新製品

ムック『俺たちのカワサキ GPZシリーズ』が八重洲出版より発売中!!

1980〜1990年代を席巻した高性能マシン、カワサキ GPZシリーズ。
男らしいスタイリングと高い走行性能は、昭和のバイク史に強烈な爪痕を残しました。「Ninja」の愛称で親しまれたGPz900Rや、クラストップのセールスを記録したGPZ400Rなどに、強い思い入れを持っているライダーも少なくないでしょう。

『俺たちのカワサキ GPZシリーズ』では、当時のモーターサイクリスト誌の記事を再掲載しながら、GPZシリーズの歴史を振り返ります。各車の中古車相場も掲載し、GPZシリーズの真実に迫る1冊となっています。

『俺たちのカワサキ GPZシリーズ』目次
バイク雑誌誌面や新車時のカタログを通し「当時の姿」を伝えます。
新車当時の視点で書かれた車両紹介やインプレッションも読み返せます。今となっては新鮮に感じるかも……。

掲載車種

GPz1100、GPz750、GPz400/550、GPz250、GPz900R、GPz750R、GPZ900R、GPZ1000RX、GPZ1100 ほか

GPZ以降のカワサキのモデル変遷にも触れています。
ロゴの変遷など、ニッチな情報まで網羅。
各車の「現在の中古相場」も掲載しています。

『俺たちのカワサキGPZシリーズ』書籍情報

発売日:2022年10月24日(月)
サイズ:A4
定価:1100円
発行元:八重洲出版

まとめ●モーサイ編集部・中牟田歩実 写真●八重洲出版

CONTACT

TEL(八重洲出版代表):03-3552-8431

八重洲出版バイク関連書籍ラインアップ

  1. 【王道】今の時代は『スーパーカブ 110』こそがシリーズのスタンダードにしてオールマイティー!

  2. 40代/50代からの大型バイク『デビュー&リターン』の最適解。 趣味にも『足るを知る』大人におすすめしたいのは……

  3. Rebel 250(レブル250)で日本中を旅したい。バイク女子が語るツーリングの楽しさ

  4. “スーパーカブ”シリーズって何機種あるの? 乗り味も違ったりするの!?

  5. 160ccスクーターならではの魅力!PCX160だから楽しい、高速を使ったのんびりランチツーリング

  6. CL250とCL500はどっちがいい? CL500で800km走ってわかったこと【ホンダの道は1日にしてならず/Honda CL500 試乗インプレ・レビュー 前編】

  7. 新車と中古車、買うならどっち? バイクを『新車で買うこと』の知られざるメリットとは?

  8. ビッグネイキッドCB1300SFを20代ライダーが初体験

  9. ツーリングに使えるバックパック&シートバック!便利なアイテムでかっこよく簡単に荷物を持ち運ぼう!

  10. アメリカ人ライダーが語るバイクの楽しさとCBR1000RR-Rの素晴らしさ「バイクに乗ってライフスタイルが変わった」

  11. どっちが好き? 空冷シングル『GB350』と『GB350S』の走りはどう違う?

  12. GB350すごすぎっ!? 9000台以上も売れてるって!?

  13. “HAWK 11(ホーク 11)と『芦ノ湖スカイライン』を駆け抜ける

  14. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

おすすめ記事

初めまして! 女子高生ライダー 黒江こはる です。  ……こはるん1回目 第8話 即座に答えた【連載マンガ】20代女子イラストレーターがバイク乗りになるまでのお話 GoProが最新モデル「HERO8 Black」と「Max」を発表

カテゴリー記事一覧

  1. GB350C ホンダ 足つき ライディングポジション