm:My…
  7. 【編集部さとうのVITPILEN 701日記】07.rpm:メカ…
  8. 【編集部さとうのVITPILEN 701日記】09rpm:VIT…

おすすめ記事

ときひろみの「私に乗せなさい!」SUZUKI SWISH(スウィッシュ) 【オススメ度NO.1アイテム特集!】防水&インナー付きで着心地抜群! アルパインスターズの防寒ジャケット HYOD PLUS HAMAMATSUオープン1周年記念 「HYOD Fes.」が10月26/27日で開催  新型は強気の”下剋上”バイク!? YZF-R25開発陣インタビュー(前編) 【EVENT】夏休みの工作にピッタリの「ものづくり教室」! ヤマハ発動機とヤマハが共同開催 【編集部さとうのVITPILEN 701日記】08.rpm:銀から白へ! 純正オプションでVITPILENの雰囲気がガラッと変わる!?
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

  1. CBR250RR
  1. CBR250RR
PAGE TOP