バイクライフ

【 JSB1000クラス】2024年全日本ロードレース選手権前半戦を振り返る「ヤマハYZF-R1が優勢、そこにドゥカティが猛追!!」

前半戦は中須賀選手、岡本選手、水野選手の3名が表彰台を独占!

国内ロードレース選手権の最高峰であるJSB1000クラスは、5月26日に第3戦SUGO大会が行われ序盤の3戦5レース(第2戦もてぎと第3戦SUGOは2レース制)が終わりました。
次のレースは鈴鹿8時間耐久レースを挟み、8月25日のモビリティリゾートもてぎまでちょっと間が間が空くとなります。というわけで、ここまでのレース結果を振り返りつつ、後半戦のスケジュールなども紹介していきましょう。

「JSB1000クラス」とは皆さんにもお馴染みの1000ccのスーパースポーツ車をベースにしたマシンで行われるレースです。2024年はドカティ パニガーレV4Rの参戦など楽しみな話題が豊富です。
さて、レース結果から言いますとヤマハファクトリーのYZF-R1が5レース全てで優勝。12回の年間タイトルを持つ中須賀克行選手が開幕から連続4レースを制し、今年も絶対王者の強さが揺るぎません。

ヤマハ対ドゥカティという構図の2024年シーズン前半戦。「海外メーカー車が全日本ロードレースで優勝!?」と、期待と注目が集まっています
開幕戦から4レースを連続で制し、現在ランキングトップのヤマハファクトリーレーシング(YZF-R1)の中須賀克行選手

一方、5レース目となるSUGOで優勝したのは中須賀選手のチームメイト岡本裕生選手です。シーズンが進むにつれて調子を上げて、昨年初勝利したSUGOで自身通算2度目のJSB1000クラスの優勝を記録しました。

ドゥカティのパニガーレV4Rで参戦の水野 涼選手はどのレースでも上位を走行し、毎回のようにトップ争いに絡んでいます。ドゥカティ本社製のファクトリーマシンの速さに注目が集まりますが(2023年スーパーバイク選手権で優勝したファクトリーマシンを使用しているのです!)、全日本のコースに合わせた調整が勝負の鍵になりそうです。
それでも開幕戦から十分な成績を出した水野選手とチーム加賀山のポテンシャルの高さが、後半戦での優勝を期待させます。

第3戦SUGOで自身2度目のJSB1000クラス優勝を記録。勢いに乗るヤマハファクトリーレーシング(YZF-R1)の岡本裕生選手
ドゥカティ本社がチューニングしたパニガーレV4Rで参戦するドゥカティチーム加賀山の水野 涼選手。5レース全てで表彰台に乗る大活躍です
5レースを消化してヤマハファクトリーレーシング中須賀選手、岡本選手、ドゥカティチーム加賀山の水野選手の3人が表彰台を独占している前半戦

混戦の4位以下から浮上するのはどのライダー?

前半戦5レースの表彰台とランキング1位から3位は上記の3名が独占しています。しかし今年のJSB1000クラスは5位以下にもチャンピオン経験者などが参戦しており、後半戦はさらなる混戦が予想されています。

AstemoホンダドリームSIレーシングからCBR1000RR-Rで参戦している野左根航汰選手は2020年のJSB1000チャンピオン。海外のレースを経験してホンダへ移籍。ここまでの4位に3回入賞し、ランキングは4位です。

ホンダ CBR1000RR-Rでトップ争いに絡みレースを盛り上げるAstemoホンダドリームSIレーシングの野左根航汰選手

オートレース宇部レーシングの津田拓也選手はスズキ GSX-R1000Rで参戦。常に予選では上位に入り、第2戦もてぎのレース2では4位に入賞。スズキファンの期待に応えました。

スズキ GSX-R1000Rに乗るオートレース宇部レーシングチームの津田拓也選手。もてぎでは4位に入賞しました

今シーズン久しぶりにこのクラスを走る高橋 巧選手(日本郵便ホンダドリームTP)は元JSB1000チャンピオンで鈴鹿8時間耐久レースの優勝経験でもあります。徐々に調子上げており、津田選手と同ポイントを獲得しています。

元全日本チャンピオンの高橋 巧選手は日本郵便ホンダドリームTPからホンダ CBR1000RR-Rで参戦です

もう一人の注目選手は鈴鹿8時間耐久レースで2連覇したダンロップレーシングwith YAHAGIの長島哲太選手です。ブリヂストンタイヤに席巻されていたJSB1000クラスで、ダンロップタイヤの開発を担いながらレースを戦います。マシンはホンダ CBR1000RR-Rで、気温の低かった開幕戦では好タイムを連発し、存在感を示しています。

HRCの鈴鹿8耐2連覇の立役者、長島哲太選手。ホンダ CBR1000RR-Rに乗りダンロップタイヤの実戦開発を担当しています

名越哲平選手(SDGホンダレーシング)もCBR1000RR-Rで参戦。苦戦が続きランキングは現在8位です。後半戦での巻き返しに期待したいです。
岩田 悟選手(チームATJ/CBR1000RR-R)はSUGOのレース2で5位に、伊藤和輝選手(ドリームホンダRTサクライホンダ/CBR1000RR-R)はSUGOのレース1で4位にそれぞれ入賞しています。

名越鉄平選手は今年もホンダ CBR1000RR-RでSDGホンダレーシングからエントリー。後半戦の活躍に期待
第3戦SUGOでは5位に入賞。チームATJから参戦の岩田 悟選手。ホンダ CBR1000RR-Rで毎戦ポイント獲得しています
第3戦SUGOでは4位に入賞し実力を示したホンダドリームRTサクライホンダから参戦の伊藤和輝選手。CBR1000RR-Rで肘擦りをしながらアグレッシブに攻める!

全日本ロードレース選手権【JSB1000】 第3戦終了時ランキングTOP10

1位:中須賀克行 YZF-R1
2位:岡本裕生 YZF-R1
3位:水野 涼 パニガーレV4R
4位:野左根航汰 CBR1000RR-R
5位:津田拓也 GSX-R1000R
6位:高橋 巧 CBR1000RR-R
7位:長島哲太 CBR1000RR-R
8位:名越哲平 CBR1000RR-R
9位:岩田 悟 CBR1000RR-R
10位:伊藤和輝 CBR1000RR-R

スタートの得意なAstemoホンダドリームSIレーシングの野左根選手がトップ争いに絡む展開が多く見られました(写真は第2戦モビリティリゾートもてぎ)
快晴に恵まれた第3戦SUGO大会。遠く蔵王の山々をバックに1000ccスーパースポーツの排気音が響き渡る
激しいトップ争いの後の握手。ヤマハファクトリーレーシング・YZF-R1の中須賀選手とドゥカティチーム加賀山・パニガーレV4Rの水野選手
第3戦SUGOではヤマハファクトリーレーシングの岡本選手が予選トップ。決勝はスタートから飛び出し優勝。絶対王者の中須賀選手に勝ち切ったのです!
鋭い走りとイケメンの素顔に人気急上昇のヤマハファクトリーレーシング岡本選手。後半戦はヤマハのチームメイト中須賀選手とのタイトル争いとなるか?

2024年度全日本ロードレース選手権シリーズ全ランキング(第3選まで)

2024年JSB1000クラス後半戦のレースケジュール

  • 8月24〜25日 モビリティリゾートもてぎ(栃木県)
  • 9月7〜8日 オートポリス(大分県)
  • 9月28〜29日 岡山国際サーキット(岡山県)
  • 10月26〜27日 鈴鹿サーキット(三重県) 

レポート&写真●柴田直行 編集●上野茂岐

CONTACT

全日本ロードレース選手権オフィシャルサイト

https://www.jrr.jp

  1. 最も乗りやすい大型スポーツバイク?『CB1000R』は生粋のSS乗りも納得のストリートファイター

  2. アパレルデザイナーが語る『CT125・ハンターカブ』。ワークブーツのようにタフでオシャレなバイク

  3. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  4. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  5. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  6. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  7. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  8. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  9. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  10. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

ときひろみの「私に乗せなさい!」SUZUKI SWISH(スウィッシュ) ヘルメットはなぜ盗まれる?盗まれたときはバイクに乗って帰れるの? 【’80sバイク熱狂時代】東京モーターショー コンセプトモデルの過去と未来

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション