ウエア

【快適ツーリンググッズ】ロンツーでも疲労知らずのジャケット! KUSHITANI AQUA JACKET

暑さ、寒さ、衝撃に対しての調整が可能

一般的に、重量増は運動性能の低下につながりやすい。
バイクの場合、ライダーが身に着けるウエアやギアが軽くなれば、その分運転に対するパフォーマンスは向上する。そして同時に、それらが軽ければライディング中の疲労は軽減される傾向にある。
ここで紹介するクシタニのアクアジャケットは、この部分に着目して、圧倒的な軽さを実現したツーリング向けジャケット。肩とヒジにはCEプロテクター、背中にはソフトパッドを内蔵して安全性を確保しながら、超軽量級に仕上げてある。

表地には立体感のあるポリエステル素材を採用し、左右非対称の落ち着いたデザインにまとめてある。両袖部には開閉式のエアインテーク、背中には大きなエアアウトレットを配してある。別売のブレストパッド(コロイドまたはレーシング)や各種インナーの装着にも対応。PUラミネーション加工により、初期耐水圧3万mmと透湿性1万9000g/㎡/24hの防水透湿性が与えられている。3色展開で、設定サイズはメンズのM、L、L/XL、LL、XL。価格は4万7300円。

上腕部と腰上付近に、ドットボタン式のサイズアジャスターを搭載。体型やインナーの有無などに合わせてフィット感を微調整できる

しかし、軽いことだけが特徴というわけではなく、他にも極めて優れた防水透湿性を実現。同じように防水性を備えたパンツと組み合わせて着用すれば、ツーリング時にレインウエアを持ち運ぶ必要がなくなり、荷物の削減による運動性能の向上も狙える。

フロントファスナー部は、雨水の浸入や燃料タンクのキズ付きを抑止するフラップ付き。高さのあるカラーも乗車時の快適性を高める要素に。

また、別売のブレストパッドを追加して保護性能をさらに高めたり、同じく別売のインナーをプラスすることでより幅広い外気温に対応させたり、エアベンチレーションを開閉することでそのときの外気温に適した通気性に調整することも可能。一着で幅広い走行環境と好みに対応できる点も、大きな魅力となっている。

背中部には、ジャケット内部の熱気を効果的に排出するエアアウトレットを装備。開口部はファスナーを外すことで簡単に広げられる。

カラーリングには今回紹介するオレンジに加えて、シンプルなブラックアウト、明るめかつ落ち着いたライトグレーも用意されている。いずれも質感が高く、ツーリングを愛するオトナのライダーが着やすいルックスを得ている。

左胸部や両側袖部には、夜間の被視認性を高めるリフレクトパイピングを配備。
背中側のスソにも、反射素材がデザインに盛り込まれている。

 

CONTACT

問い合わせ先クシタニ
電話番号053-441-2516
URLhttps://www.kushitani.co.jp

おすすめ記事

ホンダのバイクのふるさと、熊本製作所でファンイベントを実施 SHOEIのGTエアーIIに左右で色を変えた個性的なツートーンモデルを設定 SHOEIからクラシックスタイルの新型フルフェイス「グラムスター」がついに登場!
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

  1. エレクトラグライドリバイバル ハーレーダビッドソン
PAGE TOP