<連載マンガ>バイク女子になるまでの話

第21話 ……ついに卒検、結果は!? 【連載マンガ】20代女子イラストレーターがバイク乗りになるまでのお話

苦闘4か月、緊張の卒検に挑む!

ついに卒業検定の日がやってきました。コースも覚えてもう完璧と思っていたら、少し変わっていてショック! 果たして4か月の特訓の成果は!?

……ということで!!! 無事に卒業検定に合格できました! やった~!!
思わず発表された瞬間、両手を上げて喜んでしまいました。ほっと肩の荷が下りた感じがします。

やっと卒業できたので、今までどのくらいの費用がかかって、どれくらいの期間通っていたかな~なんて思い返してみたり。

入校する際に払った金額は、12万円くらいだったかなと思います。……しかし、私は3回ほど教習時間が延長されているため、そこにいくらかプラスされてしまいました。1回あたり4000円ほどだったので、3回で1万2000円。なので、結果的には合計13万円ちょいということに。
教習所を調べる前は、自動車の免許を取るときと同じくらいの金額を想定していたので、私的には安いな~と感じています。

また、通った期間は4か月ほど。仕事が忙しくなって1か月ほど行けない期間があったせいか、思ったよりも卒業までに時間がかかってしまいました。早い人だと2か月もかからずに卒業できるんじゃないかと思います!

卒業まで4か月もかかってしまった私ですが、思い返してみるとあっという間だったなと思います。最初は引き起こしもできず、想像以上に重いバイクを扱うことに心が折れかけました。でも、徐々に徐々にぎこちなくとも運転できるようになり、やればできるもんだな、と思っています。

シートの高さを調整してもらえた影響も大きいです。
152cmとどちらかといえば小柄な私でも卒業できたので、体格面で不安がある方もぜひ挑戦してもらえたらと思います!

教習のことを思い返すとバイクを倒した場面がいくつも再生されるのですが、無事合格できたからか、今はすがすがしい気持ちです!! 合格できてよかった〜!

教習初日、何回もバイクを倒してしまいました……
4か月後、コースではどうにか普通に走れるように! 教官の皆さん、ありがとうございました!

次回はさっそく免許センターに行って、免許の交付に行ってこようかなと思っています。そのあとはいきなり公道に出るのは怖いので、バイクレッスンなんかに参加出来たらな〜なんて。これからどんどんバイクライフが広がるのかと思うとワクワクです!!

卒業証明書を受け取って、にっこり! 次は免許センターへ!

マンガと文:イシクラユカ

イシクラユカ
イシクラユカ

大学卒業後、アシスタントとして働きながら、自身もフリーのイラストレーターとして活動。アシスタント先の先生がバイク乗りで、タンデムさせてもらったことをきっかけに「バイク乗りになりたい!」と夢見るようになった。

  1. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  2. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  3. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  4. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  5. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  6. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  7. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  8. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  9. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  10. アメリカ人ライダーが語るバイクの楽しさとCBR1000RR-Rの素晴らしさ「バイクに乗ってライフスタイルが変わった」

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

【厳選!ツーリングサポートアイテム】快適な通話が自慢のB+COMシリーズ。この美しい限定カラーが手に入るのは今だけだ! 【メグロ戦前ヒストリア】大正時代の「和製ハーレー開発計画」から生まれた国産大型車の名門・目黒製作所 オフロード走行初心者歓迎!大型アドベンチャー向け走行イベント「BAD」が4月29日、千葉県成田モトクロスパークで開催

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション