バイクライフ

ホンダ電動モトクロッサー「CRエレクトリックプロト」が国内モトクロスで初の実戦投入! トップクラス450ccエンジン車と混走で2位の実績を残す

CRエレクトリックプロト ホンダ モトクロス

国内モトクロスのトップクラスIA1(4スト450cc単気筒)に正式参戦

ホンダの電動モトクロスバイク「CRエレクトリックプロト」は2019年からデモ走行や各種ショーでの展示によってその存在は認知されてきました。また昨年・2022年のHRC体制発表会で2023年中のレース参戦を表明し、その動向が注目されていました。

そして、ついに実戦投入へ!
CRエレクトリックプロトが参戦したのは2023年10月29日に埼玉県川越市のオフロードヴィレッジで開催された「D.I.D全日本モトクロス選手権シリーズ2023 第8戦 埼玉トヨペットCUP」のIA1(アイエーワン)クラス。
ライダーは元AMAチャンピオンで、現在はアメリカホンダのテストライダーのトレイ・カナード選手です。

IA1クラスは国内モトクロスの頂点で、参加車両は4スト450ccの単気筒エンジンを使用します(最高出力は60〜70psを発揮していると言われます)。つまりガソリンエンジンのレースに電動モーター車が走るわけですが、開催に先立って主催団体のMFJが競技規則を改訂しこの参戦が実現しました。
世界でも類を見ない世界トップのバイクメーカーによる「ガソリンエンジン対電気モーター」という夢の対決です。

ホンダの電動バイクによる公式レースへの参戦は今回が初めてです。CRエレクトリックプロトはホンダと電動レース車両で開発や参戦が先行していた無限(株式会社M-TEC)と共同研究したもの。ホンダからスペック等の発表はありませんでしたが、ホンダの技術をフルにつぎ込んだファクトリーマシンです。しかもMotoGPマシンと違って、いつかは一般ユーザーに市販されるかもしれません。

ホンダ CRエレクトリックプロトのレース参戦車からわかること

ホンダの電動モトクロッサー「CRエレクトリックプロト(CR ELECTRIC PROTO)」。全日本モトクロス初参戦で2位獲得という実績を残した。

CRエレクトリックプロトを観察すると、フレームはこのマシンのために特別に制作されたものですが、その形状は概ねホンダCRFシリーズと同様です。後輪を駆動するドライブスプロケットもエンジン車のCRFとほぼ同じ位置についています。フロントサスペンションから前方とスイングアームから後方はHRCのエンジン車CRF450R/250Rと同じ仕様に見えます。
HRCのCRFシリーズは世界的に見ても最上級のモトクロスマシンですから、CRエレクトリックプロトにもそのノウハウを生かし高性能な走りを実現していると思われます。

肝心のモーター部分ですが、水冷式のモーターとインバーターが上下に並んだ一体式のユニットとなっています。インバーターはモーターの回転などを制御する電源回路で電動車のキモとなる大事な部品。モーターの最高出力は不明ですが、レースで競り合ったヤマハYZ450Fに乗るジェイ・ウィルソン選手は「パワーは自分のYZ450Fと同じくらいだった」と語っています。一方、カナード選手の希望で「フルパワーではパワフル過ぎるので少しマイルドにした」という情報もありました。

シフトペダルとクラッチレバーはなく、ギヤは1速のみだと推測できます。今回のコースでは4スト450ccエンジンでは3つのギア(2速から4速)を使って走行していると思いますが、CRエレクトリックプロトはそのギアの幅を1速の回転域でカバーしているわけです。
オートマチック的とも想像できますが、クラッチの滑りがあるとその分だけ電気を消費するので、ギヤは直結しているかもしれません(当然、ギヤによる減速でモーター回転数よりも後輪の回転数は少なくなります)。

スタートではシフトアップがないので途切れない加速をします。ここは電動車が有利な部分で、CRエレクトリックプロトは3ヒート中2ヒートでホールショット(スタート時に1コーナーをトップで通過すること)を獲得しています。
一方、エンジン車はジャンプ中に空中でエンジン回転を上げることである程度は姿勢を回復したり安定を得たりする事ができます。しかしアクセルを開けると即最大トルク発生というモーターの特性は、ジャンプ中のアクセル操作に対し前後バランスがシビアに反応し過ぎるという情報もありました(カナード選手はジャンプは必ずアクセル全閉)。

エンジン車でいう燃料タンク部とシート下にバッテリーが積まれているようだが、モーター前方の黒い部分もバッテリーの一部? 飛び石対策か、アルミ製と思しきカバーで覆われている。ラジエターは左側のみ。
水冷式のモーターとその下の平らな部分がインバーターで一体式。これならフルカバードにできそうな気もする。

レースに参戦するとテストでは再現できない事が起きます。今回は特に土曜朝に豪雨となり、コースには無数の轍がありました。全日本選手権ならではのIAクラスなどのトップライダー達がコースの端から端までのべ何百回と刻んだ深い轍が、ドロドロから徐々に乾いて硬くなっていきます。レース参加が初めてのCRエレクトリックプロトはこういった条件に適応することも開発のステップだと思います。

この様な路面状況では「半クラッチを使って少しだけ、あるいは徐々に後輪パワーをかけたり、逆にいきなりフルパワーにしたり」エンジン車のモトクロスはそういうテクニックが普通です。ホンダならCRエレクトリックプロトにクラッチを付けることは簡単でしょうが、限られたバッテリー容量でできだけ長く走行できるようにクラッチの無いシステムにトライしているのかもしれません。
一方、ハンドルの左手部分にクラッチレバーはありませんが、トルク(トラクション)コントロールと出力特性のマップ切り替えのボタンと思われるものがあります。

左手部分にクラッチレバーなし。スイッチはトルクコントロールとマップの切替と電源遮断キルスイッチと思われる。
右手は電子スロットルと起動スイッチに緊急用電源遮断キルスイッチ(ストラップはライダーの腕につながる)。ブレーキはエンジン車同じ外観。
今回、CRエレクトリックプロトを託されたトレイ・カナード選手。元AMAのSXライツクラスチャンピオン。現在は引退してアメリカホンダのアドバイザーやテストライダーを務めている。

「即、最大トルク」のモーター!スタートダッシュの勢いはさすが

決勝レースは15分のレースが3回行なわれる3ヒート制で行われます。第1ヒートはヤマハ YZ450Fのウィルソン選手とホンダ CRエレクトリックプロトのカナード選手の一騎打ちとなり、2秒ほどの差をキープしたまま周回が続きました。その間に3位以下の日本人選手は大きく引き離されています。終盤のラスト2周からカナード選手が失速。バッテリーを最後まで持たせるペースに切り替えて2位のままゴール。

第2ヒートはホールショットで飛び出したCRエレクトリックプロトとカナード選手。出遅れたヤマハのウィルソン選手もすぐに2位に上がります。ところが2周目に入ったところで2名は接触転倒してしまいます。
ウィルソン選手は再スタートしましたが、その際にCRエレクトリックプロトの電源遮断スイッチ(ストラップでライダーと繋がっており、装着が競技規則で定められている)を後輪に巻き付けしまいました。CRエレクトリックプロトとカナード選手は再始動できずにそのままリタイヤとなります。

第3ヒートでは再びCRエレクトリックプロトがホールショット。電動モーターが先頭でレースを引っ張りました。しかし2周にカナード選手が単独で転倒。右手を痛めてリタイヤとなってしまいました。この転倒の際にバイクもダメージを負ってしまい再スタートはかないませんでした。

2つのリタイヤは残念でしたが、2位入賞が1回と2度のホールショットとトップ走行もあり、CRエレクトリックプロトの実力を感じることができました。完成度よりも可能性に期待が膨らみます。
今回の「CRエレクトリックプロト」という名称を見ると「数年内にCRシリーズの一台として市販するための先行開発車」という風に見えます。ガソリンエンジンでも電動車でも行き着くシーンはユーザーのライディングプレジャーだと思います。カナード選手は「電動車に乗るのは本当に楽しい」と教えてくれました。CRエレクトリックプロトはいつどんな風に我々を楽しませてくれるのでしょうか。

「モーター vs エンジン」の同クラス・直接対決は世界初と言える

27番(青いマシン&ウエア)はヤマハY Z450Fを駆る2023年IA1チャンピオンのジェイ・ウィルソン選手。CRエレクトリックプロトに乗るカナード選手のライバル役となった。
大きなジャンプを跳ぶCRエレクトリックプロトとカナード選手。エキパイ一式が無いので軽快なイメージ。
CRエレクトリックプロトとカナード選手 コーナーではアクセルとリヤブレーキを同時に使って加速具合をコントロールしていたようにも見える。
8番・内田篤基選手(左)と空中戦のカナード選手。コースに慣れてきたところで2回のリタイヤは残念だった。
第2ヒートと第3ヒートではホールショットをとったCRエレクトリックプロト。
CRエレクトリックプロトの強みはスタートだった。いつかは「電動じゃないとスタートで前に出られない」なんて事になるかも!?
第3ヒートでヤマハのウィルソン選手と競り合うカナード選手。この全日本モトクロス選手権シリーズ2023 第8戦が世界初のメジャーバイクメーカーによるエンジン対モーターの戦いとなった。
レースを終えてファンとハイタッチ。大人にも子供にも大人気のCRエレクトリックプロトとカナード選手。
レース後に高圧洗車機でジャブジャブ洗われるCRエレクトリックプロト。会場にマシンは3台あったものの、3ヒートとも同じマシンで走った模様。バッテリーはヒート間で満充電まで充電できる? あるいはバッテリー交換で対応だったのか?

レポート&写真●柴田直行 編集●上野茂岐

D.I.D全日本モトクロス選手権シリーズ 2023 第8戦 埼玉トヨペットCUP IA1クラス総合結果

1位 ヤマハ YZ450FM ジェイ・ウィルソン YAMAHA FACTORY INNOVATION TEAM  
2位 ヤマハ YZ450F 星野 優位 レーシングチーム鷹/STAR Racing 166
3位 ホンダ CRF450R 大倉 由揮 Honda Dream Racing Bells
4位 カワサキ KX450 内田 篤基 Yogibo MOUNTAIN RIDERS
5位 ホンダ CRF450R 小方 誠 TEAM HAMMER
6位 ホンダ CRF450R 大塚 豪太 T.E.SPORT
7位 ホンダ CRF450R 大城 魁之輔 Honda Dream Racing Bells
8位 ヤマハ YZ450FM 渡辺 祐介  YAMAHA FACTORY RACING TEAM
9位 カワサキ KX450 安原 志 八尾カワサキ with ANNEX CLUB
10位 ホンダ CRエレクトリックプロト トレイ・カナード Team HRC
11位 ホンダ CRF450R 道脇 右京 TEAM KOHSAKA バイカーズステーション金沢withCARVEK
12位 ホンダ CRF450R 池谷 優太 TEAM HAMMER
13位 ホンダ CRF450R 小島 庸平 BellsRacing
14位 ホンダ CRF450R 池本 凌汰 うず潮レーシング福山
15位 ヤマハ YZ450F 西 元気 秀明道場
16位 ヤマハ YZ450F 小林 大治朗 レーシングチーム鷹
17位 ヤマハ YZ450F 小川 孝平 bLu cRU TEAM ITOMO
18位 ヤマハ YZ450FM 富田 俊樹 YAMAHA FACTORY RACING TEAM

関連リンク

■MFJによる電動車の参加規則、車両レギュレーション

https://www.mfj.or.jp/wp-content/uploads/2023/10/MFJ_Regulation_e-MX.pdf

 

■D.I.D全日本モトクロス選手権シリーズ2023公式ウェブサイト

D.I.D全日本モトクロス選手権シリーズ2023

  1. 最も乗りやすい大型スポーツバイク?『CB1000R』は生粋のSS乗りも納得のストリートファイター

  2. アパレルデザイナーが語る『CT125・ハンターカブ』。ワークブーツのようにタフでオシャレなバイク

  3. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  4. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  5. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  6. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  7. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  8. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  9. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  10. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

ハスクバーナ・モーターサイクルズが新成人応援プレゼント企画を実施 モーターサイクリスト4月号は2024年3月1日発売です! 特集は「春絶景と桜旅」、付録は「ロイヤルエンフィールド 完全ファイル」! 「MICHELIN ANAKEE ROAD」オンロード特化のアドベンチャー車用タイヤが発売!最新テクノロジー搭載で走りは安心快適

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション