バイクライフ

「HondaGO BIKE RENTAL」からバイクとセットでキャンプ用品も借りられる「キャンプツーリングセット」が登場!

ホンダのレンタルバイクが、キャンプグッズのレンタルも開始!

原付から1000ccオーバーの大型バイクまで、手軽にバイクをレンタルできるサービスとして人気を集めている「HondaGO BIKE RENTAL」。
特に55時間もレンタルできるお得なプラン「LONG GOGO」などでは、ロングツーリングも視野に入れた借り方ができるとして好評を博しています。

ここ最近のコロナ禍の影響で、密になりにくいキャンプツーリングが流行していますが、キャンプ用品を一式そろえるとなるとかなりの費用が掛かります。
そんな中で2021年10月8日から「HondaGO BIKE RENTAL」(一部店舗)でオプションサービスとして「キャンプツーリングセット」のレンタルが開始されました。

「キャンプツーリングセット」はテントやシュラフ、バーナーやクッカー、照明となるランタンやバイクに積載するためのバッグやネットなど、このセットと食料だけあればキャンプができるという内容になっています。
そのキャンプ用品は、なんとアウトドアアイテム大御所のmont-bell (モンベル)商品。その上Hondaのロゴ入りダブルネームのキャンプ用品という豪華さです。

キャンプツーリングセットの内容

セット内容:テント(モンベル)、シュラフ(モンベル)、マット(モンベル)、チェア(ヘリノックス)、バーナー(ジェットボイル)、テーブル(モンベル)、積載用バッグ(デイトナ)、クッカー(モンベル)、ランタン(モンベル)、インナーシュラフ(モンベル)、ハンマー、ネット、グラウンドシート、キャンプツーリング小冊子

「HondaGO BIKE RENTAL」のキャンプツーリングセットに含まれる「mont-bellクロノスキャビン2型」。別途グラウンドシートが付属します。

実際、ソロキャンプであればこのセットでかなり充実したキャンプが過ごせます。またシュラフだけではなくフォームパッドマットが付属することでテントの設置場所に関わらず安眠が期待できることもうれしいところ。

この「キャンプツーリングセット」はスーパーカブ 110、クロスカブ 110、CT125・ハンターカブ、ADV150、400X、CRF1100Lアフリカツインなどの計7車種(2021年10月現在)をレンタルした場合に有償オプションとして選択することが可能です。

キャンプツーリングを楽しむのに適した基本的なアイテムがひとつのセットになっているだけでなく、それを収納するツーリングバッグとともに貸し出されるのも大きな特徴。
「キャンプツーリングセット」は1 日1万5400 円(税込)よりレンタルでき、2 日目以降は3300 円(税込)/日の延長料金となります。 例えば1泊2日では 1万8700 円(税込)、LONG GOGOでセットオプションとした場合は2万2000となります。

これからの季節はむしろキャンプのハイシーズン。こんなサービスでぜひ出かけてみませんか?

「HondaGO BIKE RENTAL」のキャンプツーリングセットで借りられるバイクのうち最も排気量が小さいのがこのスーパーカブ110(109cc)とクロスカブ110(109cc)。小型限定普通自動二輪免許(AT限定可)でも乗ることができる。
「HondaGO BIKE RENTAL」のキャンプツーリングセットで借りられるバイクのうち最も排気量が大きいのはこのCRF1100Lアフリカツイン(1082cc)。運転には大型二輪免許が必要。

まとめ●松永和浩  写真●ホンダ/モーサイ編集部 編集●モーサイ編集部・中牟田歩実

  1. “はじめてのツーリングに役立つノウハウ人気記事TOP5! バイク初心者の人はチェックしてみて!【脱! バイク初心者虎の巻/旅のノウハウ 編】

  2. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  3. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  4. スーパーカブ C125、起伏がある坂道にも強い!レンタルバイクで日本の原風景を旅するなら『スーパーカブ C125』がピッタリだと思う【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Super Cub C125(2022)】

  5. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

  6. ただの味わい系バイクじゃない。 新型『HAWK 11 (ホーク 11)』に感じる大型バイクの新境地【HAWK 11に、乗る /試乗インプレ・ファーストレビュー 前編 】

おすすめ記事

【バイク熱狂時代は永遠に:2】そこには守るべき“ルール”があった……高校生が見た1980年代の峠の世界 老若男女から大人気のホンダCT125ハンターカブ。そのオリジナルグッズ販売が決定! 【釣りツーリングに行こう!】1釣目:茨城県那珂湊港で年始早々ボラを釣る
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP