釣りツーリングに行こう!

【釣りツーリングに行こう!】1釣目:茨城県那珂湊港で年始早々ボラを釣る

同時にやればいいじゃない

「仕事放り出して、釣りとかバイクツーリングとか行きてぇ……」

いやまぁ、のっけから本心ダダ漏れなセリフをつぶやいちゃったのだが、ご存じのように編集という仕事はとにもかくにも暇がない。やれ取材だやれ打ち合わせだと仕事続きで、趣味に時間を割くことはなかなかに難しいのである。

無論のことながら私こと編集部ひぐらしもデスマーチに合わせて毎日行進するばかりで、釣りにも個人的なツーリングにもなかなか行けない。そりゃぼやきたくもなる。

こんな感じで釣りに行きたいのよ私は(ひとまず著者近影)。

よしんば運よく休日があったとしても、釣りかツーリングのどちらかしか行けない……。とまぁ、そんなこんなで友人の前でぼやいていたところ、

「じゃあ、いっそのこと釣りとツーリングを同時にやっちゃえばいいんでない?」

友人が何気なく放ったひと言が、天啓となって心へ突き刺さる。そうか、同時にやってしまえばいいのだ!

意外に多いぞ釣りツーリング人口

とはいうものの、そもそも釣りとツーリングを一緒にやってしまおうなんて人がどれだけいるのよ? 試しにグーグル先生で検索してみると、……意外に多いじゃないの、バイクで釣りツーリングしている人。先達がたくさんいるなら私にだってできるはず! まずはやってみて、不便な点は改良を加えていけばいいだろう。そうすればネタとして続ける言い訳にもなるだろうし(←オイ)。

というわけで、栄えある釣りツーリングのメイン車両として白羽の矢が立ったのがこのバイク。

ホンダ・エイプ100

エイプは2002年にホンダから発売された、乗ってもいじっても楽しい原付二種のスポーツバイク。ちなみに類人猿を意味するエイプという名は、人間に最も近い動物=あらゆる人にとって身近な存在と位置付け、気軽に乗れる身近なバイクからイメージしたものだとか。ならば釣りのお供としても身近な存在と言うことだ。とてつもなく強引な理屈だけど、実際のところは手持ちの車両でこれしか適当なのがなかったというオチだったり。

しかしこのバイク、ラゲッジスペースというか、荷物を積む場所がほとんどないぞ? リュックに満載という状態は極力避けたいので、まずは釣り道具が積載できるようにせねば……。


釣りツーリング用に準備

というわけでまず準備したのがこちら。

KITACO製:エイプ100用リアキャリア(税込価格7020円) http://www.kitaco.co.jp

「スペースがなければ作ればいいじゃない」とどこぞの王妃様的台詞をつぶやきつつ購入したのはリヤキャリア。これがなければなにも始まらない。クロームメッキで見映えがいいのもいい感じ。

ボルト4本で取り付け可能な親切設計なのがいいですな。

キャリア本体のほか丁寧な説明書&交換用のボルトも付属しているので、慣れた人なら15分もあれば装着可能。前側のボルトは通すのに少々コツが必要だったが、それでもすんなりと装着できる。耐荷重は3㎏未満というのが少々ツライが、荷物を軽量化して対処するようにしよう。

ちなみに作業は、オールドタイマー編集部のガレージにて夜中こっそりと行った。ここで言っちゃったらこっそりもなにもないし、同じ事業部に所属しているから問題ないのだけれど……(じつはひぐらし、オールドタイマー編集部所属なのです)。

キャリアの面積は前後約200㎜×幅130㎜なので、固定には少々コツが要りそう。

そうこうしているうちに取り付け完了。釣り道具ををごっそりと移動させることを想定して、ボックスは固定式にしないほうが何かと便利じゃないかと判断。というわけで、ホームセンターで売っているごく普通のボックスを、タイダウンベルトで固定することにした。ガッチリと止めれば問題ないだろう……たぶん。

タイダウンベルトで固定してみたけど……。これで大丈夫かいな??

固定方法に一抹の不安が残るものの、ひとまず車体側の準備が整った。あとはいつ決行するかだが、そもそも決行できるのかしら……。

次のページ「真っ暗闇のなか出発」

1

2 3
  1. アパレルデザイナーが語る『CT125・ハンターカブ』。ワークブーツのようにタフでオシャレなバイク

  2. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  3. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  4. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  5. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  6. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  7. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  8. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  9. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  10. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

ヤマハ「YAS76-SA メッシュジャケット」はエントリーユーザーに最適な汎用性の高いカジュアルパーカ モーターサイクリスト2024年1月号は12月1日発売! 特集は「伊豆を極める」。別冊付録は「ツーリング美景カレンダー」 ハスクバーナ・モーターサイクルズ越谷が12月9日にオープン!

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション