コラム

車名の和訳が意外なバイク5選 「フレンドリーな大人気車なのに“反逆者”」「ちょいワル御用達なのに“そよ風”」

国産バイクの車名には、カワサキの「Ninja」やスズキの「隼」など、そのモデルのイメージとなる日本語をそのまま当てはめたようなものも存在します。ですが今回は、バイク本体の見た目やコンセプトと、車名の意味にギャップがある車種を5つご紹介します。ネーミングの由来も併せてご紹介しますので、お時間のある方はぜひ最後までおつきあいください!!

やんちゃなイメージだけど「そよ風」カワサキ ZEPHYR(ゼファー)

カワサキ ゼファー。写真は1989年登場の初代で、排気量は399ccでした。

不良漫画やドラマでも活躍し、やんちゃなボーイたちから愛されているイメージのあるカワサキのZEPHYR(ゼファー)。ネイキッドブームの火付け役ともいわれた名車です。

もちろんグッドマナーなライダー達も含めて多くの人々が憧れを抱いたZEPHYRですが、なんとZEPHYRは英語で「そよ風」「優しい風」という意味なのです。強さが前面に出ているバイクには似つかわしくない表現ですね。ですが、この車名にはきちんと意図があります

ZEPHYRはそもそも「西風」という意味があり、当時兵庫県に拠点のあったカワサキは「業界への新風になる」という意志を込めてこの車名をつけたとのことです。同じ単語でも、捉え方によって様々な意味に変わるのは面白いですね。

虫の名前が由来!! ホンダ Hornet(ホーネット)

ホンダ ホーネット600。写真は1998年モデルの国内仕様。

国産のバイクメーカーでは随一のラインナップを誇るホンダですが、その中でも250ccのネイキッドといえばこのHornet(ホーネット)を思い浮かべる方も多いでしょう。スポーティさと、リッターバイクに引けをとらない存在感を兼ね備えたホーネット250の登場は、当時の250ccのバイクの常識を変えたともいわれています。

生産が終了した今でも人気健在のホーネットですが、Hornetは英語で「スズメバチ」という意味なのです。強力な毒針を持ち強いイメージのあるスズメバチですが、バイクの車名に昆虫を採用するのはジャンルのギャップがあり面白いですね。

ホンダが出した当時のプレスリリースによると、デザインの力強さと走行時の軽快なフィーリングが、スズメバチのイメージと合致していたとのことです。いわれてみれば、ボリュームのあるタンクやタイヤがスズメバチの身体と似ているような気もしますね。

ホンダモーターヨーロッパが2007年に公開した新型(当時)ホーネット600の広告は名前にちなんで「ハチまみれ」でした!! 虫嫌いの人は卒倒レベル!?

青い鳥じゃなく「大通り」スズキ BOULEVARD(ブルバード)

スズキ ブルバード400。2005年に登場し、国内では2014年モデルを最後に生産を終了しました。

50cc以下の原付にも強いスズキですが、こちらはクルーザーです。それも、国産クルーザーの中でも車体はかなり大きい部類に入ります。また、ブルバードはデザインや外観にスポーツレプリカの要素を取り入れているため、他とはひと味違うクルーザーとして認知されています。

バイク乗りから一目置かれるブルバード。一部の媒体では「ブルーバード」と表記されている場合もありますが、「青い鳥」(BLUEBIRD)とは綴りが異なり、BOULEVARD=大通りという意味の英語なのです。

確かにタイヤは極太ですが、バイクなのに大通り?という、一見よく分からないネーミングですよね。このネーミングの意図はといいますと、大通り=都会的=新しいアメリカン(クルーザー)と捉え、開発コンセプトとマッチしたため名付けたとのことです。

老若男女から愛されるのに「反逆者」ホンダ Rebel(レブル)

ホンダ レブル250(パールスモーキーグレー)。2023年モデル。

2022年11月に大型フロントカウルを備えたレブル1100Tに加えてレブル1100、レブル500の新カラーバリエーションを国内正式発表して話題になりました、ホンダのRebel(レブル)。排気量は250cc、500cc、1100ccとありますが、中でも軽量で取り回しのしやすい250ccが一番人気のモデルです。2018年〜2019年には、250ccバイクにおいて新車登録台数日本一を獲得したほどです。

そんなRebelですが、和訳するとRebel=反逆者となり、その正統派な人気ぶりとは真逆といっていいほど、なんだかアナーキーな意味になってしまうのです。ちょっと意外ですよね?

ただ、このネーミングにも由来があるそうで、型にはまったような面白味のない動きをなくし、自由に行動することをテーマにしているそうです。これを聞いた上で改めてフォルムやデザインを見てみると、やはり人気の高さが頷けます。

スペイン語で「星」カワサキ Estrella(エストレヤ)

カワサキ エストレヤ。1992年に登場し、2017年に製造を終了しました。写真は2017年のスペシャルエディションです。

バイクは利便性だけを求めた乗り物でない以上、どうしても速さや馬力などの派手さに目がいきがちですし、デザインもより大きくて存在感のあるモデルが人気を集める傾向にあります。

ですが、エストレヤはあえてそことは違う別のターゲット層を獲得した、新しい価値観を与えるバイクなのです。というのも、昔懐かしい往年の英国バイクを彷彿とさせるデザインで、派手さは無いながらも、バイクで走ることそのものを楽しむことを目的として作られたからです。

そんな長年愛された名車エストレヤはEstrella星という意味のスペイン語なのです。バイクに新しい価値観を与えた名車なのでさぞ凝ったネーミングかと思いきや、実にシンプルで美しいネーミングですね。英語だとStarとなり、ごくありふれた表現になってしまうところを、あえてスペイン語をチョイスしたセンスも素晴らしいです。

今回は「和訳すると意外なカンジになる国産バイクの車名5選」というテーマで5台のバイクを紹介しました。

普段何気なく見かけているバイクの車名も、意味を調べてみると意外な発見や気づきがあり楽しいですね。バイクは乗る・カスタムするだけでなく、車名の由来や歴史を学んでみると、愛着がわいて今よりさらに思い入れが深くなります。皆さんもぜひ、ご自身のバイクの名前の由来を調べてみてください。

レポート●モトシタケイヤ 写真●カワサキ/ホンダ/スズキ

  1. 最も乗りやすい大型スポーツバイク?『CB1000R』は生粋のSS乗りも納得のストリートファイター

  2. アパレルデザイナーが語る『CT125・ハンターカブ』。ワークブーツのようにタフでオシャレなバイク

  3. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  4. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  5. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  6. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  7. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  8. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  9. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  10. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

「Ninja H2 SX」に新色「メタリックディアブロブラック(BK1)」が採用されて、ボディ全体がほとんど真っ黒に! AHB(オートハイビーム)の初搭載にも注目! 人気の軽二輪スポーツ、YZF-R25が斬新な”紫”のカラーを採用して登場 トライアンフの2019年モデルにモダンテイストなNEWカラーが追加

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション