【バイク擬人化漫画】ニーゴーマン!

【バイク擬人化漫画】ニーゴーマン!第36話:暑くて溶けちゃう!? 夏のアスファルトのお話【隔週連載】

スタイリッシュなカウルをまとったスーパースポーツモデルを中心に、維持費のリーズナブルさや、だれでも気軽に乗れる車格も手伝って、エントリーユーザーからベテランライダーまで、幅広い層からに好まれている250ccクラス。
「そんなニーゴー(250cc)モデルを中心に、各社のバイクたちに意識があったら……」なんて“if”のお話。

今回は、暑い夏のツーリングに必須かもしれない? 心構えのお話です。
作:もるん(@MOLN2RNG
◎前回のお話はコチラ
ほかの話を見る


真夏の悲劇を回避するには?

夏は人間も熱せられてエライ目に遭うが、路面はさらに熱せられているのだ……。

真夏日が続くとSNSなどで「サイドスタンドが道路にめり込んだっ!」といった嘆きの書き込みが多く見受けられる。アスファルトにサイドスタンドがめり込む現象は、ある意味バイク乗りの夏の風物詩とも言えるかもしれない。

そもそも道路の舗装に用いられているアスファルト舗装とは、砕石や砂などの骨材に石油から作られたアスファルトを混合したもの。アスファルトは高温になると液体に戻る性状を持っているため、熱せられた路面にサイドスタンドをかけると、柔らかくなったチョコレートのように変形して、その結果バイクが倒れてしまうのだ。

そんなときに重宝するのが、ホーネットくんが推奨しているかまぼこ板のような板状のもの。サイドスタンドにかかる重量が分散されるため、アスファルト舗装にサイドスタンドがめり込むことを防げるのだ。

熱せられたアスファルトはもちろん、柔らかい土の上でも重宝するサイドスタンドコースター。写真はキジマ・K3ブランドのサイドスタンドコースター(税別1200円)。130cmのワイヤーが付属しているので回収がラクチンなのだ。

夏のツーリングに出かけ、炎天下でバイクを止めなければいけなくなった場合、コレがあるとないとでは安心感がまるで違う。ぜひ夏ツーリングのお守りとして持っていくようにしよう。

おすすめ記事

RG500Γ、NS400R、RZV500Rの乗り味は? 編集部員とジャーナリストで乗り比べ!:後編 キャブと最新技術が融合!? ケーヒンとミクニの技術展示にワクワクがとまらなかった@東京モーターショー2019 【NEW MODEL】YAMAHA XMAX ABS
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP