編集部さとうのVITPILEN 701日記

【編集部さとうのVITPILEN 701日記】08.rpm:銀から白へ! 純正オプションでVITPILENの雰囲気がガラッと変わる!?

基礎代謝が高く少し辛いものを食べれば滝のように汗をかく二輪車WEBサイト「モーサイ」の編集部員さとうです。
カレーは甘口に限る私は昨今の辛い系カップ麺の流行についていけません。見るだけで汗が出ます。

今回のVITPILEN 701日記では、第5回で紹介した以外の純正オプションを紹介します。
デザイン性が非常に優れており、注目度抜群のVITPILEN 701の個性を更に引き立てる純正オプションはまさに鬼に金棒!
突き抜けたカッコよさを誇るVITPILEN 701をご覧ください。

 

オーナーを満足させる多種多様なアクセサリー

今回VITPILEN 701の純正オプション装着をお願いした店舗は「ハスクバーナ・モーターサイクルズ川崎中央」さん( https://hqv-kawasakichuo.com)。

●TEL:044-948-9720

渋谷から約20分の立地にあるため都内からのアクセス性が抜群でした。
白い外観が印象的なハスクバーナ・モーターサイクルズ川崎中央は、去年の7月にオープンしたフレッシュな店舗です。
ちなみに隣接しているKTM川崎中央も同系列の店舗で、こちらは今年で6年目となります。
車両の定期メンテナンス以外にも、レース活動にも注力しているとのことで走行のアドバイスから車体セッティングのご相談にも乗っていただけます。
最近は20代のお客様も増え、店舗を訪れる年齢層も低くなっているとのこと。
これからのバイク界を担うライダーが増えていることは大変喜ばしいことですね!

●PITスペースも充実の限り。工具も綺麗にまとめられておりスタッフさんの丁寧さが感じられる

そして、今回装着する純正オプションがこちら。

フェアリング(タンクカバー)・フロントフェンダー・バーエンドミラー(2個)・ピリオンシートカバーの4点!
銀に輝くVITPILEN 701を白にする魔法の外装キットですね。

私は通常の位置に装着する純正オプションのアルミミラーを使用していますが、バーエンドタイプもラインナップしています。見え方がどれ程違うのか、楽しみです。

●現在装着しているアルミミラー

●これから装着するバーエンドミラー

色が変わる程度でどこまで雰囲気が変わるのか未知数。正直、あまり変わる気はしませんが……。
では早速作業に入っていただきましょう(今回は特別に中の撮影をさせていただきました)!

 

あっという間に大変身!

VITPILEN 701は外国産。国産車とは勝手が違うようで、正規販売店以外では取り扱うのに少し苦労するかもしれません。

●あっという間にタンクカバーを!コツが必要らしく、個人で行うことは推奨できない

●フロントフェンダーはウェルナットも使用

●アルミミラーの接合部

どんどん新しい純正オプションが装着されていきます。
それと比例するように、新生VITPILEN 701が完成に近づくにつれ「お!?」、「おぉ!?」と驚きが。
個々のパーツで見るよりも、車体に装着され形作られる度に自分が知っているVITPILEN 701と違う姿になっていき期待がぐんぐんと高まっていきます。

そして! 完成したVITPILEN 701がこちらです!
 

→次ページ:遂にお披露目!新しいVITPILEN 701を御覧ください!

 

1

2
  1. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  2. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  3. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  4. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  5. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  6. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  7. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  8. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  9. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  10. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  11. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

ナイトロンからトライアンフ スピードツイン用のローダウンリヤショックが登場 【開催日変更】タナックスの初イベント「第1回タナフェス in WEST」が開催決定!! ナイトロンからカワサキ・Ninja ZX-25R用リヤショックアブソーバーが登場

カテゴリー記事一覧