コラム

バイクでも「車酔い」はするのか? 二人乗りしているパッセンジャーはどう?

バイクで「酔った」という話はあまり聞かない?

車だけでなく、あらゆる乗り物の乗車中に起こりえる「車酔い」問題。特に車に乗っている最中に酔ってしまったという話はよく聞きますが、バイクに乗って「酔った」という話はあまり聞きません。

「車と比べてバイクの方が酔いにくい」という話も耳にしますが、実際のところはどうなのでしょうか。また、タンデムシートに乗っているパッセンジャー(同乗者)の場合はどうなるのかも気になるところです。そこで今回は、バイク乗車中の「酔い」について詳しくご紹介していきます。

そもそも「車酔い」はどういう仕組みで起きるのか

耳の『三半規管』と『耳石器』と呼ばれる器官で捉えられた体の位置や傾き、揺れが脳へと送られます。

目眩や吐き気など、様々な症状が発生する「車酔い」は、そもそもどのようなメカニズムで起こるのかを見ていきましょう。

「車酔い」は、目や耳などの感覚器官から受け取った情報と、脳の情報処理能力のズレによって生じる自律神経の混乱で、「動揺病」や「加速度病」とも呼ばれています。車やバイクの乗車中だけでなく、船や飛行機、テーマパークのアトラクションに乗っていても起こります。

通常、耳の『三半規管』と『耳石器』と呼ばれる器官で捉えられた体の位置や傾き、揺れなどの情報は脳へと送られます。ところが、激しい揺れなどを引き起こす乗り物に乗ると、感覚器官が得る情報が多過ぎるため、送られてくる情報の処理が追いつかなくなります。すると自律神経の乱れが生じ、頭痛や吐き気などの症状が現れるのです。

軽度な症状であれば冷や汗やめまい程度の症状で済んでしまうことがありますが、症状が重くなると嘔吐中枢を刺激するため、辛い吐き気を引き起こすこともあります。

ちなみに、似たような症状に「ゲーム酔い」がありますが、これはテレビに映し出される3D映像を脳が動いているように認知するものの、実際感覚期間は揺れや傾き、加速を検知しないことによる感覚のズレによって脳が混乱するためだと言われています。

バイクが車より酔いにくい理由

バイクは車体とライダーの体を傾けて曲がるために慣性の影響を受けにくく、また基本的に進行方向に視線を向けているための脳の認識が遅れることもありません。

車よりも揺れや振動が多そうなバイクですが、実は車と比べると酔いにくい乗り物だと言えます。なぜなら次の理由があるからです。

●視線を行き先に向ける
●コーナリング中の慣性の影響を受けにくい
●密室空間特有の空気のよどみや匂いがない

進行方向に向かって視線を向けることができれば、走行中の揺れやコーナリングの慣性などの情報が入ってきても、脳の認識が遅れることはありません。

これは車を運転している人にも同じことが言えますが、密室である車とは異なり、剥き出しで乗車するバイクの方が視界を広く取りやすいため、バイクの方が酔いにくいと言えるでしょう。

また、コーナリング中に車体を傾けるバイクは、車よりも慣性の影響を受けにくいのも酔いにくい理由のひとつだと言えます。

さらに、車だと車内の空気のよどみや匂いの影響がありますが、バイクの乗車中は常に外気にさられされているため、匂いの影響もほとんど受けません。

こうしたことから、バイクの方が車よりも酔いにくくなっているのです。

バイクを降りてから気分が悪くなる人もいる

ここまでバイクは酔いにくい乗り物とご紹介してきましたが、もちろんバイクに乗っていても「車酔い」をする人はいます。また、バイクに乗っている最中に気分が悪くなる人もいれば、バイクを降りてから気分が悪くなる人もいるようです。

これは、長時間傾きや揺れの情報を受け取り続けた脳がいつの間にかその状態に慣れてしまい、バイクを降りても、脳がいつまでもバイクに乗っていると錯覚することから起こる酔いのこと。バイクから降りても頭がコーナーを走っているように、右へ左へふらふらと傾いているような感覚に陥ります。

特に長時間の走行や、コーナーやアップダウンが多い道を走行した後にバイクから降りると、起こりやすいとされています。

ただし、こまめに休憩を取ることで酔いの発生を抑えることができるため、ツーリング中は適度な休憩をとることをおすすめします。

また、身体や脳に疲労がある状態だと車酔いが起こりやすいため、遠乗りに出かける前には十分身体を休めるようにしましょう。

バイクの動きをコントロールできないパッセンジャーは酔いやすい環境にいる

パッセンジャーは運転者よりも酔いやすいと考えられます。

先ほどバイクだと進行方向への情報を得やすいため「車酔い」しにくいとご紹介しました。しかしこれは運転手に限った話となります。同乗者であるパッセンジャーは、運転手の操作にゆだねるため、バイクの動きに対して脳の処理が遅れがちになります。おまけにパッセンジャーの身長が低いと運転手に視界を遮られてしまうため、さらに酔いやすくなります。

また、バイクに乗ること自体に慣れていないと、乗車中は常に緊張してしまい、これがストレスとなって酔いを引き起こすこともあります。
ツーリング中は急な動作を控えパッセンジャーに優しい運転を
運転手は急加速や急発進など「急」が付く動作を控え、スムーズな走りを心掛けるだけで酔いを予防する効果は十分にあります。また、タンデム中はパッセンジャーを気遣い、こまめな休憩をとることも忘れないようにしましょう。

ほかにも、空腹時や満腹時も「車酔い」しやすいとされています。そのため、ツーリング前には軽く食事を済ませておき、行き先での食べ過ぎには十分気をつけるようにしましょう。また、どうしても「車酔い」が心配な方は、酔い止めを飲んでおくのもおすすめです。

せっかくの楽しいツーリングも、「車酔い」が起こると台無しになりかねません。今回ご紹介したことを参考に、パッセンジャーにも気を遣った、ゆとりのある運転を心掛けるようにしましょう。

レポート●モリバイク 写真●モーサイ編集部 編集●モーサイ編集部・中牟田歩実

  1. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  2. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  3. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  4. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  5. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  6. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  7. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  8. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  9. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  10. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  11. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

「7月1日はヤマハの誕生日」1955年生まれ、2021年で66歳に! SHOEIの最高峰モデル「X-Fifteen」登場! 価格は7万4800円で、2023年1月発売予定 ホンダ×モンベルのコラボウエア、グッズが全国のホンダドリーム店で発売されます!

カテゴリー記事一覧