バイクライフ

原型はまさかのビジネスバイク! クラシックバイクのように美しいカスタムマシンの正体とは

追記2022年5月7日・動画を補足しました。

レジャーバイクの祭典「モンキーミーティング」

ホンダが「レジャーバイク」と呼ぶカブ系エンジンのファンモデル。その原点といえるのが、今なおファンも多いモンキーだ。
当初は遊園地(多摩テック)用の乗り物として造られ、それをベースに輸出モデルが造られ、日本でも公道を走れるバージョンが登場し……というエピソードはあまりにも有名なのでここでは割愛。
知らなかった人は「多摩テック モンキー」などでググってみてね。

そんなモンキーファンが集う「モンキーミーティング」というイベントが年に1回開催されているのだが、新型コロナウイルスの影響により2020年、2021年は中止となってしまったものの、2022年4月に第13回が開催された。
モンキーミーティングにはモンキー以外のレジャーバイクで参加する人も少なくないのだが……

ダックスやモトラなども参加するモンキーミーティング(写真は第13回の会場)

現行のモンキー125やシャリーなどの参加者もいる(同じく第13回の会場

エンジンはカブ系だがイタリアンクラシックバイクのような……

一体コレは何ですの!? 元になったバイクが全くわからない謎のカスタムバイクを第13回モンキーミーティングで発見した。

左の水色のバイク、まさか誰もビジネスバイクであるベンリィCD50だと思わないだろう。もちろん筆者もベース車が何なの全くかわかりませんでした。
なんせ、本来ベンリィはバックボーンフレーム。なのにこの車両は独特なパイプフレームとなっているのだ。

ん〜エンジンはカブ系なんだろうなぁってことくらいしかわかりませんでした。一瞬「ソロ」かとも思ったものの……。

車両を製作したオーナーの高村優平さん(52歳)によると、外装としてパイプを貼り付けてしたわけではなく、ちゃんとフレーム=骨格として機能しているのだという。というのも高村さんは伊豆大島在住で、潮風による腐食が激しく「ベンリィのフレームがサビて穴が空いちゃったんです、それを延命させる一環で……」と謙遜気味に仰るが、もはや補強や修復のレベルではないのは一目瞭然。
自宅の作業場でスチール製パイプを切っては溶接し、製作期間は1年ほどかかったとのこと。

ザ・ビジバイ的なデザインのベンリィCD50。写真は2003年型だが、まあ大体どれも似たような形だ。
錆によって穴が空いてしまったというベンリィのフレーム部。だからってパイプフレームを組もうなんて普通は思いつかない……。

イタリアのクラシックバイクにも見えるデザインだが、高村さんが昔から形が好きだったという「神社仏閣スタイル」のホンダ ドリームC70がモチーフとなっている。美しい淡いブルーのカラーリングは娘さんによるアイディアで、「女性ならではのセンスって凄くて、こんな鮮やかな色は自分では思いつかなかった」とのこと。

モンキーミーティングに参加するため本土へ運んできたのを機に、この車両は本土で暮らすその娘さんに託すそうだ(やはり島ではサビが心配だという)。ただ「造った本人は特徴をよくわかっているけど、他人が造ったカスタム車って乗るのが難しいから、慣れるまでそこがちょっと心配」とも。
走らせてみるとフレームで組まれた車体は「かなり硬い」らしい……。

かろうじてベンリィCD50らしい部分といえるメーター。
エンジン前方に取り回されたマフラー。排気口は片側6本出しで、それが左右にある。
マフラーももちろん自作で、センターアップマフラー時代のカワサキ ニンジャZX-6Rのものを加工したという。
高村さんがデザインのモチーフにしたというホンダ ドリームC70(1957年登場)。250ccのOHC並列2気筒エンジンを搭載した当時のスポーツモデルで、独特なデザインは神社仏閣と呼ばれる。

「DAX-R」とカウルに描かれているが……

カブ系エンジンなのは何となくわかる。DAXとカウルに描かれているが、まさか本当にダックスなのか……。

さて、そのベンリィCD50カスタムの隣にあるフルカウルスポーツバイクもまた凄い。DAXってロゴが描かれているのでもしやと思ったら、ベース車は本当にダックスだった。この車両を造ったのは、なんと高村さんのご子息、凪輝さん(18歳)。

「モンキーにはRがあるけど、もしダックスにもRがあったら」というコンセプトだそう。凪輝さんは本土の大学に進学し、この車両で通学するつもりだという。

かろうじてダックスのT字型フレームは確認できるが、お父上・優平さんの車両同様パイプを組んだフレームによる補強が。一方、液晶メーターやLEDヘッドライトなど現代的な装備も取り入れられている。

T字型のプレスフレームを補強するような形でパイプフレームが追加されている。
メーターはコンパクトな液晶を使用。
ダックスおなじみ、ダックスフントのロゴもアレンジ。こちらは車体右側面。
右側面のロゴがカッコいい系なのに対し、車体左側面のダックスフントロゴは可愛い系!?

車体は小さく、部品も安いので「イジりやすい」と言われるカブ系モデル。そこには無限の可能性が広がっていたのである──なんて言葉ではまとめられない。この場合、高村親子の技術とセンスが凄すぎなのである。

レポート●上野茂岐 写真●上野茂岐/ホンダ

おすすめ記事

ヴィーナスローマ 125 新車で買える1960年代のベスパ!? 美しき謎のスクーター「ヴィーナスローマ125」とは 全国のトライアンフ正規販売店で新車やアクセサリーがお得に購入できる「オールラインアップフェア」を開催 【NEW MODEL】MVアグスタとピレリのコラボレーションモデル、DRAGSTER 800 RR PIRELLIが世界限定200台で発売
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP