バイクライフ

人気車だけに「自分だけの1台を」レブル250カスタムはタイのパーツブランドと色変えがポイント!?

「レブル×GBミーティング」で見たカスタム派レブル250

今をときめくホンダの人気車と言えば、レブルシリーズとGB350。そのオーナーさんに向けて、全国各地でホンダ主催「レブル×GBミーティング」が開催されています。
中でもイベント参加者で圧倒的に多いのがレブル250。スタッフの方によると、毎回半分以上がレブル250なのだとか。

特にレブル250は、足着きは良くて、車検も無い250ccで、50万円台という求めやすい価格……と、売れる要素満点のモデルですしね(GB350は発売してからそこまで時間が経過していないのもありますが)。
ただ、それだけの人気車だと被りたくないというか、「自分だけの1台」を作りたくなるオーナーさんも多いはず。そこで、7月30日に山梨県・ふじてんリゾートで開催された「レブル×GBミーティング」にて、カスタム派の車両を見てみました。

大胆カスタム!しかもDYI派!ブルーのカフェレーサースタイル

会場でとにかく目立っていたのが、鮮やかなブルーのレブル250。オーナーのヒデタソさん(30代)。会場の参加者からとにかく質問攻めされていました。
ハンドル交換&バーエンドミラー化で一見カフェレーサースタイルともとれますが、フォークブーツやショートフェンダー化でボバー的要素も(こだわりのビルトインウインカーのリヤフェンダーに注目!)。
ちなみに、ここに行き着くまで約150点くらいのパーツを試したそうで、現在はその中から選ばれし30点が装着されているそうです。

DIYで作業している部分も多く、「とにかく珍しい色にしたかった」という塗装も自身で。ただ、仕上がりは100%満足には達していないようで(経年劣化対策など)、今後色々考えていきたいとのことでした。

タンクには「ヒデタソレーシング」のオシャレなロゴ。
ウインカーを組み込んだショートリヤフェンダー。

全塗装やパーツ試行錯誤の数々は、ヒデタソさんのYouTubeチャンネルに詳しく紹介されています。

https://www.youtube.com/c/hidetaso_channel/videos

純正車体色のイエローに合わせて

イエローのレブル250に乗る、るぐさん(40代)。
鮮やかなカラーリングはカスタムペイントかと思いきや、レブル250が初登場した2017年と翌2018年にだけ設定されていた「レモンアイスイエロー」で、この色が大変気に入っているとのこと。
そういえばレブル500にも赤があったような気がしますが、ビビッドな色がいつの間にか無くなっていますね……。

全体としてはノーマルのスタイルを崩さない方向ですが、マフラーはモリワキ製となっているほか、レバーやミラー、シートなど細かなカスタム多数。ラジエターガードもカスタムポイントのひとつで、「ペイントはまだちょっと修行が足りないかも……」と言いますが、車体色にあわせDIYで黄色く塗装されています。
ヘッドライトカウルはハーレーダビッドソンのスポーツスター・アイアン1200の流用とのこと。

メッシュ部分もイエローにペイントされています。
レバーは「rebel」のロゴ入り。

20代のお友達同士、カスタムの方向性はそれぞれ違う

イエローのレブルに乗るみことさんと、シルバーのレブルに乗るしゅんさん。二人とも20代で、バイク繋がりではなく昔からの友達同士。

右がみことさん、左がしゅんさん。カスタムはみことさんのお父上、そして二人で一緒に作業したそう。

みことさんはカフェスタイル志向。低めのハンドル&バーエンドミラーでツボは抑えつつ、ヘッドライトカウルはハーレー用カスタムパーツの流用とのことです。
アンダーカウルが目を引きますが、それら外装パーツはタイのカスタムパーツメーカー・K-SPEEDによるディアブロというブランドのもの。インスタで見かけたのがハマったきっかけだそうです。

しゅんさんはツーリング志向ということで、ゆったりシートにリヤキャリヤ。でも、よ~く車両を見てみるとマフラーはレーシーなアイテムで定評あるオーバーレーシング製。「コレ、いい音なんでんです」と、一瞬ニヤリとするしゅんさんでした。

ヘッドライトカウルはハーレー用のカスタムパーツを流用。ブラックのラインがスポーティです。
バーエンドミラーかと思ったら、ホーク11のように「下出し」バックミラーでした。
フレームの間のメッシュカバーもスポーティ。
ツーリングでの実用性は捨てず、しっかりとしたリヤキャリヤも装備。サイドバッグのガードは「rebel」の文字で抜き加工されたもの。

タイのカスタムパーツブランド「K-SPEED」

みことさんいわく「K-SPEEDのディアブロは、レブル250をカスタムする人の間では結構有名な存在です」。
筆者はレブル250のカスタム事情に疎いもので、スマホでK-SPEEDのパーツを調べつつ、改めて会場のカスタム レブル250をチェックしてみると……おお!特徴的なK-SPEED製タンクカバーを付けている車両が結構いますねぇ。

K-SPEEDディアブロのアンダーカウル(みことさんの車両)。
K-SPEEDディアブロのタンクカバー(みことさんの車両)。

このタンクカバーを付けている車両が結構ありました。

また、ヒデタソさんやみことさんのように「色変え」している方も少なからず。レブル250はブラックやシルバー、ブラウンなどシックな色が多いので、存在感抜群になりますしね。

一方、ちょっとだけカスタム派の方々から大胆カスタム派の方まで、定番化していると思われるのがレバー、ミラー、スマホマウント。そしてマットブラックのモリワキ製スリップオンマフラー装着率も高いように感じられましたが、純正カスタマイズパーツとしてラインアップされているのが大きいのでしょうか。

オーナーさんに話は聞けなかったものの……カスタム レブル250の数々

オーナーさんが見つけられなかったものの、引き続き大胆にカスタムされた車両を紹介していきましょう。

ちなみにレブルシリーズのデザインコンセプトは「SIMPLE、RAW(未加工の素材)」というもので、新車発表会では開発陣の方から「カスタムの素材としても楽しんでほしい」という話を聞きました。作り手の熱い思いがユーザーの皆さんに見事伝わっている……そこもまた大ヒットとなった要因なのかもしれません。


マットブラックの基調色にレッドのフレームが映える!アンダーカウルはK-SPEEDディアブロっぽいような? タンクキャップから丸い穴が並ぶタンクカバー、これはK-SPEEDディアブロでしょう!


マットのカーキでタンクやフェンダーをペイントし、ミリタリー調に仕上げられた車両。弾薬箱のようなサイドケースもマッチしています。星のロゴや、REBELの書体もいい雰囲気です。


ゼッケンプレートにセパハン&バーエンドミラー。ダートトラッカーとカフェレーサーの融合でしょうか。メーターはハンドル上に超コンパクトな液晶、タンクの左面には回転計? レトロさと近未来感の両方の要素があり、スチームパンク的な雰囲気も感じられます。
ステップはオーバーレーシング製となっていますが、先端が削れているということはかなり攻めているご様子です。ドレスアップというより「実戦用」!?


とにかく目立つでっかいカウル。イメージは『マッドマックス』のグースのバイク?

まとめ&写真●モーサイ編集部・上野

2022年8月25日追記:写真と動画を追加しました。

  1. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  2. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  3. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  4. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  5. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  6. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  7. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  8. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  9. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  10. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  11. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

「楽」を楽しむ情報満載!「快適」研究所〜足着き改善ブーツをテスト〜 【’80sバイク熱狂時代】進化が止まらなかった、’80〜90年代2サイクルマシン変遷史(後編) 黄と赤、どっちにする?【ホンダ】「CT125・ハンターカブ」にターメリックイエローを新設定!レッドは継続なので、目立つ色が増えることに!

カテゴリー記事一覧