バイクライフ

長瀬智也さんがビンテージアメリカンのレースを続ける思い「誰かの趣味や、人生の良い時間を過ごすきっかけになったら」

2024年6月9日、富士スピードウェイで行われたMCFAJ『2024クラブマンロードレース第2戦』の『MAX-AC』クラスに、長瀬智也さん(CHALLENGER RACING)が西田 裕さん(JOYRIDE)、伊藤 毅さん(ROUGH MOTORCYCLE)とともに『JAPANESE CHOPPER RACING』として出場しました。長瀬さんといえば、現在は芸能活動を休止しながらも自身のSNSでバイクや釣りなどのアクティビティを発信中。

今回のレースもまた自身のインスタグラムで「富士スピードウェイの収容客人数はおよそ2.5万人だそうですが我々のレースはいつもガラガラですのでゆっくりレースをお楽しみいただけるかと思います」「我々のために来てくれる記者様は1人もいないと重々認識はしておりますが、それでも我々のレースを選んでくれた記者様がいたのなら積極的に囲み取材の対応も考えさせていただきます」との発信により報道関係者をはじめ、ファンの方々が多数駆けつけたのでした。

そもそも長瀬さんは数年来『AVCC』(アメリカン・ビンテージ・コンペティション・クラブマンレース)やMAXグループ主催によるバイクレースに出場していて、ビンテージハーレー好きの間ではその活動はよく知られていました。
ただ、「僕らがこのレースを始めたときは、このクラスがなくなりそうなくらい少なかったんです。もう走ったら入賞するくらい。(レーサーが)3人しかいないって事です。そのくらい一時期、低迷してしまった時代があったんです」と長瀬さんは当時を振り返ります。

ちなみに、『AVCC』はビンテージバイクをコアに据えたレース団体で、年間3戦を開催中(2024年の最終戦は11月10日に筑波サーキットで行われます)。年季の入ったアメリカンが激走する姿はバイカーでなくとも胸打たれるものがありますよ。

AVCCに出場しているビンテージレーサー。往時の面影を再現したマシンもあれば、オーナーのオリジナリティが発揮されたものもあるなど、見ているだけで楽しくなってくるバイクばかりです
同じくAVCC参戦のマシン。オーナー自らがカスタムしていることも少なくありません
マシンにまたがったときの鋭い眼差しとは打って変わって、お話を聞かせてくれた際の長瀬さんはじつにジェントルで、物腰も穏やか。サーキットを訪れた際は、ぜひ応援してあげてください!

今回、長瀬さんが参戦したのはMAX-AC(輸入車の空冷エンジンクラス)。そこに、昨今アメリカでも最もホットなレースといわれる『キング・オブ・ザ・バガーズ』用マシンを思わせる、ハーレーダビッドソン FLTRX-STベースのマシンを投入。
サスペンションや吸排気系はチューンナップされていますが、そもそもハーレーのラインアップ中で最も大きく重たいツーリングモデル系であるのに加え、サイドバッグを残した姿(とはいえ、バッグはカーボン素材などに換えられています)は一見レースには不向きとも思えるはず──。

編集部註:MAX-AC自体はバガーマシンのレースではなく、今回の同クラスでは他にドゥカティ 900SSが参戦。

ですが「ハーレーでレースをやるなんて笑われちゃうくらいの話かも知れないですけど、僕らは、そこに面白味を感じています。速いバイクで速いのは当たり前ですからね(笑)。アメリカのハーレーダビッドソンっていう、到底レースをするって思いにならないような、ツーリングに向けたバイクでレースをする楽しさを僕らは覚えてしまって」と、長瀬さんは笑顔を浮かべます。

マシンのチューン、メンテナンスを担っているのは東京・小平市にある知る人ぞ知るバイクショップ『ジョイライド・スピードショップ』(JOYRIDE)。代表の西田さんは長瀬さんと同じく『AVCC』に参戦していたことから「バガーレースを面白いという感覚の持ち主として真っ先に西田さんの顔が浮かんび、すぐさま電話をかけました」と長瀬さん。

ハーレー FLTRX-STベースのバガーレーサーを駆る長瀬さん。いかついマシンにカラフルなレーシングスーツが印象的。長瀬さんの発信もあって、当日のパドックは黒山の人だかりでした!
アメリカで大人気を博しているレース『キング・オブ・ザ・バガーズ』は大きく、重たいツーリング系バイクがサイドバッグ付きで戦うレース! こうしたマシンが日本で走る姿を見られると思うとワクワクしますね。写真のマシンは長瀬さんのFLTRX-ST
長瀬さんの左がJOYRIDEの西田さん、右はROUGH MOTORCYCLEの伊藤さん。3人で『Japanese Chopper Racing』としてMAX10(筑波サーキットで上限タイム1分10秒)クラスに出場しています

実は長瀬さんはFLTRX-STのほかに、バガーレーサーのインディアン チャレンジャーRRも手に入れてましたが「インディアンも試乗しましたけど、やはり乗り慣れたハーレーの方が僕の感覚に合っていた」ことから、レースにはハーレーを選んだとのこと。
今回『JAPANESE CHOPPER RACING』として、長瀬さんがハーレーダビッドソン FLTRX-ST、西田さんがハーレーダビッドソン FLTRX、伊藤さんがインディアン チャレンジャーRRとバガーマシン3台で出走。

また、長瀬さんはヨシムラとの長年の親交からサポートも受けており、FLTRX-STのマフラーはワンオフのヨシムラスペシャル。USヨシムラが作っていた「シリーズ7」と同系統でチタニウム製。バンク角を稼ぐために地上高を高めに装着されているのがポイント。ハーレーの鼓動感に加え、レーサーならではの迫力を感じさせるエキゾストノートは、ぜひサーキットで耳にしていただきたい絶品です。

「新しい何かを作ったり、新しい何かを始めたりする時って言うのは一番楽しいんですよね。だけど一番最初にやる人って、まず笑われるじゃないですか、大体二番目の人がドカーンと行くんです。でも僕らは、一番目で良いんですよ。そういう立ち位置で、サーキットにいる一緒に走っているライダーの方達にすごく温かい声をもらって、乗っているバイクは違っても、気持ちが通じるっていうのは、言葉には代えられない喜びがあるので、僕たちだけで楽しむのはもったいない。皆さんにも是非とも味わってもらいたい」と長瀬さん。

また「色んな表現の仕事をしてきた人間として、見てくれる人がいないと表現者になれない。ライダーも同じだと思っていて、僕らを通じてちょっとでも知ってもらって、誰かにとって良い趣味や、人生の良い時間になってくれたら良いなという思いで、発信しています。もし(レースがしたくて)くすぶっている人がいるなら、ぜひチャレンジしてほしいと思います」ともコメント。

西田さんが乗ったハーレーダビッドソン FLTRX。FLTRX-STの前に長瀬さんが企画し、JOYRIDEで仕上げたバガーレーサーです
インディアンが『キング・オブ・ザ・バガーズ』で優勝し、そのレプリカモデルとして作られたチャレンジャーRR。こんな形をしていますが、純粋なレーシングマシンで公道走行は不可。世界限定29台生産で、日本では数台の販売となったとか。長瀬さんが手に入れたマシンは、レース当日、伊藤さんが乗って出走
バガーレーサーのポイントのひとつ、サイドバッグ(写真はチャレンジャーRRのもの)。そこには「愛が詰まっています」と長瀬さん。実はバッグを装着してのレースは「車幅が広くなる」ということで物議を醸したことも。それを西田さんが尽力し、MAXグループの会長が参戦可能としたことを指して、「愛」と表現したわけです

最後に、富士スピードウェイの好きなところを挙げてもらうと「やっぱり1.4kmのストレートですね。高速だからリスクも大きい、でもやめられないというのは魅力があるコースだと思います。それに子供のころからF1などで馴染んでいるし、富士はバイク乗りの思いが詰まっている気がします。AVCCとMAXのレースは筑波と富士だけなので親しみも自然とわいてきます」

なお、先述の通り長瀬さんは11月10日に筑波サーキットで開催されるレースにも出場予定です。『AVCC』ではビンテージハーレー、『MAXクラス』ではバガーレーサーで参戦する模様。長瀬さんの応援はもとより、バイクのレース観戦はとても楽しいものなので、ぜひ足を運んでみて下さい!

今回の取材でご協力いただいたAVCCのみなさん。ぱっと見はいかつい(!?)雰囲気の方々ですが、話してみると気さくで親切。レースだからといってバチバチしておらず、むしろ和気あいあいとしていたのが印象的でした
決勝終了後、報道陣の前でインタビューに応じた長瀬さん。20社近くのメディアが駆けつけ、中には長瀬さんが20代のころから顔見知りという芸能誌の記者さんも

レポート●石橋 寛 写真●石橋 寛/モーターサイクリスト編集部 編集●上野茂岐

  1. 最も乗りやすい大型スポーツバイク?『CB1000R』は生粋のSS乗りも納得のストリートファイター

  2. アパレルデザイナーが語る『CT125・ハンターカブ』。ワークブーツのようにタフでオシャレなバイク

  3. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  4. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  5. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  6. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  7. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  8. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  9. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  10. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

インディアン チャレンジャーのKING OF THE BAGGERSチャンピオン獲得を記念したフェアを開催 【残雪の恐怖!】愛車のニンジャがぁああっ!! 「今日は暖かいから大丈夫」と油断したバイク乗りを襲った悲劇 カタナのように研ぎ澄ました「スイフトスポーツ」がオートサロンに登場!

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション