ムービー

スズキGSX250Rにキジマ・LEDシーケンシャルウインカーを付けたら予想以上に格好よかった!!

被視認性が向上し、愛車のイメージがガラリと変わる“流れるウインカー”ことシーケンシャルウインカー。
キジマさんからリリース中のLEDシーケンシャルウインカーは、自分の愛車にも簡単に流れるウインカーが取り付け可能とあって現在人気を集めている商品ですね。
今回はスズキ・GSX250Rに取り付け、実際に発光する様子を動画に収めてみました。
これがまた、光り方がカッコイイんですよ!
まずは動画でその光る様子をぜひご覧下さい!!

 

 

いやぁ、カッコイイですね!
光源がLEDということもあり、光り方がパリッとした印象を受けます。
そして内側から外側へ連鎖して光るため、被視認性が向上することに加え、愛車のドレスアップにも効果的といえるでしょう。

LEDウインカーランプ TRXタイプ シーケンシャルの発光する様子。

取り付け手順は?

ちなみにGSX250Rに取り付ける場合の手順を簡単にご説明しますと……。

まず針やウインカーから。タンデムシートを取り外し、その奥にあるウインカー&ライセンスランプのカプラーを抜き、シートカウル下のボルトを4本外してリヤフェンダーごと取り外します。

リヤフェンダー裏のカバーを外すとウインカーを留めているボルトが顔を出します。あとは純正ウインカーを外して、LEDシーケンシャルウインカーと交換するだけです。

純正ウインカーとLEDシーケンシャルウインカーの比較。かなり大きさが違うのがわかりますね。

ちなみに動画で装着している「LEDコンビ(ウインカー&テールランプ) TRDタイプ シーケンシャル」を取り付ける場合、純正のテールランプ配線から分岐させる必要があります。とはいえそれほど難しい作業ではないので、ゆっくり焦らずやれば問題はないでしょう。

フロント側も、カウルの裏側に手を入れれば簡単に純正ウインカーを外すことができます。キジマから発売されている車種専用のウインカーマウントベース(写真のGSX250R/Vストローム250用は2個セットで税別価格800円)を使用すると、スッキリと取り付けることが可能です。

車種によっては、ICウインカーリレーへの交換が必要となります。GSX250Rは変更の必要がありますので、左右サイドカウルを外してタンクを持ち上げて交換します。このときはふたりで作業するとラクに取り付けできるでしょう。

リレーを取り付けしたら、あとはカウルを元に戻せば作業は終了!

スッキリしつつ、インパクトのある顔つきになりましたね。
装着も難しくないので、皆さんもぜひ挑戦してみてくださいね!!

 

キジマから現在発売中のシーケンシャルウインカーはこちら!!

LEDウインカーランプ TRXタイプ シーケンシャル


価格:1万2960円(2個セット) 品番:219-5178 消費電力:12V 1.4W(個) カラー:ブラックボディ/スモークレンズ ボディ素材:アルミダイキャスト サイズ:ネジ径 M8×25㎜・ボディ 60×29㎜ ※Eマーク取得済み

発光パターン

 

LEDウインカーランプ TRタイプ シーケンシャル


価格:1万2960円(2個セット) 品番:219-5177 消費電力:12V 5.3W(個) カラー:ブラックボディ/クリアレンズ ボディ素材:アルミダイキャスト サイズ:ネジ径 M8×25㎜・ボディ 66×25㎜ ※Eマーク取得済み

発光パターン

 

LEDコンビ(ウインカー&テールランプ) TRDタイプ シーケンシャル
/LEDウインカーランプ TRDタイプ シーケンシャル


LEDコンビ(ウインカー&テールランプ) TRDタイプ シーケンシャル
価格:1万2960円(2個セット) 品番:219-5182 消費電力:12V 2.7/0.2/2W(個) カラー:ブラックボディ/スモークレンズ ボディ素材:樹脂 サイズ:ネジ径 M10×20㎜・ボディ 64×21㎜ ※Eマーク取得済み

LEDウインカーランプ TRDタイプ シーケンシャル
価格:1万800円(2個セット) 品番:219-5181 消費電力:12V 3.5W(個) カラー:ブラックボディ/スモークレンズ ボディ素材:樹脂 サイズ:ネジ径 M10×20㎜・ボディ 64×21㎜ ※Eマーク取得済み

LEDコンビ(ウインカー&テールランプ) TRDタイプ シーケンシャル発光パターン

LEDウインカーランプ TRDタイプ シーケンシャル発光パターン

 

 

あわせて読みたいオススメ記事はこちら!

  1. レブル250ってどんなバイク? 燃費や足つき性、装備などを解説します!【ホンダバイク資料室/Rebel 250】

  2. スーパーカブ C125、起伏がある坂道にも強い!レンタルバイクで日本の原風景を旅するなら『スーパーカブ C125』がピッタリだと思う【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Super Cub C125(2022)】

  3. ダックス125が『原付二種バイクのメリット』の塊! いちばん安い2500円のプランで試してみて欲しいこと【次はどれ乗る?レンタルバイク相性診断/Dax125(2022)】

  4. ただの味わい系バイクじゃない。 新型『HAWK 11 (ホーク 11)』に感じる大型バイクの新境地【HAWK 11に、乗る /試乗インプレ・ファーストレビュー 前編 】

  5. 日常から遠出まで~使い勝手を高めてGB350でツーリングを楽しもう

おすすめ記事

Z H2が2020年初夏、Ninja ZX-25Rが2020年秋ごろを予定! カワサキが注目モデルの国内導入予定時期を公開 レーサー自らが作った究極のレーサーレプリカ──「ゴディエジュヌー・パフォーマンスレプリカ1135R」(試乗編) 【アイテム選びで旅をもっと快適に:その2】"通気性抜群"フットウェア(前編)
BIKE王 A.S.H.クオリティの真髄

ピックアップ記事

PAGE TOP