【バイク擬人化漫画】ニーゴーマン!

【バイク擬人化漫画】ニーゴーマン! 第14話:転倒なんて怖くない! セロー250君【隔週連載】

スタイリッシュなカウルをまとったスーパースポーツモデルを中心に、維持費のリーズナブルさや、だれでも気軽に乗れる車格も手伝って、エントリーユーザーからベテランライダーまで、幅広い層からに好まれている250ccクラス。
「そんなニーゴー(250cc)モデルを中心に、各社のバイクたちに意識があったら……」なんて“if”のお話。今回は2020年初頭に生産終了が決まった、ヤマハのロングセラートレール、セロー250君のお話。
作:もるん(@MOLN2RNG

前回のお話はコチラ
ほかの話を見る

セロー250finaledition(2020年 249cc、空冷4ストOHC単気筒)
足着き性のよさ、取り回しの軽さ、走破性の高さなど、多くのライダーから支持を集めるロングセラーモデル。ファイナルエディションではカラーフレームが採用されたのも特徴のひとつ。一時生産していなかった期間はあるものの、1985年の初登場以来35年に渡って愛され続けたが、2020年1月に発表されたfinaleditionをもって生産終了が発表され、7月31日に最後の1台がラインオフした。

次回予告

おすすめ記事

映画『トップガン』新作にも出演!! 今さら聞けないニンジャ「GPZ900R」とはどんなバイクだったのか? 【始まりのA1編】 Vストロームシリーズファンのためのイベントを開催 ファンティック キャバレロ スクランブラー用カスタムパーツを発売
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

  1. BMW R18
PAGE TOP