ウエア

SPIDI、2018年春夏モデル・怒濤の入荷ラッシュ!!【パンツ・グローブ・バッグ編】

SPIDI (スピーディ)の2018年春夏モデルが続々入荷中だ。

過酷なサーキットからのフィードバックにより、機能性、安全性が非常に高いSPIDI。そのデータを存分に反映した製品群は、ハードなライディングからゆったりとしたツーリングまで、さまざまなシチュエーションに合致する。今回も魅力的なアイテムが続々と入荷中と言うから目が離せない。

これから梅雨に突入するが、その際に活躍するレインアイテムもラインアップ。アイテムによっては特定メーカー、車種にマッチするであろうものもラインアップされているので、トータルコーディネートを狙いたい人は1度オンラインショップや店舗にて確認してみることをお勧めするぞ。

なお、今回の春夏モデルでもレディースメッシュジャケットがラインアップされているので、女性ライダーの皆さんもぜひチェックして欲しい。

 


EVO TOURER PANTS(ツアラー エヴォ パンツ)

●同名のレザージャケットと合わせるのにベストなレザーパンツ。内股部分は伸縮性のあるファブリック、お尻部分には補強もされているので、長時間のツーリングでも快適なライディングを楽しむことができる。同名のジャケットとはジッパーで結合できるのもうれしい。腰と膝部にはプロテクターを標準装備しているので、万が一の際にも安心だ。

 

価格:5万4800円(税別)
サイズ展開:46, 48, 50, 52
表地:レザー97%、ナイロン3% / 裏地:ナイロン100%

アイテムの詳しい情報はこちら!


NEW NAKED (ニュー ネイキッド)

●タウンユースにもピッタリのスタイルが特徴的なライディングパンツ。シンプルなのでネイキッドやスクーターなどをライドする際にはぜひ履いて欲しい。内股部分は伸縮性のあるファブリック、腰と膝にはプロテクターを装備している。

価格:4万9800円(税別)
サイズ展開:48, 50, 52
表地:レザー97%、ナイロン3% / 裏地:ナイロン100%

アイテムの詳しい情報はこちら!


FLASH-R EVO K (フラッシュ R エヴォ)

ブラック×ブルー×レッド アイテムの詳しい情報はこちら!

●SPIDIといえばグローブのラインアップは注目だ。熟練工によって高いフィット感や快適性を実現している春夏用のライディンググローブ。一部にメッシュ素材を採用しているので、通気性はバッチリ。

価格:7900円(税別)
サイズ展開:S, M, L, XL
表地:合成皮革58%、ポリアミド33%、ポリウレタン5%、ラバー3%、クロロプレンゴム1% / 裏地:ポリエステル100%

 


RANGER LT (レンジャー LT)

●安全性の高い山羊革を使用しているライディンググローブ。手のひら部分にもプロテクターが装備されているので、万が一のときにも安心できる。

価格:1万2800円(税別)
サイズ展開:S, M, L, XL
素材:本革98%、ポリウレタン2% / 裏地:ポリエステル100%

MEGA-X K3 (メガ X)

●モトクロスライダー向けのメッシュグローブ。操作性はもとより、通気性も抜群。シティユースにもオススメだ。

価格:4500円(税別)
サイズ展開:M, L, XL
表地:合成皮革56%、ポリアミド30%、ネオプレン5%、ポリウレタン5%、ラバー3%、クロロプレンゴム1% / 裏地:ポリエステル100%

 


CARGO BAG (カーゴバッグ)

●宿泊を兼ねたロングツーリングに最適なツーリングショルダーバッグ。容量は22ℓあり、強度も抜群なのでラフな使用も問題ない。バイク乗車を前提に作られているので、空力性能もバッチリだ。

 

価格:8,000円(税抜)
容量:22リットル

アイテムの詳しい情報はこちら!


問い合わせ:モトーリモーダ

 

 

  1. アパレルデザイナーが語る『CT125・ハンターカブ』。ワークブーツのようにタフでオシャレなバイク

  2. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  3. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  4. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  5. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  6. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  7. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  8. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  9. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  10. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

【今からでも遅くない雨の日対策2】改めて確認したいレインウエアの扱い方:脱着編 「AHB(オートハイビーム)」の新搭載で、「Ninja H2 SX SE」のハイテク度がさらにアップ! より安全/快適に走れるようになった 【自分と相棒との夢空間を獲得!】バイク保管のすすめ-レンタルガレージ編-

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション