【バイク擬人化漫画】ニーゴーマン!

【バイク擬人化漫画】ニーゴーマン! 第3話:GSXくんの意外な実力?【隔週更新】

維持費のリーズナブルさや、若者やエントリーユーザーに好まれている250ccクラス。なかでも、スタイリッシュなカウルをまとったスーパースポーツモデルは特に高い評価を受けている……と思う。
「各社から発売中のバイクたちに意識があったら……」そんな“if”のお話、今回は実は燃費とタンク容量が優れたスズキ・GSX250Rくんが主人公です。
作:もるん(@MOLN2RNG

前回のお話はコチラ

ほかの話を見る


GSX250R(2019)
「アーバンアスリート」をコンセプトに街中を颯爽と駆け抜ける姿をイメージしてデザインがされており、低地燃費(60km/h)は41km/L、タンク容量は15L。中低速での扱いやすさを重視したエンジン特性を持つ。価格はトリトンブルーメタリックNo.2が54万8900円で、クリスタルブルーメタリック/パールネブラーブラック・パールグレッシャーホワイトNo.2/パールネブラーブラック・パールネブラーブラックの3モデルは53万6800円。

次のお話はコチラ

ほかの話を見る

おすすめ記事

【ライダーおすすめ宿】カイザーベルク御宿・月の砂漠 「ファミリー層に実物のバイクに触れてほしい」ヤマハ発動機が二子玉川 蔦屋家電に限定ショールームをオープン 【フロント19インチはオールラウンダーの証か否か? その5】19インチ17インチだけじゃない、いろいろあったフロントタイヤの大きさ 【EVENT】夏休みの工作にピッタリの「ものづくり教室」! ヤマハ発動機とヤマハが共同開催 ゼファーχ用のシフトポジションインジケーターがプロテックから登場 注目秋冬ウエア 安全こそ全て……「DAINESE」
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP