<連載マンガ>バイク女子になるまでの話

第39話 2回目のモーターサイクルショー 【連載マンガ】20代女子イラストレーターがバイク乗りになるまでのお話

「バイクに興味はあるけど、無理かなぁ……」と思っていた女子イラストレーター(身長152cm)が、一念発起で免許を取得! まったくの初心者が、バイクの購入や用品選びなどバイクライフのあれこれを描いていくエッセイ風のマンガ連載です。
第39回は、2024年3月22日(金)から開催された東京モーターサイクルショーでのお話です。去年も東京モーターサイクルショーに行ってからもう一年。時間の過ぎるスピードにびっくりしています。

去年はなんとなくバイクに興味を持ち始めた時期にちょうど開催されていたので見に行っていた東京モーターサイクルショー。
今回はバイク(ホンダ モンキー125!)の契約を済ませてからの訪問。去年はどこか他人事で見ていた会場も、今回は違って見えます。

バイクの契約はしているので、「どのバイクを買おうかな~」といった視点ではなく、グリップヒーターやバッグ、ウエアなどの用品をじっくり見て回りました。

去年は「へ~、こんなものがあるんだ~」と軽〜く見ていたものが、今では「買うとしたらどれがいいかなぁ」と自分事になっています。当事者目線だとより楽しく会場を見て回れますね!

と言いつつ、密かに気になっていたバイクメーカーのブースへ行って、バイクに跨っては「やっぱり足は全然着かない……」なんて思ったり。

モンキー125が納車されたら、きっとナビが必要になるから、とりあえずスマホホルダーを買おうかな?などと探していると、サイン・ハウスさんのブースにはなんと!アルミを削り出して作られた高級スマホホルダーが!!
お財布に余裕はないけど、スマホホルダーひとつを取ってもいろいろな種類があるんだなぁと、また学びがありました。

バイクウエアはタイチの「RSJ328 エアーパーカ」というジャケットに注目! パッと目を引いたのが、テックオレンジというカラーでした。
色が鮮やかだしラフなデザインだし、私の好み一直線です。
女性用のSサイズを着てみたところ、大きすぎずキツすぎずでちょうどいいサイズ感でした。私の身長(152cm)だと、サイズが合わないことが多いのです。プロテクターも肘や背中などに入っているので、安全性も高いとのこと! ほかにも女性サイズのウエアが多くラインアップされていました。タイチは女子ライダーにはお薦めのブランドですね。

そして、最終日の3月24日には、このウェブサイトを運営している八重洲出版さんのブースでお手伝いをしてきました。イベントのチラシを配ったり、この連載を宣伝したり。人と話す機会があまりない自分にとっては楽しい時間になりました。
初日と3日目、全体的に「楽しい!」という気持ちで過ごせたモーターサイクルショーになりました!
いろんなバイクグッズを見ることができ、より一層バイクの納車が楽しみになってきています!

マンガと文:イシクラユカ

タイチのRSJ328 エアーパーカに一目ぼれ……!
サイン・ハウスさんのブースでは高級スマホホルダー「マウントシステム」に心ひかれる私
岡田商事さんの取り扱っているインカム「カルド」のコーナーで視聴
カルドのロゴ入り木製スマホスタンドをゲット!
ラフ&ロードのRA1027 HBツールボックス。ハンドルまわりやヘッドライトの下に付けると可愛いかも……
バイク雑誌「モーターサイクリスト」、ウェブサイト「モーサイ」でお世話になっている八重洲出版のブースでお手伝いするイシクラユカです
イシクラユカ

大学卒業後、アシスタントとして働きながら、自身もフリーのイラストレーターとして活動。現在、技術評論社で「イラストでわかる! Blenderの基礎知識〜モデリング編〜」を連載中。普通自動車免許は取得済み。アシスタント先の先生がバイク乗りで、タンデムさせてもらったことをきっかけに「バイク乗りになりたい!」と夢見るようになった。身長152cmと小柄なためか、教習所ではちょっと苦戦したものの、無事二輪の免許を取得!
Twitterはこちら:https://twitter.com/ishikurage_0509

  1. 最も乗りやすい大型スポーツバイク?『CB1000R』は生粋のSS乗りも納得のストリートファイター

  2. アパレルデザイナーが語る『CT125・ハンターカブ』。ワークブーツのようにタフでオシャレなバイク

  3. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  4. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  5. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  6. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  7. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  8. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  9. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  10. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

【バイク擬人化漫画】ニーゴーマン!第34話:バイクだって気になっちゃう!? 車両重量のお話【隔週連載】 「青くなったRC213V」レプソルホンダが2024年MotoGPマシンを発表! マルケスコラボのネオクラシック「Glamster MM93 COLLECTION CLASSIC」と、システムヘルメット「NEOTEC3 GRASP」が新登場!

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション