バイクライフ

「彼女たちがハーレーに夢中になるワケは?」 国内最大級のバイクイベント・ブルースカイヘブンでハーレー女子にインタビュー!

2024年6月1(土)~2日(日)にかけて、ハーレーダビッドソンジャパンが横浜の山下ふ頭で開催した『BLUE SKY HEAVEN 2024』。これまで富士スピードウェイを会場にキャンプなども楽しめるアウトドア要素の強いイベントでしたが、横浜に移った今年は「都市型ライフスタイルフェス」に! 参加者数は2023年より1500人増え、過去最高の1万1000人にのぼったとのことです。

令和6年能登半島地震の復興を祈念する「ハーレーダビッドソン能登復興支援パレード」というビッグイベントも大成功。山下ふ頭から山下公園通りまでを約300台のハーレーがパレードしたのですが、参加者は復興への志として参加料(1 台あたり3000 円~)を募金。加えてパレードの沿道に集まったギャラリーからの募金も合わせ106万5644円が集まり、後日、全額が能登復興支援へと寄付されるとのことです。

2024年は横浜で開催となった、ハーレーの一大イベント「ブルースカイヘブン」
令和6年能登半島地震の復興支援を祈念し、山下ふ頭から山下公園通りまでを約300台のハーレーがパレード!

そんな『BLUE SKY HEAVEN 2024』には、多くのハーレー女子たちも参加。横浜へと場所を移したこともあってか「免許は持っていないけど、これからハーレーに乗りたい!」という人を多く見かけた気がします。当記事では、そんなハーレーに夢中なステキ女子を紹介していきましょう。


■彼女はハーレーに乗っている仲間と一緒に参加。バイクに乗っているわけではなかったものの「ハーレーにすごく乗りたい」と積極的なコメント。展示してあったモデルへ熱い視線を向けていました。

■大型二輪免許をこれから取りに行きたいという彼女、「乗るなら絶対ハーレーがいい」と目を輝かせていました。アクティブ&ミステリアスな雰囲気は、もうすでにハーレー女子という感じです。

■ハーレー歴は長く、ブルースカイヘブンには何度も参加しているそう。ハーレーに乗ってからライフスタイルは「凄まじく充実してます」とのこと。

■晴れ渡った横浜の空に似合うさわやかな彼女はバイク女子。ハーレーにも興味津々で、バイクはもとより「ハーレーはアパレルもいい感じ」とショッピングを満喫したそうです。

■ハーレー好きが高じて、インスタや動画の発信をするようになったという彼女。FLTRXS(ロードグライドスペシャル)ほか数台を所有しているそうです。@FLTRX2020MARINAをぜひチェックしてみてください。

■乗っているハーレーの車種を聞きそびれてしまったのですが、先のインスタグラマーの彼女と仲良しだそうです。バイカーらしいタトゥーはいかにもハーレーに似合いそう。

■こういうハーレー女子グループに出会えるのもブルースカイヘブンの楽しいところ。白Tのお嬢さんを除いて、全員が気合の入ったハーレーオーナーです。

■ハーレー女子になって日が浅いと言いつつ、ハーレーのウエアでバッチリ決めていた彼女。色んなハーレーが見られる、ハーレー仲間に会えるのがブルースカイヘブンの楽しみだそうです。

■彼女もさりげなくアパレルでハーレー女子をアピール。ハーレーのグッズというとゴツいイメージがあるかもしれませんが、昨今はカジュアルなものやレディースアイテムも豊富。彼女のようにキュートなコーデもいけちゃうんです!

■トラッカーキャップはハーレー女子はマストアイテム!? 横浜らしいホワイトに、ネオンカラーTシャツ、そしてシルバーアクセはイーグル系と、完璧なブルスカコーディネート。

■ハーレー乗りのお友達と一緒に参加した彼女。現在バイクには乗っていないそうですが、「ハーレー乗りたくなってきた」と満面の笑み。なんとなくですが、ローライダーが似合いそう!

■ハーレー歴をガッツリ積んできたグループ。とても仲の良い雰囲気が伝わってきて、ハーレーがつなげる絆というのは強力だと感じさせられました!

■ハーレー女子というわけではないようですが「バイクを見るのが好き」「横浜にはバイクが似合いますよね」とブルースカイヘブンを楽しんでいました。近い将来、ハーレーに乗っているかも!?

■ヘアとロゴのカラーをマッチさせるという高等コーデな彼女。それもそのはず(!?)、ハーレーディーラーで働いているそうです。お話していてもステキな店員さん、という印象が伝わってきました!

■ハーレーに乗っている彼氏とブルースカイヘブンでデート。いつもはタンデムシートですが、「ハンドルを握って走ってみたい」と展示車に。こうやってハーレー女子が増えていくのかもしれませんね。


以上、ブルースカイヘブン2024で出会ったハーレー女子&未来のハーレー女子の皆さんでした。紹介しきれなかった方々含め、ご協力ありがとうございました! ぜひ、次回のブルースカイヘブンでもお目にかかりましょう。

レポート●石橋 寛 写真●石橋 寛/ハーレーダビッドソンジャパン 編集●上野茂岐

  1. 最も乗りやすい大型スポーツバイク?『CB1000R』は生粋のSS乗りも納得のストリートファイター

  2. アパレルデザイナーが語る『CT125・ハンターカブ』。ワークブーツのようにタフでオシャレなバイク

  3. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  4. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  5. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  6. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  7. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  8. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  9. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  10. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

原付ではなく、1800ccのハーレーも!!「クルマの免許で乗れるバイク」大排気量車4選 峠でも街なかでも似合う! 乗るバイクを選ばず! ウエアとコーディネートしやすい! 万能デザイン「RX-7Xラジカル」登場! STRIKERの2022年新商品「Z900RS用定番マフラーが復活リニューアル、ハヤブサ用パーツもより充実」

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション