【バイク擬人化漫画】ニーゴーマン!

【バイク擬人化漫画】ニーゴーマン! 第3話:GSXくんの意外な実力?【隔週更新】

スタイリッシュなカウルをまとったスーパースポーツモデルを中心に、維持費のリーズナブルさやだれでも気軽に乗れる車格も手伝って、エントリーユーザーからベテランライダーまで、幅広い層からに好まれている250ccクラス。
「そんなニーゴー(250cc)モデルを中心に、各社のバイクたちに意識があったら……」そんな“if”のお話。今回は実は燃費とタンク容量が優れたスズキ・GSX250Rくんが主人公です。
作:もるん(@MOLN2RNG

前回のお話はコチラ

ほかの話を見る


GSX250R(2019)
「アーバンアスリート」をコンセプトに街中を颯爽と駆け抜ける姿をイメージしてデザインがされており、低地燃費(60km/h)は41km/L、タンク容量は15L。中低速での扱いやすさを重視したエンジン特性を持つ。価格はトリトンブルーメタリックNo.2が54万8900円で、クリスタルブルーメタリック/パールネブラーブラック・パールグレッシャーホワイトNo.2/パールネブラーブラック・パールネブラーブラックの3モデルは53万6800円。

次のお話はコチラ

ほかの話を見る

おすすめ記事

バイク事故件数ゼロへの挑戦! 葛西警察署が独自の取り組み 100年前から使われていた? 知られざる「郵便バイク」の歴史 SR400 世界的にも貴重なロングセラー車 ヤマハSR400が「2019日本自動車殿堂歴史遺産車」入り モノサス、ターボ、アルミフレーム…… 現代のバイクシーンにつながる「昭和に生まれた技術」 歴史を彩った名車シリーズ BMW R60 【東京モーターショー2019】見所は乗り物だけじゃない! 「美の象徴」コンパニオン特集!:その6
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

  1. Z650 ザッパー
Z650 ザッパー
PAGE TOP