【バイク擬人化漫画】ニーゴーマン!

【バイク擬人化漫画】ニーゴーマン!第34話:バイクだって気になっちゃう!? 車両重量のお話【隔週連載】

スタイリッシュなカウルをまとったスーパースポーツモデルを中心に、維持費のリーズナブルさや、だれでも気軽に乗れる車格も手伝って、エントリーユーザーからベテランライダーまで、幅広い層からに好まれている250ccクラス。
「そんなニーゴー(250cc)モデルを中心に、各社のバイクたちに意識があったら……」なんて“if”のお話。

今回は、運動性能に直結する重要な数値、車両重量のお話です。
作:もるん(@MOLN2RNG
◎前回のお話はコチラ
ほかの話を見る


軽いことが絶対的正義だった時代の「乾燥重量」表記

登場と同時に2ストマシンの勢力図を塗り替えたホンダ・NSR250R。乾燥重量は125kg。

燃料やエンジンオイル、冷却水などの液体を抜き取って計測するのが乾燥重量。
当然のことであるが、同じ馬力であれば軽い車重であるほど、パワーウエイトレシオの面で有利となる。ハイパフォーマンスの印象を与えやすいためか、以前は実際の車重より軽い乾燥重量の表記が主流だった。メーカーも主要諸元に乾燥重量を表記していたし、二輪車専門誌も乾燥重量がどれだけ軽いかをベースに性能比較を行っていた。当時、乾燥重量はバイクの性能を示す指標のひとつだったのだ。

1986年当時のNSR250Rの試乗記事。乾燥重量でのレポートが行われている。

上写真のホンダ・NSR250R(MC16)の場合、乾燥重量125kgでガソリンなど液体類をすべて含んだ車両重量が141kg。表記上の重量差は約16kgと、意外なほど差があった。
ユーザーにしてみれば、乾燥重量をベースにしては実際の性能がわかりづらくなってしまう。そこで現在では車両重量が主流となっているのだ。

なお、明確なタイミングは不明ながら、国産メーカーは2010年あたりからより順次車両重量表記へ統一されていったが、「READY TO RACE」の精神を第一とするKTMなど一部メーカーは乾燥重量の表記を引き続き採用している。

おすすめ記事

今年の夏こそ走りたい 北海道の絶景直線道路10選!! 【東京オートサロン2019】NGKブースで佐藤琢磨選手、近藤真彦監督がトークショーを開催! 【NEWS】バイク用インカム「SB4X Lite」生産終了のお知らせ
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP