バイクライフ

【2024マン島TTレース】最強ライダー決定戦「シニアTT」は28歳トッド選手(BMW M1000R)が初勝利、平均速度は213.7km/h!

レース最終日にはレジェンドライダーやBMWのイベントが予定されていたが、一部は雨天中止に

2024年のマン島TTは、天候不順によってレーススケジュールの遅れが多発。本来ならば最終日の6月8日はシニアTTのみが行われる予定だったが、順延となっていたスーパースポーツTT決勝レース2とスーパーツインTT決勝レース2が行われたほか(いずれも3周を2周に短縮)、『ラッター・レガシー・パレード』と『BMWクラシック85周年パレードラップ』も予定されていた。

BMWのパレードラップは最終日までに2度、天候不順により延期されてきたのだが、この日もキャンセルとなってしまった。このパレードは、1939年のマン島TTのシニアTTで優勝したBMW Type 255 RS500(スーパーチャージャー付き空冷水平対向500ccエンジン搭載のレーサーで、ドイツ人ライダーのゲオルグ・マイヤーがマン島TTで初めて外国人として優勝した記念すべきマシン)を走らせるはずだった。

BMWクラシック85周年パレードで走る予定だったタイプ255(500コンプレッサー)。パレードラップする予定だったのは左のマシン(ゼッケンプレートに車検ステッカーが見える)で、右はおそらく1939年にシニアTTで優勝した実際のマシンと思われる

『ラッター・レガシー・パレード』は、現役トップライダーであるマイケル・ラッター選手の父、トニー・ラッター(故人)の偉業を称えるもので、彼のTTデビュー60年の節目として行われた。トニー・ラッターは、1981年から4年連続でTT-F2世界選手権を連覇。マン島TTは1965年から1991年までの26年間も参戦し、7回の勝利のうち、ドゥカティ レーシングパンタTT2で4回の勝利を獲得している。

パレードラップでは、息子のマイケル・ラッター選手がレーシングパンタTT2を走らせた。また、マイケルがマン島TTで走らせていたホンダ RC213V-Sをジョン・マクギネス選手が、トニーがヤマハ時代に乗っていたTZ350をイアン・ロッカー選手が走らせ、スネーフェルマウンテンコースを1周したのだった。

『ラッター・レガシー・パレード』スタート前。奥からドゥカティ TT-F2、恐らくドゥカティ TT-F2、ヤマハ TZ350で、ここまでがトニー・ラッター選手が乗ったマシン。マーシャルを挟んでBMW S1000RR、ホンダ RC213V-S
左がマイケル・ラッター選手、右がイアン・ロッカー選手

シニアTTはダンロップ選手 vs ヒックマン選手の戦いかと思われたが……

さて、マン島TTレース最大の注目クラスであるシニアTTだが、レーススケジュール短縮のため本来6周のレースが4周で行われた。注目はマイケル・ダンロップ選手(ホンダ CBR1000RR-R)がTT最多勝利数のさらなる更新──30勝目を挙げることができるか、はたまたピーター・ヒックマン選手(BMW M1000RR)がシニアTTの3連覇を達成できるか、だった。

編集部注:シニアTTとはマン島TTレースにおける最高峰クラス。今シーズンで活躍したライダーたちが参戦し、多くの選手は戦闘力の高いスーパーバイクTTのマシン(スーパーバイク世界選手権に準じた市販車ベースの車両)を使用する。

しかしレースは1周目、トップタイムで走っていたダンロップ選手がリタイヤ。2周目にはヒックマン選手がコース中盤のジンジャーホールでクラッシュしてリタイヤ(本人に怪我はないそうだ)。トップ争いのふたりが早々にレースから離脱したことで、浮上してきたのは2秒差でヒックマン選手を追いかけていたデイビー・トッド選手(BMW M1000RR)だった。

スタートライン直後の交差点、セントニニアン(隣接する教会の名称)を通過していくデイビー・トッド選手。ここはウイリーするだけのライダーが多いが、トッド選手は完全にジャンプしており、そのスピードの速さがよくわかる

トッド選手は2周目、3周目と徐々に後続とのタイム差を広げていき、ファイナルラップも調子を崩すことなくそのままフィニッシュ。シニアTT初勝利を挙げた。

「スーパーバイクTTでは2位、スーパーストックTTで初めてマン島TTで勝てたから調子がよかったし、優勝争いに加われると思ってはいた。でもだ実感がわいてこないよ。ミルウォーキーBMWは素晴らしいバイクを作ってくれたし、チームに感謝しています。今から来年のTTが楽しみだ」

レース終了後にそう語ったデイビー・トッド選手は、1995年生まれの28歳。マン島TTは2018年にデビューし、シニアTTで9位に入る活躍を見せた。それ以来、シングルフィニッシャーの常連となり、初の表彰台は2022年スーパーストックTTの3位(マシンはホンダ CBR1000RR SP)。

今回はBMWにスイッチしてスーパーバイクTTで2位、さらにスーパーストックTTでは初優勝。また、スーパースポーツTTではドゥカティ パニガーレV2を走らせて注目を浴び、レース1で2位、レース2では3位と好調だった。そして有終の美となるシニアTTで優勝と、彼にとって2024年は最高のTTとなった。

なお、シニアTTの2位にはジョシュ・ブルックス選手(BMW M1000RR)、3位にはディーン・ハリソン選手(ホンダ CBR1000RR SP)が入った。現役選手ではマイケル・ダンロップ選手に次いで通算勝利数2位となる23勝を挙げているベテランライダー、ジョン・マクギネス選手(ホンダ CBR1000RR SP)はその健在ぶりを発揮して5位に入賞している。

レースを終え、ウィナーズエンクロージャーで喜びのバーンアウトするデイビー・トッド選手
デイビー・トッド選手はイギリス出身の28歳。次世代のTTを担うライダーとしての注目も集まる
シニアTT上位3名のライダー。左からディーン・ハリソン選手(3位)、デイビー・トッド選手(1位)、ジョシュ・ブルックス選手(2位)

2024マン島TTレース「シニアTT」リザルト(トップ10)

1位:デイビー・トッド(BMW M1000RR)/タイム01:08:09.761/平均速度132.847mph
2位:ジョシュ・ブルックス(BMW M1000RR)/タイム01:08:48.846/平均速度131.589mph
3位:ディーン・ハリソン(ホンダ CBR1000RR SP)/タイム01:09:15.057/平均速度130.759mph
4位:ジェームス・ヒリアー(ホンダ CBR1000RR SP)/タイム01:09:52.433/平均速度129.593mph
5位:ジョン・マクギネス(ホンダ CBR1000RR SP)/タイム01:10:19.913/平均速度128.750mph
6位:マイク・ブラウン(アプリリア RSV4 1100)/タイム01:10:27.078/平均速度128.531
7位:ネイサン・ハリソン(CBR1000RR SP)/タイム01:11:17.499/平均速度127.016mph
8位:ショーン・アンダーソン(スズキ GSX-R1000R)/タイム01:11:17.903/平均速度127.004mph
9位:マイケル・ラッター(BMW M1000RR)/タイム01:11:28.426/平均速度126.693mph
10位:ポール・ジョーダン(ホンダ CBR1000RR SP)/タイム01:11:31.658/平均速度126.597mph

レポート●山下 剛 写真●IOMTT/山下 剛 編集●上野茂岐

  1. 最も乗りやすい大型スポーツバイク?『CB1000R』は生粋のSS乗りも納得のストリートファイター

  2. アパレルデザイナーが語る『CT125・ハンターカブ』。ワークブーツのようにタフでオシャレなバイク

  3. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  4. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  5. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  6. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  7. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  8. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  9. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  10. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

007シリーズ最新作公開! ジェームズ・ボンドにまつわるバイク&クルマのハナシ(サイドカーもあるよ) 「AHB(オートハイビーム)」の新搭載で、「Ninja H2 SX SE」のハイテク度がさらにアップ! より安全/快適に走れるようになった 衝撃時だけ硬くなる!【フリュガン】の「D3®プロテクター ゴーストシリーズ」に胸、背中用が追加された!

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション