バイクライフ

「ポイントは純正シートのまま!」ホンダ GB350Sをレトロなカフェレーサー風に仕上げたACTIVEの妙技

ACTIVE(アクティブ)によるGB350S カスタム例

2022年3月24日~26日に開催された東京モーターサイクルショー。
高性能なカスタムパーツで知られるアクティブのブースには、人気のホンダ GB350Sをカフェレーサー風にカスタムした一例が展示されていました。

ノーマルだと乗車姿勢の楽なバーハンドルですが、なんとセパレートハンドル化。アクティブオリジナルのトップブリッジは仕上げも美しく、追加タコメーターとの一体感も見事。
リヤサスペンションはHYPERPRO(ハイパープロ)のエマルジョン ローダウン-20mm、フロントはハイパープロのスプリング&プリロードアジャスターを採用し、突き出し量を増やしてローダウン。
低く構えた姿が、とても渋くてカッコいいです。

ブレーキキャリパーは、高品質でレーシーなGALESPEED(ゲイルスピード)で、キャリパーサポートをオリジナルで製作。開発中というホイールはアルミ鍛造で前後18インチ。ノーマルのGB350Sは前19インチ、後ろ17インチですが、スポーティなタイヤを選択できるようにしたかったのだとか。このあたりにも走りへのこだわりがにじみ出しています。
パフォーマンスダンパーも装着し、おそらく高速道路でも旋回時も振動のないスッキリとした走りで、快適性にも配慮されていると思われます。

足まわりのローダウン&セパハン化でカフェスタイルが強調されている。
美しいトップブリッジとセパハンの組み合わせ。ノーマルのGB350Sのメーターは回転数表示が無いので、タコメーター増設は実用面でも効果アリか。
不快な振動を吸収するパフォーマンスダンパー(3万8500円)も装備。
ゲイルスピードのElaborate 4Pアキシャルキャリパー(9万9000円)。キャリパーサポートはアクティブオリジナル(予価8580円)。
アルミ鍛造のホイールはフロントが予価11万3300円、リヤが予価12万6000円。フロントのショートフェンダーはドライカーボン製で予価3万3000円。

シートは純正のまま、「カバー」でシングルシートのイメージを再現

さらに編集部が注目したのは、リヤのリングルシート風カバー。
ノーマルのGB350Sは前後のシートが一体型ですが、この展示車はシングルシート風の丸みを帯びたテールカウルでカフェレーサーイメージを構築。

「お、シングルシートとテールカウルまで開発したのか、かっこいい!」と思いきや、シートは純正のまま。要はテールカウルをシートに被せているだけなのです。
一見、いや、よく見ても違和感のない仕上がりでした。

ということは、一人で走るときはシングルシート風のカフェレーサースタイル、彼女とのタンデムやツーリングで荷物を積むときはテールカウルを外して……という使い方ができる!
カッコよくて実用性もあるなんて、すばらしいアイテムではないでしょうか? GB350Sのカスタムに対する潜在能力の高さを示してくれた1台でした。

なお、一部部品は試作品ではあるものの、カスタム総額は「部品代だけで100万円くらいになりそう」とのことです。

ノーマルのタックロールシートに、丸みのあるテールカウルを装着! シングルシートにしか見えないのだ
フェンダーレスキットも開発中(予価3万800円)。シングルシートカウルもカーボン製だ。

レポート&写真●太田力也

CONTACT

アクティブ

http://www.acv.co.jp

おすすめ記事

どう見ても「赤いきつねと緑のたぬき」な道路標識を北海道の高速道路で発見!! 有名カップ麺との関係は……? 【バイク擬人化漫画】ニーゴーマン! 第11話:元気の秘訣は大きなお靴!バンバン200君 STRIKERがカワサキ Z900RSの新たなコンプリートパーツパッケージ「SZ022」を2022年に発売予定!
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP