バイクライフ

無限MUGEN「2022 東京オートサロン」ブースで、電動スポーツバイクの未来が見られる!

F1やスーパーGTなど、ホンダの4輪モータースポーツ活動を開発の側から支える「無限 MUGEN」。
2022年の東京オートサロンには、2021年スーパーGT・GT500クラスを戦った「Red Bull MOTUL MUGEN NSX-GT」、2021年全日本スーパーフォーミュラ選手権でシリーズチャンピオンを獲得した「TEAM MUGEN SF19」(#16 野尻智紀選手車)、オートサロン特別カラーの真っ赤なホンダ シビックを展示していますが……ブースにはバイクファンの興味をそそる展示も!

2021年全日本スーパーフォーミュラ選手権でシリーズチャンピオンを獲得した「TEAM MUGEN SF19」(#16 野尻智紀選手車)。
2022東京オートサロン特別カラーのホンダ シビック。

そのマシンとは無限が開発を続けている電動モトクロスマシン「E.REX」。
無限は2012年〜2019年までマン島TTの電動車クラスに「神電」で参戦し活躍を続けていたが、そのテクノロジーを継承・発展させた電動パワーユニット(モーター)を搭載している。

「MUGEN e-Axle prototype」(無限・イーアクスル・プロトタイプ)と名付けられたこのユニットは、それまで別体式だったモーター、インバーター、ギヤボックスを一体化し、軽量コンパクトな点が大きな特徴。
そもそも車両のスペースが限られるバイクにおいては「いかに小さく軽くできるか」は非常に重要な要素となってくるほか、モトクロッサーのような競技車両においては運動性能を高めることにもつながってくる。

現状この電動ユニットはプロトタイプであり、「E.REX」にしても開発・研究用のマシンといえる存在だが、コミューターではない「電動スポーツバイク」の動力源として大いに期待できるのではないだろうか。

無限が開発を進めている電動モトクロスマシン「E.REX」。動力ユニットとして「MUGEN e-Axle prototype」を搭載している。
「MUGEN e-Axle prototype」は水冷式で、軽量コンパクトを追求しつつも、十分な冷却性能が確保されているという。最高出力は30kW(約40馬力)、最大トルク70Nm(7.1kgm)、最高回転数は1万rpm以上。
マン島TTの電動車クラスに参戦していた「神電」のインバーターとモーター。一方「E.REX」の「MUGEN e-Axle prototype」では、モーター、インバーター、ギヤボックスが一体化されている。

まとめ●上野茂岐 写真●飯田康博

CONTACT

無限 MUGEN

http://www.mugen-power.com/

おすすめ記事

【NEW MODEL IMPRESSION】KTM 790 ADVENTURE/R その違いは何か? Share the view「車上の一幕」を記録に残したい! マスツーもソロツーもどちらも楽しみたいワガママライダーはコレが正解!! MIDLANDのインカム「BT X2 PRO S」
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP